アイザック・ヘイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイザック・ヘイズ
アイザック・ヘイズ(1973年10月、シカゴにて)
アイザック・ヘイズ(1973年10月、シカゴにて)
基本情報
出生名 アイザック・リー・ヘイズ・ジュニア
出生 1942年8月20日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テネシー州コヴィントン
死没 2008年8月10日(満65歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テネシー州 メンフィス[1]
ジャンル R&Bファンク
職業 シンガーソングライター作曲家音楽プロデューサー俳優
担当楽器 ボーカルピアノキーボードサックス
活動期間 1962年 - 2008年
レーベル エンタープライズ/スタックス・レコード
ABCレコード
コロムビア・レコード
ポイントブランク
共同作業者 デイヴィッド・ポーター
ブッカー・T&ザ・MG's
バーケイズ
公式サイト www.isaachayes.com

{{{Influences}}}

アイザック・リー・ヘイズ・ジュニア(Isaac Lee Hayes, Jr.、1942年8月20日 - 2008年8月10日)は、アメリカ合衆国テネシー州出身のミュージシャン俳優

1960年代において、スタックス・レコードにてパートナーのデイヴィッド・ポーターと数々の楽曲を提供・プロデュースし、サザン・ソウルの発展に寄与した。2005年にはポーターと共にソングライターの殿堂入りした。

1971年に公開した映画『黒いジャガー』(原題:Shaft)の音楽制作に関わり、テーマ曲がヒットし、アカデミー歌曲賞グラミー賞 映画・テレビサウンドトラック部門ゴールデングローブ賞 作曲賞を受賞した。

2002年にはロックの殿堂入りを果たしている。

また、俳優としても活動しており、いくつもの映画にも参加。1997年から2005年にかけて、アニメ番組『サウスパーク』で声優を務める。

来歴[編集]

初期[編集]

1942年にテネシー州のコンヴィトンにて、アイザック・シニアとユーラの元に2番目の子として生まれるが、後に両親は亡くなり、祖父母の元で育つ[2]

彼は高校を中退したが、以前の教師の励ましにより、21歳の時マナサス高校の卒業証書をもらうことになった。音楽のキャリアとしては地元の教会にて5歳の時より歌い始め[3]、間も無く、自己流にてピアノハモンド・オルガンフルートサックスも学ぶようになった。その後メンフィスに移る。

スタックスと黒いジャガー[編集]

1962年に本格的に音楽活動を開始。メンフィスを拠点に1960年代中期よりスタックス・レコードでスタジオ・ミュージシャンとして活動し、オーティス・レディングウィルソン・ピケット等と共演。ソングライターデイヴィッド・ポーターと共に"You Don't Know Like I Know"、"Soul Man"、"When Something Is Wrong with My Baby"や"Hold on I'm Comin'"(全米21位、R&Bチャート1位)といった楽曲をサム&デイヴに提供し、ポーターやスタックスのスタジオバンド、ブッカー・T&ザ・MG'sとサム&デイヴ、カーラ・トーマスや他のスタックスのミュージシャンをプロデュースし、スタックスに名声を寄与していった。

1968年にデビュー作Presenting Isaac Hayesをリリースしたが、商業的には成功しなかった。[4]次作Hot Buttered Soulは1969年にリリースし、ヒットする。トリプル・プラチナ・ディスクに輝いた。スタックスは1967年にアトランティックより独立して間もない時期であり、版権も殆どアトランティックに渡っていた。加えて、同じ年に稼ぎ頭のオーティス・レディングが航空機事故で亡くなり、スタックスが危機的な状態でのヒットであった。結果として、スタックスの副社長のアル・ベルは27枚の新しいアルバムを1969年内に完成するように求め、Hot Buttered Soulがそれらの中で最も成功した。[4]

1971年、映画『黒いジャガー』の音楽を制作。サウンドトラック・アルバムは全米1位・全英17位に達し、グラミー賞 映画・テレビサウンドトラック部門ゴールデングローブ賞 作曲賞を受賞。テーマ曲"Theme from Shaft"は全米1位を獲得し、アカデミー歌曲賞グラミー賞のインストゥルメンタル・アレンジ部門を受賞。また、1971年発表のオリジナル・アルバムBlack Mosesも、全米10位の成功を収め、グラミー賞のポップ・インストゥルメンタル部門を受賞[5]

俳優業[編集]

1974年には『Tough Guys』『Truck Turner』といった映画に出演し、以後、俳優としても活動。1977年ディオンヌ・ワーウィックとの共演盤『A Man and a Woman』を発表。

1997年、アニメ番組『サウスパーク』で、シェフ(Chef)というキャラクターの声優を務める。当初は単発のゲストとして出演したが、視聴者から好評だったためレギュラーとなった[6]。しかし、同番組のエピソードの中で、アイザックが信奉しているサイエントロジーがネタにされていたため、2005年末をもってアイザックは番組を降りる。2006年、アイザックはこの件に関し、「信仰というものは人々にとって神聖なものであり、常に敬意を払われるべきだ。40年に渡って市民運動をしてきた者として、人の信仰や習慣に敬意を払わないショウに協力することはできない」とコメントした[6]

急逝[編集]

2008年8月10日、アイザックはメンフィスの自宅のベッドルームに置かれているランニング・マシーンでエクササイズ中に倒れた。午後1時ごろ、外出先から帰宅した家族に発見され、病院へ緊急搬送されたが、そこで死亡が確認された。後に死因は脳梗塞であることが発表された。65歳であった。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • Presenting Isaac Hayes (1967年)
  • Hot Buttered Soul (1969年)
  • The Isaac Hayes Movement (1970年)
  • ...To Be Continued (1970年)
  • Black Moses (1971年)
  • Joy (1973年)
  • Chocolate Chip (1975年)
  • Disco Connection (1975年)
  • Groove-A-Thon (1976年)
  • Juicy Fruit (1976年)
  • New Horizon (1977年)
  • A Man and a Woman ( 1977年) - ディオンヌ・ワーウィックとの連名
  • For the Sake of Love (1977年)
  • Don't Let Go (1979年)
  • And Once Again (1980年)
  • Lifetime Thing (1981年)
  • U-Turn (1986年)
  • Love Attack (1988年)
  • Raw and Refined (1995年)
  • Branded (1995年)

ライヴ・アルバム[編集]

  • Live at the Sahara Tahoe (1973年)

サウンドトラック[編集]

  • 黒いジャガー - Shaft (1971年)
  • Tough Guys (1974年)
  • Truck Turner (1974年)

出演映画[編集]

  • ワッツタックス/スタックス・コンサート - Wattstax (1973年)- 本人役
  • Truck Turner (1974年)
  • Tough Guys (1974年)
  • It Seems Like a Good Idea at the Time (1976年)
  • ニューヨーク1997 - Escape from New York (1981年)
  • メイス - Dead Aim (1987年)
  • ゴールデン・ヒーロー 最後の聖戦 - I'm Gonna Git You Sucka (1988年)
  • Fire, Ice and Dynamite (1990年)
  • CB4 (1993年)
  • 黒豹のバラード - Posse (1993年)
  • ロビン・フッド/キング・オブ・タイツ - Robin Hood: Men in Tights (1993年)
  • Oblivion (1994年)
  • あなたに降る夢 - It Could Happen to You (1994年)
  • Once Upon a Time...When We Were Colored (1995年)
  • Oblivion 2: Backlash (1996年)
  • イル・タウン - Illtown (1996年)
  • フリッパー - Flipper (1996年)
  • ザ・スカウト/謝肉祭の日 - Uncle Sam (1997年)
  • ハード・デイズ - Six Ways to Sunday (1997年)
  • ブルース・ブラザーズ2000 - Blues Brothers 2000 (1998年)
  • Ninth Street (1999年)
  • サウスパーク/無修正映画版 - South Park: Bigger, Longer & Uncut (1999年)- 声優として出演
  • シャフト - Shaft (2000年)
  • レインディア・ゲーム - Reindeer Games (2000年)
  • ドクター・ドリトル2 - Dr. Dolittle 2 (2001年)- 声優として出演
  • ソウル・サヴァイヴァー - Only the Strong Survive (2002年)- 本人役
  • エンド・オブ・アース 人類最終戦争 - Dream Warrior (2003年)
  • ハッスル&フロウ - Hustle & Flow (2005年)
  • Soul Men(2008年)- 本人役
  • 雷神-RAIJIN- - Kill Switch (2008年)
  • Return to Sleepaway Camp (2008年)

ノミネーションと受賞歴[編集]

太字が受賞

Year Award Category Film, album, or song
1972 Academy Award Best Music, Original Dramatic Score Shaft
Best Music, Original Song (For the song "Theme from Shaft") Shaft
1972 BAFTA Award Anthony Asquith Award for Film Music Shaft
1998 BMI Film & TV Award BMI TV Music Award Soul Man (Shared with David Porter)
1972 Golden Globe Award Best Original Song (For the song "Theme from Shaft") Shaft
Best Original Score Shaft
1972 Grammy Award[7] Best Instrumental Arrangement (For the song "Theme from Shaft", arranged with Johnny Allen) Shaft
Best Original Score Written for a Motion Picture or a Television Special Shaft
1973 Best Pop Instrumental Performance By An Arranger, Composer, Orchestra and/or Choral Leader Black Moses
1999 NAACP Image Award Outstanding Lead Actor in a Comedy Series South Park
2006 Screen Actors Guild Award Outstanding Performance by a Cast in a Motion Picture Hustle & Flow (Shared with cast)

脚注[編集]

外部リンク[編集]