ダーク・ホース (ジョージ・ハリスンのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダーク・ホース
ジョージ・ハリスンスタジオ・アルバム
リリース 1974年 11月20日
録音 1973年11月/1974年9月-10月
ジャンル ロック
時間 41分20秒
レーベル Apple (UK&US)/アップル/東芝EMI(現:EMIミュージック・ジャパン)(JPN)
プロデュース ジョージ・ハリスン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 4位(アメリカ)
ジョージ・ハリスン 年表
リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド
(1973年)
ダーク・ホース
(1974年)
ジョージ・ハリスン帝国
(1975年)
テンプレートを表示

ダーク・ホース』(Dark Horse)は、1974年11月20日に発表されたジョージ・ハリスンオリジナル・アルバムである。日本では翌年2月5日に東芝EMI(現:EMIミュージック・ジャパン)からリリースされた。全米4位。

解説[編集]

  • 本作は、ソロとしては最初で最後のアメリカ・ツアーに合わせて発表される予定だったが、アルバムの完成が遅れ、アメリカではツアー終了直前に発売された。「ハリズ・オン・トゥアー」「マヤ・ラヴ」「ダーク・ホース」はツアーでも演奏されている。このツアーではジョン・レノンも観客として訪れた。
  • 「マヤ・ラヴ」「ダーク・ホース」「ファー・イースト・マン」「イット・イズ・ヒー (ジェイ・スリ・クリシュナ)」のレコーディングに参加したビリー・プレストンは、アメリカ・ツアーにも帯同。自分のヒット曲“Will It Go Round In Circles”、“Nothing From Nothing”、“Outta Space”も演奏させてもらえるという好待遇であった。
  • アルバム・タイトルは、A&Mを配給元としたジョージの新レーベルの名前でもある。しかし、EMIとの契約が満了していなかったため、本作と『ジョージ・ハリスン帝国』は、引き続きEMI/アップルから発売された。
  • 多忙なスケジュールや私生活上でのトラブルがあったためか、このアルバムでのジョージの声は荒れてしゃがれており、他のアルバムと比べても別人のようである。
  • 本作の完成前に妻パティと別居する(法的な離婚は1977年)が、オリヴィア・トリニダード・アライアス(後に2人目の妻となる)と出会う。
  • 「バイ・バイ・ラヴ」はエヴァリー・ブラザーズのカヴァー。パティと別れた悲しみを反映して取り上げたと言われている。
  • 「ダーク・ホース」は先行シングルとして発表。また、1991年の来日公演でも演奏された。
  • 「ファー・イースト・マン」は、共作者のロン・ウッドのアルバム『I've Got My Own Album To Do』(1974年)にも収録された。両テイクとも、ドラマーはアンディ・ニューマーク。ロンは「ディン・ドン」のレコーディングにも参加。
  • アメリカでは、『ビルボード』誌アルバム・チャートで最高位4位、『キャッシュボックス』誌でも、最高位第4位を記録し、1975年度年間ランキングで69位を記録。イギリスではチャート・インを果たせなかった。

収録曲[編集]

特記なき楽曲はジョージ・ハリスンが作詞・作曲。

Side A
  1. ハリズ・オン・トゥアー - Hari's On Tour (Express) (4:44)
  2. シンプリー・シェイディ - Simply Shady (4:38)
  3. ソー・サッド - So Sad (5:00)
  4. バイ・バイ・ラヴ - Bye Bye Love (4:08)
    (Composed by Felice Bryant/Boudleaux Bryant)
  5. マヤ・ラヴ - Maya Love (4:24)
Side B
  1. ディン・ドン - Ding Dong, Ding Dong (3:40)
  2. ダーク・ホース - Dark Horse (3:54)
  3. ファー・イースト・マン - Far East Man (5:52)
    (Composed by George Harrison/Ron Wood)
  4. イット・イズ・ヒー(ジェイ・スリ・クリシュナ) - It Is "He" (Jai Sri Krishna) (4:50)

演奏者[編集]

外部リンク[編集]