マリア・マルダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・マルダー
マリア・マルダー (1996年)}
マリア・マルダー (1996年)
基本情報
出生名 Maria Grazia Rosa Domenica D'Amato
出生 1943年9月12日(71歳)
米国ニューヨーク州
ジャンル R&Bブルースジャズフォークゴスペル
職業 シンガー
活動期間 1960年代 - 現在
レーベル リプリーズ・レコード
ブラックトップ・レコード
テラーク・インターナショナル
ストーニー・プレイン・レコード
共同作業者 ジェフ・マルダー
ジム・クウェスキン・ジャグ・バンド
公式サイト mariamuldaur.com

マリア・マルダー (Maria Muldaur, 1943年9月12日 - ) は、米国出身のシンガー1960年代より活躍し、ブルースジャズフォークなどアメリカのルーツ音楽を幅広く歌いこなしてきた。代表曲は、1973年のソロ・デビュー作収録の"Midnight at the Oasis" (「真夜中のオアシス」)。

来歴[編集]

マリア・マルダーは、1943年9月12日、ニューヨーク市のグリニッジ・ヴィレッジに生まれた。出生時の名前は、マリア・グラシア・ロサ・ドメニカ・ダマト。幼い頃からカントリー・ミュージックR&Bなど様々な音楽を聴いて育ったマリアは、1960年代にグリニッジ・ヴィレッジがフォーク音楽のメッカとなると、ジャム・セッションなどに参加するようになった。この頃、本名のマリア・ダマト名義でジョン・セバスチャンデイヴィッド・グリスマンステファン・グロスマンの在籍するイーヴン・ダズン・ジャグ・バンドに参加。1964年には、バンドのデビュー・アルバムがリリースされるものの、間もなくバンドは解散した。

続いてマリアはマサチューセッツ州ケンブリッジに拠点を移し、ジム・クウェスキン・ジャグ・バンドに参加する。ここでジェフ・マルダーと出会い結婚。1968年にバンドは解散するものの、二人は、ジェフ&マリア・マルダーとして活動を続けた。このデュオ名義では2枚のアルバムを発表している。

1972年、ジェフとマリアはデュオを解消し離婚する。ジェフは、ポール・バターフィールドとベター・デイズを結成。マリアは、ソロの道を歩んだ。翌1973年、マリアはソロ・デビュー作Maria Muldaurをリリースした。ここに収録された"Midnight at the Oasis" (「真夜中のオアシス」)は、ビルボードのポップ・チャートの6位という大ヒットを記録し、マリアの代表曲として知られるようになった。彼女のヴォーカルもさることながら、ギターのエイモス・ギャレットの個性的で自由奔放なプレイは、彼を名手として広く知らしめることとなった。

1974年には、セカンド・アルバムWaitress in a Donut Shopをリリース。イーヴン・ダズン時代からの彼女のレパートリーであった"I'm A Woman"や"It Ain't the Meat (It's the Motion)"を収録した同作は、ファーストと並び、彼女の代表作のひとつに数えられる。

1970年代末まで、リプリーズに在籍したマリアは、1980年代に入ると、インディ・レーベルより2枚のゴスペルのアルバムをリリースする。1984年には、ドクター・ジョンをゲストに迎え、ジャズとブルースのスタンダード集、Sweet and Slowをリリースした。

1990年代に入ると、マリアはニューオーリンズのブルース、R&B系レーベル、ブラックトップと契約。同レーベルから、ニューオーリンズとルイジアナ色を前面に押し出したLouisiana Love Callをリリースした。ブラックトップからもう1枚アルバムをリリースしたのち、カナダのストーニー・プレインからジャズ色を濃くしたJazzabelleをリリースした。

1996年Fanning the Flamesを始めとし、テラークからいくつかのアルバムをリリースしている。1999年Meet Me Where They Play the Bluesは、ブルース・ピアニスト、チャールズ・ブラウンとの共作となる予定であったが、彼の体調が悪化してしまう。チャールズは、病室でマリアとデュエットで"Gee Baby, Ain't I Good To You"1曲を吹き込み、アルバムに収録された。これは、チャールズの最後のレコーディングとなった。テラークからの作品としては、この他ペギー・リーのソングブックであるA Woman Alone with the Blues (2003年)、ボブ・ディランのソングブックHeart of Mine (2006年)などがある。

2001年、マリアはストーニー・プレインに戻り、アルバムRichland Woman Bluesをリリースする。これは、マリアが敬愛するメンフィス・ミニーら戦前ブルース・アーティスト達をカバーした作品で、ジョン・セバスチャン、タジ・マハールボニー・レイットら豪華ゲストを迎えてレコーディングされた。マリアは以後、Sweet Lovin' Ol' Soul (2005年)、Naughty, Bawdy, And Blue (2007年) と、同様に戦前ブルースをモチーフにしたコンセプト・アルバムを発表している。

ディスコグラフィー[編集]

イーヴン・ダズン・ジャグ・バンド[編集]

  • 1964年 Even Dozen Jug Band (Elektra)

ジム・クウェスキン・ジャグ・バンド[編集]

  • 1964年 Jug Band Music (Vangaurd)
  • 1964年 See Reverse Side for Title (Vanguard)
  • 1966年 The Best of Jim Kweskin & The Jug Band (Vanguard)
  • 1967年 Garden of Joy (Reprise)

ジェフ&マリア・マルダー[編集]

ソロ作[編集]

  • 1973年 Maria Muldaur (Reprise)
  • 1974年 Waitress in a Donut Shop (Reprise)
  • 1976年 Sweet Harmony (Reprise)
  • 1978年 Southern Winds (Reprise)
  • 1979年 Open Your Eyes (Reprise)
  • 1980年 Gospel Nights (Takoma)
  • 1982年 There Is A Love(Myrrh)
  • 1984年 Sweet and Slow (Tudor)
  • 1986年 Transblucency (Uptown)
  • 1987年 Live in London (Making Waves)
  • 1990年 On the Sunny Side (Music For Little People)
  • 1992年 Louisiana Love Call (Black Top)
  • 1994年 Meet Me at Midnite (Black Top)
  • 1994年 Jazzabelle (Stony Plain)
  • 1996年 Fanning the Flames (Telarc)
  • 1998年 Southland of the Heart (Telarc)
  • 1998年 Swingin' in the Rain (Music For Little People)
  • 1999年 Meet Me Where They Play the Blues (Telarc)
  • 2001年 Richland Woman Blues (Stony Plain)
  • 2002年 Animal Crackers in My Soup (Music For Little People)
  • 2003年 A Woman Alone with the Blues...Remembering Peggy Lee (Telarc)
  • 2004年 Sisters and Brothers (Telarc) ※エリック・ビブ、ロリー・ブロックとの共作
  • 2004年 Love Wants to Dance (Telarc)
  • 2005年 Sweet Lovin' Ol' Soul (Stony Plain)
  • 2006年 Heart of Mine: Maria Muldaur Sings Love Songs of Bob Dylan (Telarc)
  • 2007年 Naughty, Bawdy, And Blue (Stony Plain)
  • 2008年 Yes We Can! (Telarc)
  • 2009年 Maria Muldaur & Her Garden of Joy (Stony Plain)
  • 2010年 Barnyard Dance: Jug Band Music for Kids (Music For Little People)

外部リンク[編集]