レッドファクション:ゲリラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レッドファクション:ゲリラ
ジャンル アクションゲーム
対応機種 Xbox 360 / プレイステーション3 / Windows
開発元 ボリション
発売元 THQ
人数 オンライン:1人~多人数
メディア DVD-ROM
発売日 日本の旗
2009年8月6日(Xbox 360 / PS3)
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
テンプレートを表示

レッドファクション:ゲリラ (Red Faction: Guerrilla) は、ボリション(Volition)が開発し、THQが販売したTPSゲームである。日本では、スパイクがローカライズを行い、2009年8月6日に発売した。また、本作のスピンオフレッドファクション:バトルグラウンド2011年4月に、続編レッドファクション:アルマゲドンが2011年6月2日に日本国内にて発売された。

ストーリー[編集]

21世紀地球は地球外の惑星に進出し、火星殖民惑星にすることに成功した。2125年には大気を得ることに成功し、地球から派遣されたEDF(地球防衛軍:Earth Defense Force)によって統治されてきた。

しかし、今やEDFは抑圧者として人々を虐げている。それに抗するため、人々は「レッドファクション(Red Faction)」という抵抗勢力を創設し、ゲリラ活動を開始する。

主人公アレック・メイソンは兄ダンの誘いを受け、鉱山技師として火星にやってきた。 ある日、ダンがEDFに殺害されてしまう。ダンはレッドファクションの一員であり、指名手配されていたのだ。その為、彼の弟であるアレック自身もレッドファクションの一員であるとEDFに決めつけられてしまう。 かくして、兄の敵を討つため、アレックはレッドファクションに加わり、EDFと戦うことを決心する。

主な登場人物[編集]

アレック・メイソン
鉱山技師として火星のタルシスにやってきた男性[1][2]。兄をEDFに殺され、自分も殺されそうになるがレッドファクションに助けられた。そして兄の復讐のためにレッドファクションに加入した。
ダン・メイソン
アレックの兄。レッドファクションのメンバーだったがストーリー序盤でEDFに殺害される。
サマンヤ
レッドファクションの一員。技術開発能力に優れ、様々な兵器を開発してくれる。
バートラム・ロス将軍
火星の群衆に対するEDFの圧政を強いている張本人であり、本当の元凶である巨大企業の飼い犬。

特徴[編集]

このゲームはいわゆるオープンワールドであり、広大なマップを縦横無尽に駆け回り、EDFと戦うことになる。 そしてこのゲームの最大の特徴は、破壊である。ほぼ全ての建造物車輌などが破壊可能であり、その倒壊シーンは物理演算システムによってリアルかつダイナミックに描かれている。

登場組織[編集]

  • アルター社
セインツロウシリーズに登場している大企業。火星での事業を展開している。

登場車種[編集]

登場武器[編集]

土木作業用。主人公がいつも持ち歩いている。
  • ロケット・ランチャー
  • スナイパー・ライフル
  • アサルト・ライフル

脚注[編集]

  1. ^ Red Faction Guerilla Review”. Gamezone. 2009年6月22日閲覧。
  2. ^ Red Faction: Guerrilla Developer Diary With Drew Holmes #1”. Gamespot (2009年4月17日). 2010年1月19日閲覧。

外部リンク[編集]