ミック・ジョーンズ (フォリナー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミック・ジョーンズ
ミック・ジョーンズ(フォリナーのライヴにて)}
ミック・ジョーンズ(フォリナーのライヴにて)
基本情報
出生名 Michael Leslie Jones
出生 1944年12月27日
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル ハードロック
職業 ギタリストソングライター音楽プロデューサー
担当楽器 ギターキーボードボーカル
活動期間 1960年代 -
レーベル アトランティック・レコード
共同作業者 スプーキー・トゥース
フォリナー

ミック・ジョーンズ(Mick Jones、1944年12月27日 - )は、イギリスロックバンドフォリナーギタリスト。本名マイケル・レスリー・ジョーンズ。同じイギリスのギタリスト、ザ・クラッシュミック・ジョーンズとは別人(本名のミドルネームが異なる)。

来歴[編集]

ロンドン出身[1][2]。1960年代より音楽活動を開始し、1964年にはパリシルヴィ・ヴァルタンと共演したこともある[3]

1970年、元スプーキー・トゥースゲイリー・ライトと共に、Wonderwheelを結成[1]1972年には、ピーター・フランプトンと共演。スプーキー・トゥースが、1973年に活動を再開すると、ミックも同バンドに加入し、3枚のアルバムに参加。演奏のみならず、プロデュース面でも重要な役割を果たし、また、一部楽曲のソングライティングにも関与した。この頃、ジョージ・ハリスンダーク・ホース』(1974年)収録曲「ディン・ドン」のレコーディングにも、ゲイリー・ライトと共に参加[4]

スプーキー・トゥース解散後、ミックはアメリカに渡り、1976年ルー・グラムイアン・マクドナルド等と共にフォリナーを結成。同時期にレスリー・ウェスト(元マウンテン)のアルバム『The Leslie West Band』(1976年)にも参加[5]1977年には、フォリナーとしてのファースト・アルバム『栄光の旅立ち』を発表し、全米4位になり、以後も多くのヒット曲を発表。1970年代末期以降、フォリナーはメンバー・チェンジが相次ぐが、ミックはフォリナーの看板を守り続ける。また、1980年代中期以降、他アーティストの作品に音楽プロデューサーとして関わる。

1989年、初のソロ・アルバム『ミック・ジョーンズ』発表。同作は、カーリー・サイモンビリー・ジョエルジョー・リン・ターナーイアン・ハンターなど、多彩なゲストを迎えて制作された。また、エリック・クラプトンのヒット曲「バッド・ラヴ」(1989年のアルバム『ジャーニーマン』収録)は、エリックとミックの共作。

ディスコグラフィ[編集]

スプーキー・トゥース[編集]

  • You Broke My Heart, So I Busted Your Jaw(1973年)
  • Witness(1973年)
  • The Mirror(1974年)

フォリナー[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • Mick Jones(1989年)

プロデュース作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]