シャ・ナ・ナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャ・ナ・ナ
Sha Na Na
基本情報
出身地 ニューヨークコロンビア大学
ジャンル ロックンロールポップ・ミュージック
活動期間 1968年 - 現在
公式サイト www.shanana.com
メンバー
ドナルド "ドニー" ヨーク
ジョン "ジョッコ" マルセリーノ
*"スクリーミン" スコット・サイモン
ジーン・ジャラミロ
ジム "ビリー" ウォルドビリング
ポール "ポーリー" キンバロウ
"ダウンタウン" マイケル・ブラウン

{{{Influences}}}

シャ・ナ・ナ (Sha Na Na) は1969年から活動しているアメリカロックンロールポップスグループ。発表曲のほとんどがカバーであるため、カバーバンドに近い存在である。ニューヨークのストリート出身と称し[1]、金ラメ、スペーススーツ、レザー、ポンパドゥール・ヘアというルックス、オールディーズ・ナンバーやその流れをくむオールドスタイルのロックンロール、ドゥーワップなどをレパートリーにした歌とダンスで、1960年代の終わりに1950年代のストリート・カルチャーをよみがえらせた。日本においてもオールディーズ、フィフティーズを語る際には欠かせない存在であり、クールス、シャネルズ(後のラッツ&スター)などが彼らからの影響を公言している。

オープニングのバンド紹介では「Ladies and greasers (grease balls,) from the streets of New York, greased and ready to kick your ((bloody) ass(es), Sha-Na-Na!」(とその変形)が決まり文句で映画『グリース』以前からGrease(ポマードで固めたヘアー)をバンドのキーワードとしてきた。

また定番曲の"Rock'n'roll is here to stay"の演奏を始める前の口上(決めゼリフ)は、"I've got (just) one thing to say to you, fucking hippies. That is rock'n'roll is here to stay."であり、60年代後半の「型にはまらない、ドラッグを受け入れた崩壊的な」事を良しとするヒッピー文化に対し自由奔放ながらも調和や規律、節度を持った50年代ー60年代前半若者文化の尊重(回帰)を象徴している。

品行方正なバンドのキャラクターでドラッグとは無縁の印象があるが、1971年に参加したリードギタリストChris Donald (Vinnie Taylor)は1974年にヘロインのオーバードーズで死去している。[2]

キャリア[編集]

コロンビア大学在学中にア・カペラグループキングズメン (Kingsmen) として発足したが、太平洋岸北西部を拠点に活動していた同名グループがいたため、グループ名をシャ・ナ・ナ (Sha Na Na) に改名。ベース・ボーカリスト[3]ロバート・レオナードを中心にヒッピー・ムーヴメント真盛りの1969年に活動を開始した。デビュー時点で12人という大所帯での初期のステージングは、金ラメに身を包んだ3人のフロントマンが歌とダンスを担当、残りの9人はグリーサー(Greaser)・ルック(袖をまくったTシャツ、革ジャン、タンクトップ等)でステージに上がった。

ウッドストック・フェスティバルではジミ・ヘンドリックスに先行してステージを務めた。映画『ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間』に収められた約90秒の出演シーンで全米規模の知名度を獲得すると同時に、1971年から上演されているミュージカル『グリース』やテレビ番組『ハッピー・デイズ』、1962年の設定ではあるが時代背景の近い映画『アメリカン・グラフィティ』などとともにフィフティーズ・リバイバルにひと役買った[4]

1975年11月、日本初公演(渋谷公会堂)の前座を宇崎竜童率いるダウン・タウン・ブギウギ・バンドが務めた。 同年”スモーキン・ブギ(Smokin' Boogie)”をシングルでリリース(カーマ・スートラ・レコード日本コロンビア)。歌詞は英語だが内容はほぼ日本語の直訳になっている。ただし文化の違いから、”喫茶店”を”Soda shop"、”ショートピース”を”Camel”としている。
カップリング(B面)はシャ・ナ・ナオリジナルで"We're Still Smoking."歌詞は”We're still smokin’"と"タバコ吸ってるよ、タバコ吸ってるよ”のみ。
ダウン・タウン・ブギウギ・バンドに対し”日本にもブギを演奏できるバンドがある事を知った”とコメントしている。

現在もオリジナル・メンバーのドナルド "ドニー" ヨークジョン "ジョッコ" マルセリーノ、ウッドストック・フェスティバル直後に加入した"スクリーミン" スコット・サイモンを中心にツアーを行っている。

テレビシリーズ[編集]

1977年から1981年まで、ピエール・コセットが企画し、LBSコミュニケーションが配給したシンジケート番組『シャ・ナ・ナ』でホストを務めた。

番組は彼らの演奏(1950年から60年代のヒット・ナンバー)を柱にコント、「タフ・ガイズ」と題されたロケなどで構成された。オープニングはコンサート・シーンから始まり、ゲスト・アーティストとともに数曲演奏しながらバックが街中やアイスクリーム・パーラーなど様々な場所に変わる、という演出が施された。

ゲストにはJames BrownRamonesLittle RichardBo DiddleyChubby Checkerなど豪華な顔ぶれが出演した。

日本に於いてはキャロルラストライブの編集ビデオでクールスメンバーに「(キャロルは)シャナナなんかに比べればまだまだだけど」と言わせる程「オールディーズを復活させた正統派ロックンロールバンド」と認識する人がいる反面本国アメリカではオールディーズを歌う子供向けコメディーバンド」というイメージも強くある。これはTV番組の演出が影響していると言う事と放映以前から彼らのステージパフォーマンスがアメリカ人にとては少々子供染みて映ったと考えられる。 中でもベースボーカルのJon Bauman (Bowzer)は子供からの人気も高かった。

映画[編集]

DVD[編集]

メンバー[編集]

※ "bass Vocal"はベースギター&ボーカルではなく低音を担当するVo

オリジナル・メンバー[編集]

  • ドナルド "ドニー" ヨーク (1968 - ) - Vo
  • ジョン "ジョッコ" マルセリーノ (1969 - ) - Ds
  • アラン・クーパー (1968 - 1970 ,1971) - bass Vocal
  • ロバート・レオナード (1968 - 1970) - Vo
  • フレデリック "デニス" グリーン(別名デニー) (1968 - 1984) - Vo
  • ヘンリー・グロス (1969 - 1970) - G
  • ジョー・ウィトキン (1968 - 1970) - P
  • スコット・パウエル(別名キャプテン・アウトレイジャス、トニー・サンティーニ) (1968 - 1981) - Vo
  • エリオット "ジーノ" カーン (1968 - 1973) - Rhythm G
  • リチャード・ジョッフェ (1968 - 1973) - Vo
  • デイヴィッド・ギャレット (1968 - 1970)- Vo
  • ブルース "ゾロアスター" クラーク(別名ブルーノ)(1969-1973) - B

現在のメンバー[編集]

  • ドナルド "ドニー" ヨーク
  • ジョン "ジョッコ" マルセリーノ
  • "スクリーミン" スコット・サイモン (1970 - ) - P
  • ジーン・ジャラミロ (1990 - ) - G
  • ジム "ビリー" ウォルドビリング (1990 - ) - G
  • ポール "ポーリー" キンバロウ (2002 - ) - Ds
  • "ダウンタウン" マイケル・ブラウン (2005 - ) - Sax, Vo

過去在籍したメンバー[編集]

  • グローヴァー・ケンブル (1970) - Vo
  • ラリー・パッカー (1970) - G
  • ジョン "バウザー" バウマン (1970 - 1983) - bass Vocal
  • レニー・ベイカー (1970 - 1999) - Sax, Vo
  • ビリー・シュウォルツ (1971) - G
  • クリス・ドナルド(別名ヴィニー・テイラー)(1971 - 1974) - Lead G 1974年4月17日死去
  • ジョニー "キッド" コンタード (1971 - 1983) - Vo
  • デイヴィッド "チコ" ライアン (1973 - 1998) - B
  • エリオット・ランドール(別名エンリコ・ロンゾーニ)(1974 - 1975) - Lead G
  • ダニー・マクブライド(別名ダーティ・ダン)(1975 - 1980) - Lead G
  • グレン・ジョーダン(別名ギター・グレン)(1980 - 1986) - G
  • カル・デイヴィッド(別名カジュアル・カル) (1984) - bass Vocal
  • ガエリン・バリー(別名ティト・マンボ)(1984 - 1988) - bass Vocal
  • ドラ・ピアソン (1984 - 1988) - 初の女性Vo
  • ジミー "ジューン" ハン (1987)
  • ブライアン・カミング(別名マイティ・ジョー)(1987-1989) - G
  • パメラ・デイ (1989 - 1991) - 2代目女性Vo
  • ロブ・マッケンジー (1990 - 2001) - G
  • リサ・サンステッド (1993 - 1995) - 3代目女性Vo
  • ジョージ・スラピック (1999 - 2000) - Ds
  • フランキー・アデル (1999 - 2005) - Sax, Vo
  • バズ・キャンベル (2002 - 2006) - G
  • レジー "レオン" バティス (1989 - 2010) - bass Vocal 2010年10月8日死去
  • ジョージ・レオナード - 振付

ディスコグラフィ[編集]

  • Woodstock Festival サウンドトラック' [1969] (シャ ナ ナ演奏の”At the Hop"収録) (後のリリースでは、”Duke Of Ear” ”Book Of Love” ”Teen Angel” ”Get A Job”などが含まれる。実際の演奏は12曲と考えられている。)
  • Rock And Roll Is Here to Stay [1969] (1973年の再リリースではジャケットの絵が替えられた)
  • Payday / Portnoy (シングル) [1970] ... または Payday / Payday (Promo SINGLE) ... または Payday / Young Love (日本版 シングル)
  • Sha Na Na [1971] (A面はニューヨーク州コロンビア大学でのライブレコーディング。)
  • The Night Is Still Young [1972] *版によっては収録されていない曲もある*
  • EDDIE AND THE EVERGREENS - In The Still Of The Night / In The Still Of The Night (アルバム 'The Night Is Still Young' からの収録) (シングル) [1972]
  • Live in Belgium, With Francis Bay & His Orchestra [1972] (非公式版)
  • Live in Central Park, New York City, NY (ラジオ放送) [1972] (非公式版)
  • Live in Winterland, San Francisco, CA [1973] (非公式版)
  • The Golden Age of Rock ’N’ Roll [1973] (二枚組LP, 2,3,4面は1972年後半と思われるライブ音源。)
  • Sha Na Na Live in Germany (TV: Musikladen), 1973 (DVD, CD+VCD)
  • From The Streets Of New York (ライブ) [1973]
  • Hot Sox [1974]
  • Maybe I'm Old Fashioned / Stroll All Night (LONGER VERSION) (シングル) [1974]
  • Sha Na Now [1975]
  • THE SHA-NA-NETTS - (Just Like) Romeo And Juliet (No Lead Vocals) / FLINT-NIKS - The Flint-Nik Rock (シングル) [1975]
  • Rock’n Roll Graffiti - ライブインジャパン' [1975]
  • スモーキン・ブギ(Smokin' Boogie) [1975](シングル)(ダウンタウンブギウギバンドの同名曲カバー)
  • Grease サウンドトラック [1978] (シャ ナ ナの演奏6曲を収納)
  • Rockin’ In The 80’s [1980]
  • Silly Songs (1981)
  • Live in Long Island, N.Y. [1983] (非公式版)
  • The song WRESTLING TONIGHT (1985) 1983年公開の映画"Grunt!"で使用の曲。
  • Yeah, Yeah, Yeah [1985] 再編集版。 (カセット) 二曲の未収録曲を収録: Da Doo Ron Ron and Mr. Bass Man.
  • Rockin' And A Rollin' [1986] 再編集版 (CD) 未収録曲: My Prayerを収録。
  • Rock’n’Roll Concert & Party [1987] (VHS)
  • 34th & VINE (1990) [8曲]
  • Havin' An Oldies Party With Sha Na Na [1991] 再編集版。未収録曲; ビキニスタイルのお嬢さん を収録。
  • The Sha Na Na 25th Anniversary Collection [1993] (20曲収録。内8曲は1990年のアルバムに収録。)
  • Live in Concert (80年代後半から90年代前半) [199?] (CD一枚, 2カセット、またはDVD1枚)
  • 20 Classics Of Rock 'N' Roll (90年代中頃) (再編集版。カセット。以前にリリースされた数曲を含む。)
  • Rock ‘N’ Roll Dance Party (1996から20曲; 1998から16曲)
  • Then He Kissed Me (with Conny) [1999], 日本
  • Live in Japan (with Conny) [2000], ライブ盤。1999年11月日本での収録。
  • Rockin’ Christmas [2002] (2003年に再リリース。ジャケット変更と一曲追加。)
  • One More Saturday Night [2006]
  • Blue Moo: 17 Jukebox Hits From Way Back Never - オムニバス。(本とCD) シャ・ナ・ナによる曲(GORILLA SONG)を収録 [2008]
  • 40th Anniversary - Collector's Edition (少なくとも過去にリリースされていない曲6曲を含む) [2009]
  • Rockin' Christmas: The Classic Christmas Collection (新しいクリスマスソング6曲を含む) [2011]
  • Grease High School Hop - 25 Dance Songs Of The '50s & 60s (再編集版) (デジタルリリース) [2013]
  • Grease High School Hop KARAOKE - 50年代~60年代の曲10曲のカラオケ版 (デジタルリリース) [2013]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Danny McBride: Guitarist with rock'n' roll revivalists Sha Na Na”. The Independent. (2010年4月10日). http://www.independent.co.uk/news/obituaries/danny-mcbride-guitarist-with-rockn-roll-revivalists-sha-na-na-1773502.html?action=Popup 
  2. ^ Jay, Stanley. Avoiding Traps: Showing Youth the Path to Life’s Success (Bloomington, Indiana: iUniverse, 2009), p. 145.
  3. ^ ベースギター&ボーカルではなく低音を担当するVo
  4. ^ "The Nifty Fifties", Life Magazine, June 16, 1972 (stating Sha Na Na "more or less set off the '50s kick").
  5. ^ Woodstock Diaries”. 2013年12月22日閲覧。
  6. ^ Woodstock: 40 Years On: Back to Yasgur's Farm”. 2013年12月22日閲覧。