モス・デフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mos Def
2012年}
2012年
基本情報
出生名 Dante Terrell Smith
別名 Yasiin Bey
出生 1973年12月11日(40歳)
ジャンル ヒップホップ
職業 ラッパー, 俳優, 歌手
活動期間 1991年~現在
レーベル GOOD Music

{{{Influences}}}

モス・デフMos Def, 1973年12月11日生まれ、本名Dante Terrel Smith)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリン出身のMC(ラッパー)兼俳優。ニューヨーク大学で演劇を学ぶ。

彼のキャリアはダ・ブッシュベイビースとデ・ラ・ソウルのアルバムにおけるネイティブ・タンのポッセカットから始まる。1990年代には、同じくニューヨーク出身のMCであるタリブ・クウェリとのコンビ、ブラックスターにおいて当時のインディーヒップホップシーンで主導的な役割を果たしていたレコード会社ロウカスの看板ミュージシャンとなり、アンダーグラウンドヒップホップを牽引していく。2000年代に入ってからは、俳優としていくつかの映画に出演し始め,評価を集める。社会問題や政治への批評家としても活動しており、2005年にアメリカを襲ったハリケーン・カトリーナ災害の際は、被災者への援助をメディアを通して呼びかけた。

バイオグラフィー[編集]

少年期[編集]

モス・デフことダンテ・スミスはニューヨーク州ブルックリンに生まれた。彼の弟Abdul Rahman, a.k.a. "Gold Medal Man," はモス・デフのDJである。最近の兄弟のコラボレーションは、ダン・ジ・オートメータープロデュースのヴィデオゲーム向けサウンドトラック『NBA 2K7』中の「Here comes the Champ」である。Cesという妹と、Jermone、DCQという弟がいる。モス・デフはヒップホップの黄金時代に育ち、9歳からラップと演技を始めた。

ラッパーとしてのキャリア[編集]

モス・デフは1996年にアーバン・サーモ・ダイナミクス(Urban Thermo Dynamics)をCes、DCQと結成。ペイ・デイ・レコードとの間に契約を交わし、2枚のシングルとデビューアルバム『Manifest Destiny』を製作した。『Manifest Desitiny』は2004年にIllson Mediaが発売した。その後ソロとして、デ・ラ・ソウルやダ・ブッシュ・ベイビーズとのフィーチャリング曲で注目を浴び、ソロアルバム『Universal Magnetique』はインディーシーンでヒット作となった。

ロウカスと契約した彼は、彼と同じニューヨーク大学の卒業生であるラッパータリブ・クウェリとブラック・スターを結成、初のフルアルバム『Mos Def and Talib Kweli Are Black Star』を1998年に発売する。アルバムの曲は殆どDJ Hi-TEKがプロデュースした。

1999年にロウカスから、ソロアルバム『Black on Both Side』を発売。耳の肥えたヒップホップフリークをうならせた同レーベルの『The Lyricist Lounge』シリーズにもフィーチャーされる。

ロウカスの倒産後は、Interscope/ゲフィン・レコードと契約、2004年にソロアルバム『New Danger』を発売する。『New Danger』はソウルブルースロックなど様々なジャンルの音楽の折衷だという批判を以って、ファンに受け止められた。「the New Danger」はモス・デフ自身が結成したロック・バンド・ブラック・ジャック・ジョンソン(The Black Jack Jhonson)が演奏を担当した。ブラック・ジャック・ジョンソンには、元祖黒人ハードコアパンクバンドバッド・ブレインズ(The Bad Brains)やリヴィング・カラーのメンバーも在籍していた。また、GMC Denali sport utility vehicleのTVコマーシャルに出演したことで、アンダーグラウンドヒップホップの活動では重要な要素になる地に足の着いた(Keep it real)気持ちをなくしてしまったとの批判をファンから受けた。

2006年にはゲフィンからの最後のソロアルバム『Tru3 Magic』を発売した。『Tru3 Magic』のCDはブックレットも無く、ケースにラベルも貼られていない、ただ透明なプラスティックのケースにCDが入れられただけという簡素なものだった。これはゲフィンがモス・デフのプロモーション費をカットしたことが理由と目されている。

その後2007年にソロアルバム『Mos Definite』をFrequent Mから発売する。

2009年にアルバム『The Ecstatic』を発売。収録曲「Quiet Dog Bite Hard」はゲームSaints Row: The Thirdに使用されている。

俳優としてのキャリア[編集]

彼はニューヨーク大学で演技を学んでいる。彼の俳優としてのキャリアは14歳のとき、『God Bless The Child』というTV映画で始まる。その後『You Take The Kids』というシット・コムに出演する。彼は音楽のキャリアよりも先に、ビル・コスビーのTVショウ『The Cosby's Mistery』での演技で注目を集める。1996年には、Visa Check CardのCFにも出演している。その後、2001年『チョコレート』、2003年『ミニミニ大作戦』、2005年『銀河ヒッチハイク・ガイド』、2006年『16ブロック』、2008年『僕らのミライへ逆回転』、『キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語』(Cadillac Records) などに出演している。

外部リンク[編集]