ソロモン・バーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソロモン・バーク
Solomon Burke.jpg
基本情報
別名 キング・オブ・ロック・アンド・ソウル
出生 1940年3月21日[1][2][3]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州フィラデルフィア
死没 2010年10月10日(満70歳没)
ジャンル R&Bソウルブルースゴスペル
職業 歌手説教者俳優
活動期間 1955年 - 2010年
レーベル アポロ・レコード
アトランティック・レコード
チェス・レコード
ブラックトップ・レコード
ファット・ポッサム・レコード
アンタイ・レコード
Shout! Factory
E1ミュージック
公式サイト www.thekingsolomonburke.com

{{{Influences}}}

ソロモン・バーク(Solomon Burke、1940年3月21日[1][2][3] - 2010年10月10日)は、アメリカ合衆国歌手。主にR&B/ソウルゴスペルの分野で活動し、ミック・ジャガーヴァン・モリソン等のロック・ミュージシャンにも大きな影響を与えた。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第89位[4]

来歴[編集]

1940年代〜1990年代[編集]

ペンシルベニア州フィラデルフィア出身。7歳の頃、教会で初めて説教を行い[5]、まだティーンエイジャーになる前に、自分のラジオ番組を持ってゴスペルを歌っていた[1]1955年以降は、アポロ・レコードから何枚かのレコードを発表[5]

1960年アトランティック・レコードと契約。1961年には、「ジャスト・アウト・オブ・リーチ」が『ビルボード』誌のポップ・チャートで24位、R&Bチャートで7位に達し、初の全国的ヒット曲となった[6]。バークのヒット曲「ダウン・イン・ザ・ヴァレー」(1962年)はオーティス・レディングにカヴァーされ、「クライ・トゥ・ミー」(1962年)や「エヴリバディ・ニーズ・サムバディ・トゥ・ラヴ」(1964年)はローリング・ストーンズにカヴァーされた。「ゲット・ユー・オフ・マイ・マインド」(1965年)は、バークにとって初のR&Bチャート1位獲得シングルとなり、ポップ・チャートでも22位に達した[6]

1968年には、アーサー・コンリードン・コヴェイベン・E・キングジョー・テックスと共にソウル・クランというユニットを結成し、シングル「Soul Meeting」をリリース。同作はR&Bチャートで34位に達した[7]

1969年にはクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルのカヴァー「プラウド・メアリー」をヒットさせるが、1970年代になるとヒット曲に恵まれなくなる。しかし、バークはその後も精力的な活動を続ける。1981年、ニューヨークでソウル・クランの再結成公演が行われるが、この時はアーサー・コンリーの都合がつかなかったため、代役としてウィルソン・ピケットが参加した[8]

1986年には映画『The Big Easy』で俳優デビューを果たした[9]。また、映画『ダーティ・ダンシング』(1987年)のサウンドトラックでは、バークのヒット曲「クライ・トゥ・ミー」が使用された[10]

2000年代以降[編集]

2000年公開の映画『アンブレイカブル』のサウンドトラックで、バークのヒット曲「ジャスト・アウト・オブ・リーチ」が使用された[11]2001年、バークはロックの殿堂入りを果たし、その授賞式ではメアリー・J. ブライジがプレゼンターを務め[7]キース・リチャーズとバークの共演による「エヴリバディ・ニーズ・サムバディ・トゥ・ラヴ」が披露された[12]

2002年発表の『ドント・ギヴ・アップ・オン・ミー』は、バークを敬愛するミュージシャンが新たに書き下ろした楽曲を集めたアルバムで、ヴァン・モリソントム・ウェイツブライアン・ウィルソンボブ・ディランニック・ロウ等が新曲を提供した。同作は、グラミー賞最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム部門を受賞し、バークは初のグラミー受賞を果たす[6]。また、デレク・トラックス・バンドの『ジョイフル・ノイズ』(2002年)にもゲスト参加した。2002年11月4日には、バークはローリング・ストーンズのロサンゼルス公演にゲスト参加し、「エヴリバディ・ニーズ・サムバディ・トゥ・ラヴ」を共演。この模様は、アルバム『ライヴ・リックス』(2004年)に収録された。

2003年ジャンキーXLのアルバム『ラジオJXL〜ア・ブロードキャスト・フロム・ザ・コンピューター・ヘル・キャビン』からの先行シングル「キャッチ・アップ・トゥ・マイ・ステップ」に、フィーチャリング・アーティストとして参加。2004年ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500で、バークの「エヴリバディ・ニーズ・サムバディ・トゥ・ラヴ」が429位に選出された[13]

2005年のアルバム『メイク・ドゥー・ウィズ・ワッチュー・ガット』は、ヴァン・モリソンやドクター・ジョンが書き下ろした新曲や、ボブ・ディラン、ザ・バンド、ローリング・ストーンズのカヴァー等を収録。続く『ナッシュビル〜キング・ソロモン・シングス・リズム&カントリー』(2006年)ではカントリーに挑戦した。2008年のアルバム『ライク・ア・ファイア』は、スティーヴ・ジョーダンがプロデュースを担当し、エリック・クラプトンが2曲を提供。

2010年5月の第24回ジャパン・ブルース&ソウル・カーニバルで初の日本公演を行った。

2010年10月、公演が予定されていたオランダスキポール空港で急逝した[14][15]。地元放送局のNOSによると、ソロモンはロサンジェルスからの便に乗っており、スキポール空港に到着したあと、機内で死亡しているのが発見されたという。死因については、ソロモン・バークのオフィシャルサイトで10日、親族が「自然死」と説明した。[16]

ディスコグラフィ[編集]

  • You Can Run But You Can't Hide(1958年)
  • Solomon Burke(1962年)
  • ロックン・ソウル - Rock 'n' Soul(1964年)
  • The Rest of Solomon Burke(1965年)
  • アイ・ウィッシュ・アイ・ニュー - I Wish I Knew(1968年)
  • キング・ソロモン - King Solomon(1968年)
  • プラウド・メアリー - Proud Mary(1969年)
  • King Heavy(1972年)
  • Cool Breeze(1972年、サウンドトラック)
  • Electronic Magnetism(1972年)
  • I Have a Dream(1974年)
  • Back to My Roots(1975年)
  • Music to Make Love By(1975年)
  • Sidewalks, Fences & Walls(1979年)
  • Lord We Need a Miracle(1979年)
  • Get Up and Do Something(1979年)
  • King of Rock 'n' Soul(1981年)
  • Take Me, Shake Me(1983年)
  • Soul Alive!(1984年)
  • A Change is Gonna Come(1986年)
  • Into My Life You Came(1990年)
  • This is His(1990年)
  • Homeland(1990年)
  • ソウル・オブ・ザ・ブルース - Soul of the Blues(1993年)
  • ライヴ・アット・ザ・ハウス・オブ・ブルース - Live at House of Blues(1994年)
  • Definition of Soul(1997年)
  • We Need a Miracle(1998年)
  • Not by Water But Fire This Time(1999年)
  • Soulman(2002 年)
  • ドント・ギヴ・アップ・オン・ミー - Don't Give Up on Me(2002年)
  • The Incredible Solomon Burke at His Best(2002年)
  • The Apollo Album(2003年)
  • メイク・ドゥー・ウィズ・ワッチュー・ガット - Make Do With What You Got(2005年)
  • ナッシュビル〜キング・ソロモン・シングス・リズム&カントリー - Nashville(2006年)
  • ライク・ア・ファイア - Like a Fire(2008年)
  • Nothing's Impossible(2010年)
  • Hold on Tight(Solomon Burke & De Dijk名義)(2011年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c CD『The Platinum Collection Solomon Burke』(Rhino 8122-79995-3)英文ライナーノーツ
  2. ^ a b allmusic(((Solomon Burke > Biography)))
  3. ^ a b Solomon Burke | The Rock and Roll Hall of Fame and Museum - 2014年1月24日閲覧
  4. ^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: Solomon Burke”. 2013年5月26日閲覧。
  5. ^ a b Solomon Burke Biography | The Rock and Roll Hall of Fame and Museum - 2014年1月24日閲覧
  6. ^ a b c allmusic(((Solomon Burke > Awards )))
  7. ^ a b Solomon Burke | The Rock and Roll Hall of Fame and Museum - Timeline - 2014年1月24日閲覧
  8. ^ Allmusic (((The Soul Clan > Biography)))
  9. ^ Solomon Burke(IMDb.com)
  10. ^ Dirty Dancing (1987)-Soundtracks-(IMDb.com)
  11. ^ Unbreakable (2000) -Soundtracks-(IMDb.com)
  12. ^ 『メイク・ドゥー・ウィズ・ワッチュー・ガット』日本盤CD(EICP 497)ライナーノーツ(越谷政義、2005年2月)
  13. ^ The RS 500 Greatest Songs of All Time: Rolling Stone
  14. ^ Soul legend Solomon Burke has died Music News 2010-10-10
  15. ^ ソウル界の重鎮、‘キング・ソロモン’急死
  16. ^ [1]

外部リンク[編集]