エルヴィン・ビショップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルヴィン・ビショップ
Elvin Bishiop
}
基本情報
出生 1942年10月21日(71歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州グレンデール
ジャンル ブルース, ロック, R&B
職業 ミュージシャン, 作曲家
担当楽器 エレクトリック・ギター, アコースティック・ギター, ヴォーカル
活動期間 1963年 – 現在
共同作業者 ポール・バターフィールド
公式サイト www.elvinbishopmusic.com
著名使用楽器
Gibson ES-345

エルヴィン・ビショップ(Elvin Bishop 1942年10月21日 - )アメリカ出身のギタリストシンガーブルースロックミュージシャン

経歴[編集]

1942年、カリフォルニア州グレンデール で生まれる。彼が10歳のときに一家はオクラホマ州タルサに移住。14歳のときジミー・リードハーモニカで音楽に目覚め、ハウリン・ウルフマディー・ウォーターズなどの音楽に触発されギターを弾き始める。地元の高校できわめて成績優秀だった彼は、奨学金を得てシカゴ大学に進学する。大学では物理学を専攻。

在学中の1963年ブルースハープ プレイヤーでシンガーでもあった ポール・バターフィールドと出会い、バターフィールズ・ブルースバンドを結成。このころハウリン・ウルフバンドのギタリスト、スモーキー・スムーザーにブルースギターを習う。音楽活動のため大学を中退。バターフィールズ・ブルースバンドは、その後リードギタリストとしてマイク・ブルームフィールドが加入。1965年『The Paul Butterfield Blues Band』をエレクトラ・レコードから発表してデビュー。マイク・ブルームフィールドが脱退した後は、エルヴィン・ビショップがリードギターを担当した。しかし次第にソロ活動の願望が強くなり、1968年に同バンドを脱退する。

1968年に、エルヴィン・ビショップグループを結成しソロ活動を始める。また、同年9月28日にはマイク・ブルームフィールドとアル・クーパーのセッションアルバム『フィルモアの奇蹟』に参加。

1970年代にはソングライターとしての才能が開花しヒット曲を生み出すようになる。特に1976年のアルバム“Struttin’ My Stuff.”からのシングル曲「Fooled Around and Fell in Love」は全米3位を記録する自身最大のヒット曲となった。この曲はミッキー・トーマスがボーカルを担当し、現在も多くのアーティストにカバーされ、たくさんの映画やテレビドラマでも使われている。

2000年以降はサンフランシスコに在住し、音楽活動を続けている。

日本語の読み書きを特技としており、コンサートツアー以外にも度々来日をしており、日本人とのインタビューの際にも日本語で応答可能なほどである。2012年8月にフジロック・フェスティバルに出演した際、流暢な日本語のMCを披露したという。

プライベート[編集]

2000年8月に彼の娘と前妻が金目当ての強盗殺人事件(テイラー・ヘルザー事件 )で殺されるという悲劇に見舞われている。犯人は洗脳によって女性たちを自らのカルト教団"Children of Thunder"に引き入れていた元モルモン教徒のグレン・テイラー・ヘルザー(Glenn Taylor Helzer)とその弟らで、テイラーと付き合っていたビショップの娘が犯罪に利用され、母親とその恋人が口封じのために殺された[1]

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ音源[編集]

  • The Elvin Bishop Group (1969)
  • Feel It! (1970)
  • Rock My Soul (1972)
  • Let It Flow (1974)
  • Juke Joint Jump (1975)
  • Struttin' My Stuff (1975)
  • Hometown Boy Makes Good! (1976)
  • Hog Heaven (1978)
  • Is You Is or Is You Ain't My Baby (1981)
  • Big Fun (1988)
  • Don't Let the Bossman Get You Down! (1991)
  • Ace in the Hole (1995)
  • The Skin I'm In (1998)
  • Party Till the Cows Come Home (2004)
  • Gettin' My Groove Back (2005)
  • The Blues Rolls On (2008)
  • Little Smokey Smothers & Elvin Bishop: Chicago Blues Buddies (2009)
  • Red Dog Speaks (2010)
  • Can't Even Do Wrong Right (2014)

ライブ音源[編集]

  • Raisin' Hell (1977)
  • That's My Partner! (2000)
  • King Biscuit Flower Hour Presents in Concert (2001)
  • Booty Bumpin' (2007)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「自分が教祖になるため、実の弟に殺人を行わせる……テイラー・ヘルザー事件」


外部リンク[編集]