キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語
Cadillac Records
監督 ダーネル・マーティン
脚本 ダーネル・マーティン
製作総指揮 ビヨンセ・ノウルズ
マーク・レヴィン
出演者 エイドリアン・ブロディ
ジェフリー・ライト
ビヨンセ・ノウルズ
音楽 テレンス・ブランチャード
撮影 アナスタス・ミチョス
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター・ピクチャーズ
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年12月5日
日本の旗 2009年8月15日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $12,000,000
テンプレートを表示

キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語』( - おんがくでアメリカをかえたひとびとのものがたり、原題:Cadillac Records)は、2008年アメリカ映画

シカゴのブルース・レーベル「チェス・レコード」をモデルにした伝記・ミュージカル映画。第66回ゴールデングローブ賞歌曲賞ノミネート。

登場するモデルの年式と背景の年度に若干の誤差がある。最後にチェスが乗っていた車は60年式のエルドラド ビアリッツ。

キャスト[編集]

製作の背景[編集]

2008年2月にニュージャージー州ミシシッピ州で撮影。ビヨンセが製作総指揮を務めた。

当初、レナード・チェス役にはマット・ディロンがキャスティングされていたが、エイドリアン・ブロディに変更となった。

外部リンク[編集]