エタ・ジェイムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エタ・ジェイムズ
エタ・ジェイムズ (1990年)}
エタ・ジェイムズ (1990年)
基本情報
出生名 Jamesetta Hawkins
別名 ピーチズ
出生 1938年1月25日
米国カリフォルニア州ロサンゼルス
死没 2012年1月20日(満73歳没)
米国カリフォルニア州リバーサイド
ジャンル ブルースR&Bジャズ
職業 シンガー
活動期間 1954年 - 2011年
レーベル モダン・レコード
チェス
アトランティック
プライベート・ミュージック
RCA
ヴァーヴ・フォアキャスト
公式サイト Etta-James.com

{{{Influences}}}

エタ・ジェイムズ (Etta James, 1938年1月25日 - 2012年1月20日) は、米国ブルースR&Bシンガー。出生時の名前は、ジェイムセッタ・ホーキンズ。60年代から70年代にかけてチェス・レコードに在籍し、"Tell Mama"など多くのヒットを生んだ。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第22位[1]

来歴[編集]

1938年1月25日カリフォルニア州ロサンゼルスにて、アフリカ系アメリカ人の母親のもとに生まれ、祖父母に育てられた。幼い頃からバプテスト教会に通い、ゴスペルをクワイヤーで歌うようになった。12歳の頃、母親とともにサンフランシスコ移住したエタは、間もなく友人の女性二人とボーカル・グループを結成。彼女が14歳のとき、このグループはバンドリーダーとして有名なジョニー・オーティスを彼のライヴの後ホテルの部屋へ訪ね、その場でオーディションを受ける。このとき歌ったのがハンク・バラード&ザ・ミッドナイターズの"Work With Me Annie"のアンサー・ソングという位置づけの"Roll With Me Henry"だった。オーティスはこの曲を気に入り、彼の口利きでエタはロサンゼルスのモダン・レコードと契約することとなった。

1954年、同レーベルでの初セッションでこの曲をレコーディングしたが、曲名は性的なものを連想させるという理由から、"The Wallflower"へと変更された。この曲は翌1955年にリリースされ、R&Bチャートのトップを記録する。モダンからは、この他"Good Rockin' Daddy"(同チャート6位)というヒットも生まれた。

1960年、チェス・レコードと契約。ここでは、レーベルが倒産する1976年までの長きに渡って在籍し、エタはキャリアの中で最大の成功を納めることとなった。初期は、同レーベル傘下のアーゴからレコードをリリースした。"At Last"(1961年)はR&Bチャート2位を記録するヒットとなり、彼女の代表曲のひとつとなった。この曲に象徴されるように、当時のエタはポップス色を売りにしていた感があるが、1964年のライヴ・アルバムRocks The Houseでは荒々しくブルースをシャウトする一面も見せている。また、このアーゴ時代には当時ムーングロウズのメンバーだったハーヴィー・フークワとのデュオでも"If I Can't Have You"などの楽曲を残した。

チェス中期になると、同じくレーベル傘下のカデットへ移り、マッスルショールズでレコーディングされた"Tell Mama"、"I'd Rather Go Blind"などのソウル色のナンバーをリリースした。

チェスの倒産後は、MCA、ファンタジーなど複数のレーベルから作品を出し続けるものの、彼女のキャリアの中では印象が薄い。しかしながら、1988年Seven Year Itchあたりから、再びじわじわと存在感を示すようになった。1992年The Right Timeでは元アトランティック・レコードのプロデューサー、ジェリー・ウェクスラーを迎え、力強いR&Bサウンドを披露。一方、続くMystery Ladyでは一転ジャジーなムードでビリー・ホリデイのナンバーを歌うという懐の深さをみせた。同作では、グラミーのベスト・ジャズ・ボーカル賞を受賞、以後2003年、2004年にもブルース部門で受賞している[2]1993年には、ロックの殿堂入りも果たした[3]

順調に作品のリリースを重ねたエタだったが、キャリアの初期の段階から麻薬中毒と闘ってきたことは広く知られている。また90年代以降、極度な肥満にも悩まされた。自ら歩くこともままならない状態となり、ステージにも電動カートに乗って登場するようになった。2003年、エタは治療のため胃のバイパス手術を受け、90キロ以上の減量に成功した。

その後もBlues to the Bone2004年)、All the Way2006年)とアルバムをリリース。

2008年12月に全米で公開されたチェス・レコードを題材にした映画『Cadillac Records』では、エタ役をビヨンセが演じている。

1992年東京ドームで開催されたプレイボーイ・ジャズ・フェスティバル出演のために日本を訪れた[4]

健康状態の悪化と引退[編集]

2011年1月、エタの体調が悪化し、夫が彼女の資産を管理下に置くことために法的手続きに入っていることが伝えられた。報道によると、エタは認知症が進行し、白血病も患っているとされた[5]。同年8月には死亡が伝えられたものの誤報と判明[6]

2011年10月、エタは新譜The Dreamerをリリース。この作品をもって引退することを表明した[7]

死去[編集]

2012年1月20日、病気療養中だったエタは、74歳の誕生日を目前にしてカリフォルニア州リバーサイドの病院で亡くなった。マネージャーによると、死因は白血病の合併症だった[8]

ディスコグラフィー[編集]

  • 2005年 The Complete Modern and Kent Recordings (Ace)
  • 1960年 At Last! (Argo)
  • 1961年 The Second Time Around (Argo)
  • 1962年 Sings for Lovers (Argo)
  • 1963年 Top Ten (Argo)
  • 1964年 Rocks the House (Argo)
  • 1965年 The Queen of Soul (Argo)
  • 1966年 Call My Name (Cadet)
  • 1968年 Tell Mama (Cadet)
  • 1970年 Sings Funk (Cadet)
  • 1971年 Losers Weepers (Cadet)
  • 1973年 Etta James (Chess)
  • 1974年 Come a Little Closer (Chess)
  • 1976年 Etta Is Betta Than Evah (Chess)
  • 1978年 Deep In the Night (Warner Brothers)
  • 1980年 Changes (MCA)
  • 1986年 Blues in the Night, Vol.1: The Early Show (Fantasy) ※エディー・クリーンヘッド・ヴィンソンとの共演
  • 1986年 Late Show, Vol. 2: Live at Maria's Memory Lane Supper Club (Fantasy)※エディー・クリーンヘッド・ヴィンソンとの共演
  • 1988年 Seven Year Itch (Island)
  • 1990年 Stickin' to My Guns (Island)
  • 1992年 The Right Time (Elektra)
  • 1994年 Mystery Lady: Songs of Billie Holiday (Private Music)
  • 1994年 Live from San Francisco (On the Spot)
  • 1995年 Time After Time (Private Music)
  • 1997年 Love's Been Rough on Me (Private Music)
  • 1998年 Life, Love & the Blues (Private Music)
  • 1998年 12 Songs of Christmas (Private Music)
  • 1999年 The Heart of a Woman (Private Music)
  • 2000年 Matriarch of the Blues (Private Music)
  • 2001年 Blue Gardenia (Private Music)
  • 2002年 Burnin' Down the House: Live at the House of Blues (Private Music)
  • 2003年 Let's Roll (Private Music)
  • 2004年 Blues to the Bone (RCA Victor)
  • 2006年 All the Way (RCA Victor)
  • 2011年 The Dreamer (Verve Forecast)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]