隠しトラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

隠しトラック(かくしトラック)は、音楽作品を収録したメディアにおいて、クレジットされていないボーナス・トラックである。「隠し曲」「シークレット・トラック(Secret Track)」「ヒドゥン・トラック(Hidden Track)」とも呼ばれる。パーソナルコンピュータでアクセスできるようになって以後はイースター・エッグの一種でもある。

概説[編集]

購買者やファンに向けてのサプライズやサービスといった目的で製作される。発売前に「ボーナストラック収録」などと銘打って発売されることもあれば、告知も一切せずに作品を聴いて初めて発覚するといったこともある。

音楽トラック以外にも、ジャケット等に明記なくデータトラックが存在し、特典映像や壁紙が記録されているものも存在する。また、一部ゲームソフトにはゲームソフトのデータが記録されている領域とは別にオーディオトラックが存在し、ゲーム機以外での再生に対する警告メッセージなどが記録されている場合があり、これも隠しトラックと呼ばれる場合がある。

隠し方[編集]

主に2種類の隠し方がある。最終曲の後ろに収録する方法と、1曲目の前に収録する方法である。

最終曲の後ろに収録する方法には、最終曲の後ろに新たなトラックを作る方法と、数十秒~数分の無音部分を入れその後に収録する方法がある。前者の場合無音トラックを数トラック挟むこともある。稀に、最終曲ではない曲の後ろに数十秒~数分の無音部分を入れその後に収録した作品もある。

1曲目以前に曲を収録するにはギャップを用いる。ギャップは「曲間」とも言い、次の曲が続けて再生されない様、数秒の「空き」を情報としてCDに書き込んだものである。よって、前の曲とのつながりが問題にならない1曲目に関しては、通常はギャップを入れる必要がないため、普通に再生しただけではCDプレーヤーが読み取る事をせず、曲が「隠せる」のである。 また、この収録方法に関しては、ボーナストラックに対して「マイナストラック」と呼ばれることもある。

ギャップを用いて1曲目以前に曲を隠した場合、その曲は頭出しができず、1曲目を再生直後に「巻戻し」ボタンを押すと再生できる。しかし、一部のCDプレーヤーでは1曲目の先頭より前には巻き戻す事ができないため、その様な機種では再生できない。また、ギャップを利用した隠し曲は、Windows Media PlayeriTunesなどの一般的な音楽ソフトウェアではパソコンに取り込む事ができない。但し、Exact Audio Copyなど一部のソフトウェアを用いればWAVファイルとして取り込む事もできる。Exact Audio Copyは隠しトラックの書き込みにも対応している。

隠しトラックの曲名[編集]

ジャケットや歌詞カードには通常は隠しトラック曲の曲名や歌詞は掲載されないため、曲名がいまだ不明である隠しトラックの曲はいくつか存在する。しかし日本のメジャーアーティストの場合、CDに収録された曲は必ず日本レコード協会及び楽曲管理会社へ正式な曲名を申請しなくてはいけないため、アーティストが公表する・しないに関わらず隠しトラックの曲にも必ず曲名が存在する

関連項目[編集]