Saints Row: The Third

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Saints Row: The Third
ジャンル アクションゲーム
対応機種 Xbox 360
プレイステーション3
Windows
開発元 Volition Inc.
発売元 PS3/Xbox360オリジナル版: THQジャパン株式会社
PS3/Xbox360廉価版: スクウェア・エニックス
PC廉価版: サイバーフロント
PS3/Xbox360フルパッケージ版: スパイク・チュンソフト
人数 1人(マルチプレイ時2人)
対象年齢 CEROZ(18才以上のみ対象)
ESRBM(17歳以上)
OFLC: MA15+
PEGI: 18+
テンプレートを表示

Saints Row: The Thirdセインツ・ロウ:ザ・サード)』はTHQから2011年11月に発売された、オープンワールドアクションゲーム。2008年に発売されたSaints Row 2(セインツ・ロウ 2)の続編。主人公はストリートギャングのボスとなって敵のギャング団と戦い、街の支配権を争う。対応機種はXbox 360プレイステーション3Windows


ストーリー[編集]

前作において再びスティルウォーターを手中に収めたストリートギャング団「サード・ストリート・セインツ」は、巨大企業「アルター・コーポレーション」との合併により「セインツ・アルター・メディア・グループ」として勢力を一挙に拡大。セインツの映画やアパレルショップ、エナジードリンクが作られ、メンバーであるジョニー・ギャットやショーンディは今やポップカルチャーの象徴とまで言われていた。
そんな折、セインツ映画に出演する俳優ジョッシュ・バークの「教育」を目的とした銀行強盗が思わぬ反撃を受け失敗。逮捕された主人公達は輸送機に連行され、国際犯罪組織「シンジケート」の会長フィリップ・ローレンと面会する。フィリップはスティルウォーターに勢力を広げる旨を主人公に明かし、アンフェアな交渉を仕掛けるが主人公は拒否、銃撃戦に発展する。輸送機から脱出し降り立った先は、シンジケートの本拠地である大都市・スティールポート。仲間のジョニーを失った主人公達は、シンジケート壊滅のため活動を開始する。

概要[編集]

セインツロウシリーズの三作目。

今作は、リアル路線に走ったGTAシリーズとの差別化を図るために、過去前作に比べコミカルでユニークな内容が増えている。

カスタマイズ
ゲーム開始後、チュートリアル的なオープニングミッションを1つクリアした後に主人公の性別・人種・顔・体格や声などの設定が可能。
物件
自動車修理工場・銃砲店・衣服店などといった、主人公が利用できる物の他、それらを含め買取可能な物件が存在する。
悪評度
敵対ギャング・グループと警察の2種類があり、それぞれのメンバーや警官の殺害や一般市民の殺傷等を行うと上がり、ミニマップ外側にアイコンで表示される。
アイコン数が多いほど主人公を襲ってくる規模が大きくなる。警察側の最高レベルだと州兵が登場し、戦車攻撃ヘリコプターが登場する。ギャング側の最高レベルではそれぞれのスペシャリストに加え、ブルートと呼ばれる巨漢のクローン兵が頻繁に登場するようになる。
アップグレード・ストア
携帯電話からアクセスできる。リスペクトレベルが上がることで解禁されていき、その状態で金を払うことで主人公や仲間の能力を強化できる。
チャレンジ
「ヒットマン」「ヤミ車両工場」が携帯電話からどこからでもアクセス可能になった他、
特殊な行動を行うことで蓄積されるカウントが一定条件を満たすと、自動的にキャッシュとリスペクトを獲得できるようになっている。
スペシャリスト、ブルート
敵組織にはそれぞれに固有な「スペシャリスト」と呼ばれる特殊能力者がいる。彼らは、他の普通の構成員と比べて高い攻撃力を伴う、固有の特殊な能力を持つ。
また敵ギャング組織の「シンジケート」にはブルートと呼ばれるクローン兵がいる。これは身長2メートルを優に超える巨躯で、車を容易く吹っ飛ばすなど並外れた怪力を持つ。
仲間
ミッションをクリアするごとに携帯電話で呼び出せる仲間が増えていく。
ミッション以外の時に特定の組み合わせで二人呼び出すと会話をするが、ピアースだけ誰とも会話をしない。

スティールポート[編集]

本作の舞台である、ニューヨークピッツバーグなどをモデルとした大都市。近代的な街並みで超高層ビルが沢山立ち並んでいるのが特徴。
貧富の差が激しく、LOREN SQUARE地区などは高層ビルが立ち並びペントハウスなども見られるが逆にほかの地域(東の島や西の島)は貧困層地域なども多く、非常に差が激しい。

エリア [編集]

  • Stanfield district
  • Carver Island district
  • Downtown district
超高層ビルが沢山建てられているエリア。
  • New Colvin district
国際空港がある。
  • Miscellaneous
Magarac IslandはモニュメントであるStatue of Steelportがある島。ニューヨークにあるリバティ島自由の女神がモチーフである。
Sierra Pointは、州軍基地がある。島に入ると悪評度3がつく。

施設[編集]

前作より入れる建物や利用可能な店舗種類が大幅に減って簡易化されている。

ストーリーを進めるごとに追加されていく。購入できるものもわずかに残っている。
  • 衣服店(PLANET SAINTS、LEATHER&LACE、LET'S PRETEND、NOBODY LOVES ME)
サード・ストリート・セインツのブランドロゴが入った店「PLANET SAINTS」は複数ある。
他三種の店舗は各ギャングの島に一箇所づつ存在。これらを含むすべての店舗は買収可能。
  • タトゥーショップ(RUSTY'S NEEDLE)
体の各箇所に刺青を入れることができる。
  • 美容外科(IMAGE AS DESIGNED)
前作と同様に、有料でキャラクタークリエイトをやり直すことが出来る。人種・性別から髪型・声・性格まで自由に変更可能。
  • 銃器店(FRIENDLY FIRE)
入手した銃器をそれぞれ4段階にアップグレードできるようになり、命中率や威力・装填数の強化や特殊効果の追加といった恩恵を受ける事ができる。

交通機関 [編集]

  • タクシー - 今作では利用ができなくなった。
  • 高架鉄道 - スティールポートではすでに廃線になっており、高架だけが残っている。

アクティビティー[編集]

リスペクトと現金を得られるサブ・ミッション。この他にもDLCで追加されるアクティビティも存在する。

メンバーが目的地に行く際に主人公が上空から護衛する。
走行中の車に故意に轢かれて保険金を稼ぐ。
  • メイヘム(Mayhem)
武器を使用し指定金額に達するまで暴れまわる。
  • タンクメイヘム
戦車を使用して、スティールポートを暴れまわる。
  • エスコート
売春婦を乗せて運転するのと、虎を載せて運転するバージョンがある。
  • スカウト
売春婦をスカウトするのと、シンジケートに対抗する市民をスカウトするバージョンがある。
  • デリバリー
仲間がブツをバイヤーに売るのを護衛する。
  • ファイヤーレース
耐熱スーツを着用して四輪バイクで市内を走行する。前作の「火だるまレース」と同様。
サイバー空間で行う「サイバーレース」も存在する。
  • 天才ゲンキ博士の超絶有頂天倫理委員会
ゲンキ博士の開催する、日本のバラエティテレビ番組をモチーフとした大会。
マスコットを着た敵と、トラの看板を撃ちポイントを獲得しクリアを目指す。
  • ガーディアンエンジェル
RPGやスナイパーライフルで遠方から仲間を護衛する。ストーリーミッションでプレイする事になるが、クリア後は再挑戦が可能。

デバージョン[編集]

いずれもそれぞれ条件を満たせば、開始場所を問わない。

  • ヤミ工場
携帯電話の「セインツブック」からアクセス可能な、工場が希望する車両を届ける仕事。
  • ヒットマン
携帯電話の「セインツブック」に載った重要人物をおびき寄せて仕留める。


全裸になることで開始でき、街中を走り回る。警察に見られると攻撃される。
  • サバイバル
ミッションを受けていない時に電話がかかり、一定時間内に指定される近くのエリアに行くと開始となる。
敵の襲撃を一定時間または一定人数分、数セット分凌ぎきると、キャッシュとリスペクトが得られる。
  • 抗争スポット

マップ中に散在している敵ギャングの集合地点。 そこにいるギャングを全滅させることで、キャッシュとリスペクトが得られエリアを制圧できる。

  • キャットアンドマウス

協力プレイで相手プレイヤーに射殺されたときにのみ開始できる、特殊なデバージョン。

登場組織[編集]

サード・ストリート・セインツ(3rd Street Saints)[編集]

主人公がリーダーを務めるストリートギャング前作でスティルウォーターを取り戻し、更にはアルター社と合併してブランド商品を販売し、ストリートギャングから一つの企業、ひいてはポップカルチャーの象徴として生まれ変わった。チームカラーは紫。

敵対組織[編集]

  • Syndicate/シンジケート
モーニングスターのボス、フィリップ・ローレンがリーダーを務めている。シンジケートは街の支配を3つのギャングを介して行っている。
全部のギャングチームは犯罪者を意味する「Criminal」というSUVを使っている。
  • Morning Star/モーニングスター(チームカラー赤)
スティールポート最古のギャング。シンジケートのリーダーでもある老人、フィリップ・ローレンが直接率いている。売春や国際的な武器取引を専門としている。
外見は星の入った赤いシャツに黒いジャケットを着用し、高級車に乗っている。
SMGやスナイパーライフルの所持率が多く、スペシャリストは主にヘリからの狙撃を得意とするスナイパー。
  • Luchadores/ルチャドールズ(チームカラー緑)
違法ギャンブルやドラッグ取引を行っているレスラーギャング。ボスはリング上での殺人歴のあるキルベイン。
大型のSUVに乗り、銃器も所持。外見は全員、緑色のマスクを付けたルチャドールである。
スペシャリストは多量のグレネードをばらまくレスラー。
  • Deckers/デッカーズ(チームカラー青)
ハイテク機器を扱うハッカーを中心とした、10代ばかりで固められたギャング。ボスは天才ハッカー、マット・ミラー。セキュリティーハックやマネーロンダリングを担当している。
メンバーは、黒/水色のSolarとKayakに乗っている。外見はボス曰く「ネオサイバーパンク」と呼ばれるような、ゲーム調のデザイン。
スペシャリストは高速ダッシュ能力を持つ女性メンバーで、電磁衝撃波を放つハンマーを装備している。

治安維持組織[編集]

  • スティールポート市警
スティールポートの警察組織。警官は徒歩やスポーツ・タイプのパトロールカーで巡回している。今作では彼らの耐久度が向上している。悪評度を上げるとSWATスナイパーを乗せたヘリコプターが出動する。
今作より初登場した州軍。悪評度4以上(STAGが登場前と撤退後)、および州軍施設に侵入すると出動する。装甲車戦車攻撃ヘリコプターを配備し兵士の耐久力が高いのが特徴。SNGはスティールポート・ナショナルガードの略である。
  • STAG
スティールポートのギャングを壊滅させるためにモニカ・ヒューズ上院議員が主導、アメリカ政府によって編成された対ギャング特殊部隊。スティールポートの治安維持が任務である。巨大空母VTOL機、その他最新式の戦車や装甲車のほか、熱レーザー技術によるショットガンやアサルトライフルで武装している。ストーリーが進むと登場し、戒厳令を敷き、街を掌握する。ストーリー最終盤では空中空母「ダイダロス」にて街を殲滅せんとするも、後に撤退する。司令官はサイラス・テンプル。
STAGはSpecial Tactics Anti-Gang Unitの略となっている。STAGという単語の意味は「牡鹿」「男だけの」といった意味だが女性の兵士もいる。

登場人物[編集]

サードストリートセインツ[編集]

主人公
スティルウォーターを制したセインツのリーダー。各プレイヤーがカスタマイズするため、名前や性別、人種はその都度変化する。冒頭のミッションではジョニーの着ぐるみを纏っており、クリア後にカスタマイズを行う。
プレイヤーが選択する声によって口調が変わり、会話内容も若干異なる(前作同様、ムービー内の字幕はデフォルト準拠のもので固定)。序盤でピアースと一緒に歌うシーンがあるが、どの声を選んでも音痴である。
名前は特に設定されていない。名前を公開されることはタブーらしく、ズィーモスに本名聞かれた際は各声それぞれに出鱈目な偽名を名乗る。
前作での冷酷で残忍な一面は影を潜めたが、作風がコメディチックになった為か行動力が大きく上昇し、更に大胆な性格になった。ピアース曰く「いつもキレてる」。その一方、コミカルな一面を見せる事も多く、仲間を大切にする義理堅さは前作までと同様。ファンにサインや写真撮影を求められれば快く応じると言った度量の広さも持ち合わせている。
バート・レイノルズの大ファンである。
ジョニー・ギャット(Johnny Gat)
声優:ダニエル・デイ・キム
古くからの主人公の相棒。
Saints RowSaints Row 2から登場。知名度が上がりブランド化するセインツの事業展開は、本来のギャング活動とかけ離れているとして、快く思っていないようである。
ストーリー序盤に消息を絶ち、フィリップとヴィオラによって死亡が公表されている。本編クリア後にゾンビとして呼び出せる。火星をテーマにした終盤のミッションにもいるが、これは映画の撮影であり、登場するギャットも本人ではなくギャットを演じている俳優である。
ストーリー中盤で自身の肖像権をアルター社に売却していたことが判明。
劇中での台詞「ジョニーはみんなのヒーローだ」の通り、スティールポートにはジョニーのバブルヘッド人形のほか、ジョニーの顔を模したマスクを被ったマスコット、ジョニーの顔をモチーフにした「ギャットモービル」が存在している。
ショーンディ(Shaundi)
声優:ダニエル・ニコレット英語版
前作から続いて登場するセインツの女幹部。前作でのヒッピースタイルから大規模なイメージチェンジを果たし、外見、性格、声までも別人のように変化した。自身のデート番組を持つようになり、セインツ同様知名度が上がったようである。交際した複数の「元カレ」ネットワークから得た情報で、今作でも主人公を助けてくれる。
物語中盤以降、街のあちこちで「Shaundi is a whore(ショーンディは阿婆擦れだ)」と書かれた札を持ちセインツを街から追い出そうと抗議活動をしている人々が見られる。
ジョニーに対して仲間以上の感情を抱いており、ジョニーの死の直後にパーティーを開いているピアースに激昂したり、ジョニーの葬式をキルベインらに滅茶苦茶にされた際には怒りを露にしている。
ちなみに男性でプレイしていると付き合っていると思わせるセリフが飛ぶ。女性にしていると女子高生のようなガールズトークをしてくれる。
ピアース・ワシントン(Pierce Washington)
声優:アレフ・S・キンチェン
主人公の仲間で、黒人系の青年。前作では作戦立案や情報収集で活躍しても、おいしいところを尽くジョニーやショーンディに持っていかれ、挙句の果てに雑用扱いされていたが、今作では出世した模様(但し、オープニングテロップでは「どうでもいい」と酷い扱いを受けている)。
ストーリー初めやDLCで彼の歌声を聴くことができるが、ひどく音痴なのは変わらず。
オープニングで流れる「SAINTS FLOW(聖人流)」なるセインツが販売する栄養ドリンクの日本向けCMに出演している。ラジオニュースでは「日本のCMスター」と紹介されている。
最終ストーリーの選択肢の際に「ショーンディは死んでほしくない」と発言することから、仲間意識は強い模様。
2で馴染みとなっていた台詞「ひねくれてんぜ」は今作では言わない。
オレグ・キルロフ(Oleg Kirrlov)
声優:マーク・アレン・キンロフ
ストーリー途中から主人公の仲間になるロシア人。2メートルを軽く超える巨躯で、その姿の通り怪力の持ち主であるが、同時に頭も切れる。以前はKGBのエージェントとして活躍していたため、情報網が幅広い。
ピアースとよくチェスをしているが主人公にテーブルを蹴っ飛ばされ中断させられる、わざとボードの上に荷物を落とされる等、決着がつく描写はない。
シンジケートは彼のクローンを作製し最強の軍隊を造ろうとしたが、そのクローンたちは片言で喋る程度の知能しか無く計画は失敗した。が、クローンたち「ブルート」はオレグと同じ怪力で、悪評度が上がるとシンジケートが運んでくる。
最終ミッションにおいてキンジーに気があるような発言を繰り出し、ピアースから驚愕されている。
キンジー・ケンジントン(Kinzie Kensington)
声優:ナタリー・ランダー
かつてはシンジケートの悪事を暴こうとしていたFBI捜査官だったが、デッカーズの罠にかかり証拠捏造でクビになってしまった。
自身の隠れ家にはベッドが無いが、ピアースにベッドはどうしたのかと聞かれ、眠らないと答えているように睡眠は邪魔らしい。また盗聴の恐れがあるからといって主人公に携帯電話を捨てろと指示するなど、電子機器にはうるさい。
オレグに匹敵する頭脳を持ちハッキングなどの情報技術も相当なものだが、得意分野で度々敗北を喫しているマット・ミラーに深い敵愾心を抱いている。
デッカーズ壊滅の指揮を執っている。デッカーズのネットワークにアクセスするために北米1の性能を誇るアルター社製スーパーコンピュータを主人公に盗ませたり、デッカーズの本拠地である原子力発電所に忍び込ませたりさせる。
バート・レイノルズとは元恋人であったりするらしい。
エンジェル (Angel De La Muerte)
声優:ハルク・ホーガン
キルべインとタッグを組みリング上では敵無しだったが、名声が上がるにつれキルべインの嫉妬を買いマスクを剥がされてしまう。
ルチャドールズ攻略に際し、キルべインに潰されない為と称して、主人公を自動車に体当たりさせたり、トラ同乗でドライブさせたりする「鍛錬」を課す。
古ぼけたカジノに住んでいるが、それは「キルべインが自身に何をしたか、また絶対に自らの手で復讐をすることを忘れないため」とのことである。
ストーリー後半でマスクを取り戻すまでマスクを付けずに行動しているが、その理由は「自分の実力に自信が持てなかった」からであり、それが変わったのはセインツのおかげだと主人公に話す。
フルネーム「Angel De La Muerte」はスペイン語のリングネームと思われる。英訳で「Angel of Death」、日本語訳は「死の天使」。
声優をアメリカプロレス界の顔的存在であるハルク・ホーガンが演じていることから、彼のアピールをエンジェルが披露するシーンがある[1]
ズィーモス(Zimos)
声優:アレックス・デザート
スティールポート最古参のポン引き。セインツがスティールポートに来る前は、シンジケートとの仲は良かったようでフィリップやデウィンター姉妹とは友人であった。自宅にはデウィンター姉妹から譲り受けたという絵が飾ってある。しかし、デウィンター姉妹のどちらかと”寝た”が、姉妹がそっくりだったためどちらかがわからず、そのせいで関係が破綻しシンジケートによって人身売買されそうになっていた。
セインツとは協力関係にあるものの、シンジゲートを倒すという利害の一致があったために協力しているにすぎない。
気管切開をしたことがあり声が出ない。そのため、シンセサイザーのような人工喉頭を使って会話をする。
ズィーモスとは偽名であり、主人公が本名を聞いた際には逆に本名を聞き返しはぐらかしている。
ジョッシュ・バーク(Joshua Birk)
声優:アンドリュー・ボーウェン
著名な俳優。「ナイトブレイド」というドラマで、同名の主人公である『バンパイアに狩られてバンパイアになってしまったバンパイアハンター』を演じている。
セインツに入ったのは、次に出演するドラマがセインツを基にしたストーリーらしく、ギャングの振る舞い等を学ぶためらしい。
ショーンディに思いを寄せているが当の本人には疎まれている。
冒頭の銀行強盗以後、行方をくらましていたが、後にSTAGのイメージキャラクターも務めている事が判明。しかし主人公達に拉致され、再びセインツに身を置く事となる。
条件を満たすと彼とナイトブレイドを携帯電話で呼び出せるようになる。彼とナイトブレイドは同一人物だが、なぜかそれぞれを同時に呼び出すことができる。

モーニングスター[編集]

フィリップ・ローレン
初老の武器商人。スティールポートを牛耳る3つのギャングを統べる犯罪組織「シンジケート」の親玉にして、直属のギャング「モーニングスター」のボスでもある。ベルギー人だが、主人公やジョニーにフランス人と何度も間違われている。
ストーリーの比較的序盤に、主人公によって切り離されたチューンドマスダンパに押しつぶされ圧死。その後、シンジケート内ではリーダーの座を巡って内部闘争が勃発する。
ヴィオラ&キキ・デウィンター姉妹
声:サーシャ・グレイ(ヴィオラ)
ローレンの秘書を務める双子の姉妹。大学で博士号を取得している為、投資などに詳しい。
しかしローレン死後、キルベインの怒りを買った結果キキが殺されてしまう。その後ヴィオラはシンジケートと袂を分かち、セインツのメンバーに加わる。ただしその後もシンジケート時代のコネは健在らしく、とあるミッションではシンジケート所有の輸送機に主人公を乗せている。
初めての対面時、主人公に「お前のせいでジョニーが死んだんだ」と言われるなど初めのうちは快く思われていなかったようだが、後に冗談を言い合ったり、最終ミッションで彼女が死んでしまうルートを選ぶと、主人公が爆弾を仕掛ける際に「ヴィオラのために」と発言しているので仲間意識は十分持たれていたようである。
日本語版では「ヴィオラ」と紹介されているが、母国語の発音の関係上、劇中ではオレグを除いた皆から「ヴァイオラ」と呼ばれている。

ルチャドールズ[編集]

キルベイン(Killbane)
声優:リック・D・ワッサーマン
本名エディー・プライヤー(Eddie Pryor)。「歩く黙示録」の異名を持つ元プロレスラー。
ステロイドと鎮痛剤による重大な影響を受け、とても暴力的な人物。
「キルベイン」の名声に大きく依存しているためか、マスクを剥がされるのが死ぬよりはるかに怖いらしく、本名で呼ばれることさえ嫌う。
フィリップ亡き後のシンジケートで専横を振るっており、本名で呼び罵ったキキの首を片手でつかみ、首の骨を折って殺してしまう。
マーダーブロウルXXXIで主人公とエンジェルに敗北した後も抗争を続け、STAGとの全面戦争に際してビジネスジェットでスティールポートを離れようとする。ここで空港に向かった場合は主人公にジェット機を破壊され、それでもしぶとく生きて襲い掛かってきたが、主人公に絞殺される。空港に向かわずショーンディとヴィオラを助けに行った場合はそのままスティールポートを離れるが…。

デッカーズ[編集]

マット・ミラー(Matt Miller)
声優・ユーリ・ローエンタール
イギリス人。シンジケート傘下のサイバーギャング「デッカーズ」を率いる天才ハッカーだが、面と向かっての対話に限り弱腰な面がある。
電脳世界の神を自称する通り、ハッキング技術はずば抜けたものがあり、キンジーに辛酸をたびたびなめさせている。シンジケートに入ったのは、フィリップに『携帯電話の使い方を教えた』際に勧誘されたため。
しかしキンジーの助けを借りてサイバー世界に乗り込んできた主人公に敗北し、命を助けてもらう代わりにRim JobsもしくはFRIENDLY FIREの割引待遇をさせた後、イギリスに亡命。この際キルべインに「死ぬのは怖い」と発言している。
ナイトブレイドのファンらしい。

STAG[編集]

サイラス・テンプル(Cyrus Temple)
声優:ティム・トマーソン
STAGの司令官。ギャング殲滅のためには手段を選ばない冷徹な男。STAGの任務内容を記者会見で発表する際、2でのギャング・マエロの彼女だったジェシカの死を「残虐なギャング」の一例として語った。
最終ミッションではショーンディとヴィオラを助けた場合は、街を破壊したばかりか記念碑まで爆破しようとした為にモニカ・ヒューズに見限られ、撤退を言い渡される。
キルベインを殺した場合は空中空母ダイダロスでスティールポートごとセインツを殲滅しようとするが、乗り込んできた主人公にVTOLを撃墜され、死亡する。
キア(Kia)
声優:アナスタシア ()
STAGの副司令官。南米系の女性。最終ミッションで主人公に、「リン」「アイーシャ」「カルロス」「ジョニー」が死んでいったように主人公の仲間は皆死ぬのだと発言する。
前作、前々作に登場したアイーシャのファンだったらしく、彼女の死が法を執行する側に入った理由だとのこと。
スティールポートは反吐が出るほど嫌いらしく、そして全てのギャングに対して例外なくテロリスト・人間のクズ同然に見ている。
最後はスティールポートの象徴である巨大な像の爆破を目論み、そこでショーンディとヴィオラを含むセインツのメンバー達の死体を発見させる事でセインツにテロの汚名を着せようとする。阻止に向かった場合はショーンディを盾に主人公と対決するも、敗れて死亡する。

その他[編集]

ジェーン・ヴォルテラマ(Jane Valderamma)
前作、前々作に続いて登場するニュースレポーター。ラジオ等で街の事件をアナウンスしている。
前作の時点でセインツの現ボスと関わりがありボスを「信頼」している節が見られる。「キルベインと生中継!」などで、ボスやキルベインと会話する。
モニカ・ヒューズ(Monica Hughes)
上院議員。故郷であるスティルウォーターに戻り、夫を記念した橋の完成式典でキルべイン率いるルチャドールに橋を壊され癇癪を起こす。
ショーンディとヴィオラを助ける最終ミッションを選ぶと、スティールポートの象徴である巨大な像を爆破しようとしたSTAGを街から撤退させ、像を守ったセインツをヒーローだと称える。
一方、キルべインを倒す最終ミッションを選ぶと街に巨大な空中空母ダイダロスを派遣するようにサイラスに要請する。
バート・レイノルズ(Burt Reynolds)
声優:本人
本人役でスティールポート市長として登場。主人公にゾンビの処理を依頼する。また条件を満たせば仲間として呼び出すことが出来る。

登場車種[編集]

全て実名での登場はしていない。各アジトにあるガレージで車の保管が出来る。 詳しくは乗り物まとめ@Wikiを参照。()内は車の概要を示す。

  • セダン
Blade(出現率が低いセダン。モデルはアストンマーチンラピード等)
Churchill
Infuego
Justice(正義という意味のギャング御用達高級セダン。モデルはロールスロイスファントム)
Neuron(チューニングカーのベースに使われる。モデルは三菱・ランサーエボリューションX)
Nelson
Solar (よく見かける5ドアのハッチバックセダン。モデルはトヨタ・プリウス)
Wakazashi
Zimos (キャラクターのズィーモスとは関係ない。モデルはトヨタ・カローラ)
  • コンパクトカー
Emu(ゲーム内最小の小型車。モデルはトヨタ・iQ)
Go!(2ドア車。モデルは9代目のトヨタ・カローラ)
Halberd (BMW Mini風のコンパクトカー)
  • クーペ、スポーツカー
Attrazione(人気の高いスーパーカー。モデルはランボルギーニ・ガヤルド等)
Bootlegger(4人乗りでは作中最高速を誇るマッスルカー。モデルはシボレー・インパラ)
Cosmos
Hammerhead(開発者に人気の高いマッスルカー。モデルはダッジ・チャージャーフォード・マスタング等)
Phoenix(登場キャラクターバートレイノルズの愛車。モデルはポンティアック・ファイヤーバードシボレー・カマロ)
Raycaster(前作から続いて登場。モデルはダッジ・バイパー等)
Sovereign
Temptress(高性能スーパーカー。モデルはケーニッセグ・CCR。)
Torch(ドリフトがし易いチューンドカー。モデルは日産・スカイラインフォード・マスタング)
Vortex (前作から続いて登場。モデルはロータス・エキシージ)
  • ワゴン・SUV・ピックアップトラック
Atlantica
Alaskan
Bulldog(ハマーH2がモデルのSUV)
Criminal(ギャングご用達のSUT。モデルはシボレー・アバランチ)
Hammer(名前はハマーだが、ステーションワゴン。モデルはダッジ・マグナムクライスラー・300C ツーリング )
Kayak
Keystone
Nordberg(Quasarのデザインを古くしたようなSUV。1から登場している。モデルはフォード・エクスプローラー)
Quasar(1のギャングが使っていたSUV。モデルはランドローバー・レンジローバーフォード・エスケープスバル・フォレスター等)
Thorogood(今作唯一のピックアップトラック。モデルはダッジ・ラム)
Wstbrysr(ミニバン。モデルはトヨタ・シエナ)
Estrada(ハーレー風なバイク)
Kaneda
Kenshin(スポーツバイク。白バイにも使用される。スズキ・カタナスズキ・ハヤブサがモデル)
Sandstorm
Widowmaker(原付。モデルはベスパ。)
  • 大型車、商用車
Anchor
Titan
Compensator
Mule
Donovan(マイクロバス)
Peterliner
Steelport Municipal(清掃車)
Flatbed
Mix Master
LongHauler
  • 政府車両
Ambulance(救急車。Ford・Eシリーズがモデル)
Blaze(消防車)
Bear(装甲車)
Bulldog(軍用車ハンヴィーがモデル)
Challenger(戦車)
Crusader(STAGの戦車)
Kenshin(白バイ)
Lockdown(SWATのトラック)
N-Forcer(STAGの軽装甲車)
Peace Maker(パトカー)
  • エアバイク
ULTOR Interceptor
Specter
  • ヘリコプター
Tornado(元祖戦闘ヘリ。AH-1がモデル)
Vulture(DLCで登場した戦闘ヘリ。ロシア軍のMi-24がモデル)
Oppressor(汎用多目的ヘリ。警察などが仕様。モデルはベル・206)
Eagle(軍の輸送ヘリ。UH-60がモデル)
Stork(磁石付きの大型ヘリ)
Thompson (小型ヘリ)
  • 飛行機
Condor(STAGの輸送機)
Snipe 57(リアジェット)
F-69 VTOL(STAGの戦闘機)
Woodpecker(セスナ機)
AB Destroyer (戦闘機)
  • 海上
Miami
Commander(武装ボート)
Shark(ジェットスキー)
  • その他車両
Anchor(TV中継車。フォード・Eシリーズがモデル)
ASP(サイバー戦車)
Scrubber(路面清掃車)
Toad(4輪バギー)
Genki Manapult(人間マナパルト。人を吸い込み発射することが可能)
Gatmobile
Knoxville(カート)
Reaper(霊柩車)
Saints Raider
Pony Cart(人力車。通常プレイでは入手不可能。ミッションでのみ乗車可能)
Taxi(タクシーフォード・クラウンビクトリアがモデル)
Status Quo (リムジンキャデラック・DTSがモデル)

登場武器[編集]

セインツシリーズおなじみの銃火器店「Friendly Fire」で購入可能。
なお今作から武器のカスタマイズ(グレードアップ)も可能、それにより武器性能の向上や特殊効果の追加がされる。

近接武器[編集]

野球用の金属バット。攻撃が振る動作なので範囲が広い。
  • 怪しいバット
ディルドの形をしたバット。威力は普通のバットと同じ。日本語版では規制のため形状が変更されている。
  • ウッズマン
伐採用のチェーンソー。特定ミッションのクリアで購入可能になる。攻撃ボタンを押しっぱなしで標的に近づくと、普通の人間は一撃でばらばらになる。
電極から出る電気で対象をダウンさせる武器。作品中では電極を飛ばすタイプが採用されている。
  • デッカーソード
デッカーズギャングが使用している武器。特定ミッションのクリアで購入可能になる。
  • アポカフィスト
車両をも爆破する殺人グローブ。キルベインのミッションで、「マスクをはがさない」を選択すると入手可能。ちなみに同じミッションで「マスクをはがす」を選ぶと「キルべインのマスク」を入手する。

ハンドガン[編集]

  • 45 シェパード
ピストル。主人公の初期装備。各組織のメンバーも所持している。最高レベルまでアップグレードすると炸裂弾に変わり、着弾した対象をふっとばすほか車両に対する攻撃力も上がる。
  • KA1 コブラ
スティールポート市警警官と、州兵が所持している威力が高いピストル。最高レベルまでアップグレードすると一部の装甲を貫通できるようになる。

ショットガン[編集]

  • グレイブディガー
レバーアクション式のショットガン。単発の殺傷力が高く、最高レベルまでアップグレードすると焼夷弾へと変わる。
  • AS3 アルチマックス
警官と州兵が所持している、制式ショットガン。アップグレードを行うと連射性能が向上する。
  • S3X ハマー
STAG専用のショットガン。リロードが不要だが、オーバーヒートすると冷却が必要となる。

サブマシンガン[編集]

  • テック Z10
ギャング御用達のサブマシンガン。最高レベルまでアップグレートすると焼夷弾へと変わる。
  • D4TH ブロッサム
発射レートが最も高い銃。
  • サイバーブラスター
デッカーズのミッションで、仮想空間上の敵が使用するSMG。特定ミッションのクリアで購入可能になり、ミッション外でも使用できるようになる。リロードが不要だが、オーバーヒートすると冷却が必要となる。

アサルトライフル[編集]

  • K8 クルコフ
各ギャング組織のメンバーが所持している。最高レベルまでアップグレードすると、手持ちの手榴弾を発射することができるようになる。
  • AR55 ライフル
SWATやSNG(州兵)が使用する、バースト連射式のアサルトライフル。最高レベルまでアップグレードするとスナイパーライフルとしても使用可能になる。
  • バイパーライフル
STAG使用の近~中距離用のエネルギー・ライフル。アップグレードで連射速度が目に見えて向上する。
  • TOGO13 ライフル
オート連射可能なスナイパーライフル。名称はゴルゴ13デューク東郷より。

スペシャル[編集]

  • マクマヌス2015
セインツロウ初代から登場しているMacManusライフルの最新モデル。モーニングスター・スペシャリストや警官など、ヘリコプターといった上空など、遠距離からの射撃に使われている。
  • RPG Launcher
対戦車用兵器で、殆どの車を一撃で破壊できる威力を持つ。敵ギャングが稀に装備している。モデルはRPG-7
最高レベルまでアップグレードすると乗り物をロックオンして追尾させることが出来るようになる。
  • リーパードローン
ミサイルを積んだ無人航空機を操作する兵器。
狙った場所に無人機による航空爆撃を行うことができる軍事兵器
  • リモコンガン
乗物をコントロールすることができる弾丸を発射し、打ち込んだ乗り物をこちらの意のままに操作できる。
  • ソニックガン
音波で障害物や敵を排除できるSTAG製の武器。
通常での殺傷力は無いに等しいが、最大溜めでの近距離に限り対人一撃必殺の威力を持つようになる。

投擲武器[編集]

警察がよく使ってくる。殺傷能力は無い。範囲内にいる対象をダウンもしくはよろけさせる。
最高レベルまでアップグレードすると悪臭ガス瓶に変更され、範囲内の人間全員を嘔吐させる。
燃料の入ったビンに布を突っ込み、火を灯して投げる武器。着弾地点に炎が広がる。
最高レベルへのアップグレード時に威力が大きく向上し、この状態で車両に直撃させると一撃で破壊できるようになる。
投擲してから数秒後に爆発する武器。初期レベルからずば抜けた威力は健在。モデルはマークII手榴弾
  • 電撃手榴弾
ダメージは少ないが、対象を長時間ダウンさせることが出来るグレネード。モデルはHaloシリーズのプラズマグレネード。最高レベルまでアップグレードすると着弾点に付着するようになる。
  • リモート爆弾
投げてから任意に爆発させることができる爆弾。最高レベルの電撃手榴弾と同様、投げ込んだ地点や人にくっつく。

使い捨て武器[編集]

その場限りの使用のみで武器庫への格納・所持はできない。
  • ショックハンマー
デッカーズスペシャリストが所持。衝撃波を繰り出し、周囲のものを吹き飛ばすことができる。
  • ミニガン
ブルートが所持。シリンダーを回転させて撃つ機関銃。モデルはM134 ミニガン
  • 火炎放射器
ブルートが所持。火炎を前方に撒き散らす武器。対象を燃やして攻撃するが燃やした敵が自分にぶつかると燃えてダメージを受けてしまうので注意。火炎放射器自体は実在するが、モデルは不明。
  • M2ランチャー
ルチャドールスペシャリストが所持。回転弾倉式グレネードランチャー。爆発の規模は緩く少しのけぞる程度だが、爆発武器の範疇内において弾数と連射性が大きい。

ラジオ局[編集]

GENX 89(モダンミュージック)
K12 97.6(エレクトロニックミュージック)
Kabron 104.2(アーバン・ラテンとレゲトン)
Klassic 102.4(クラシック)
KRHYME 95.4(ヒップホップ)
The Blood 106.66(ハードロック)
107.7 The Mix(80年代と90年代のポップ/ロック)
Adult Swim WDDTCPDG(アダルトスイムとカートゥーンネットワークのコンテンツ)

DLC[編集]

  • アイテム
シャークアタックパック(サメに関する武器と服が追加される)
Z Style パック(登場キャラクター・ズィーモスの服と、その愛銃であるスカウト・ショットガンを追加するパック)
炸裂コンバットパック(M2 グレネードランチャーと軍服を追加するパック)
ウォーリアーパック(思わず戦いたくなる服を追加するパック)
CheapyDパック(CheapyDが仲間になる無料配信)
ゲンキパック(ゲンキ博士に関連する予約特典。後に有料配信)
マネーショットパック(TOGO13 ライフルなどをアンロックする攻略本のおまけ。後に有料配信)
ナイトブレイドパック(劇中のドラマ「ナイトブレイド」に関係する服、車をアンロックするDLC)
  • ゲームプレイ
ムテキパック(チートコードを追加するパック)
吸血パック(吸血鬼になりきれるパック)
  • ミッション
ゲンキボウル VII(「ゲンキ博士主催の同名番組」に関連する4つのアクティビティを追加するパック)
スペースギャングスタ(「映画・スペースギャングスタの撮影」に関するミッション3つを追加)
クローンの災難(「ジミーが開発したジョニークローン」に関するミッション3つを追加)

続編[編集]

出典[編集]

  1. ^ 挑発で「エンジェルマニア」を選択すると、プレイヤーもこのアピールをできる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]