カイアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カイアス
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州パームデザート
ジャンル ストーナーロック
ヘヴィメタル
デザートロック
活動期間 1989年1995年
レーベル Dali, Elektra, Bong Load, Man's Ruin
共同作業者 Queens of the Stone Age, Slo Burn, Unida, Hermano, Yawning Man, Mondo Generator, Brant Bjork and the Bros, Eagles of Death Metal, Fu Manchu

カイアスKyuss)は、アメリカ合衆国ストーナーロックバンド。1980年代後半よりストーナーロック/デザートロックと呼ばれる音楽シーンの中心的存在として活動し、1995年に解散するまで4枚のアルバムを発表した。解散後はギタリストのジョシュ・オムクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジを結成したのをはじめ、各メンバーがストナーロックあるいはその延長線上にあるジャンルの音楽を追求している。

2010年秋に再結成の動きがあったが、一部のメンバーの了解を得ていないものであったため、法的な理由から活動が差し止められた。

来歴[編集]

前史[編集]

1987年に前身バンドのKatzenjammer[1]が結成される。1989年にバンド名をSons of Kyussに変更し[2]、翌1990年に自主制作の形でデビューEP『Sons of Kyuss』をリリース。ほどなくして脱退したクリス・コックレルに代わってニック・オリヴェリがベーシストになり、Kyussと名乗るようになる。

Kyuss[編集]

ボーカリストにジョン・ガルシア、ギタリストにジョシュ・オム、ドラマーにブラント・ビョーク、そしてベーシストにニック・オリヴェリというメンバー構成で、カイアスは地元を中心に演奏活動を行う。彼らが根拠地としたカリフォルニア州パームデザート周辺にはライブハウスがなかったため、バンドは砂漠に設けられたパーティ会場でガソリン駆動式の発電機にアンプをつないでプレイしていた。

1991年、Dali Recordsから1stアルバム『Wretch』をリリース。同作には1stEP『Sons of Kyuss』の曲も再演の上で収録された。資金不足の中で制作されたこのアルバムは、売り上げこそ伸び悩んだが、ライブではそれなりの人気を得ることが出来た。また、ギタリストのジョシュはさらに重くサイケデリックな音作りのためにダウンチューニング、さらにはベースアンプでギターをプレイするなどの試行錯誤を始めた。

1992年にはクリス・ゴスのプロデュースの下で、2ndアルバム『Blues for the Red Sun』を同年6月にリリースする。同作は発表後より高い評価を受け、現在ではストーナーロックの原点と言われている。1993年の終わりにはメタリカオーストラリアツアーのオープニング・アクトに選ばれるなど上向き傾向にあったが、『Blues for the Red Sun』のツアーの前にオリヴェリが脱退。代わって元The Obsessedのスコット・リーダーが加入した。

その後、バンドは新たにエレクトラ・レコードと契約を交わし(Dali Recordsとは離別)、1994年に3rdアルバム『Welcome to Sky Valley』をリリースする。このアルバムではこれまで以上にサイケデリックな面を押し出し、音楽性こそ変わらないものの、全曲が3部構成からなる10分以上の曲で制作されるという大胆なもので、現在でも前作に続きストーナーロックの名盤とされている。しかしリリース後にそれまでバンドの核を担っていたドラマーのブラントが個人的な問題により脱退。後任にはアルフレッド・ヘルナンデスが迎えられた。

1995年には、4thアルバム『...And the Circus Leaves Town』をリリースするも前作、前々作ほどの支持を集めることはできなかった。同年秋にバンドは解散を決意。1996年に公式に解散が発表された。

解散後[編集]

ジョシュ・オムは自らが中心となってクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジを結成。1stアルバムにはヘルナンデスが、2ndおよび3rdアルバムにはオリヴェリも参加している。

また、ジョン・ガルシアはSlo BurnでEPを1枚、UnidaHermanoでそれぞれ2枚ずつアルバムを発表した。

ブラント・ビョークは1997年から2002年までフーマンチューでドラムを担当した後、2003年より楽器をギターに持ち替えてソロ活動を開始。スコット・リーダーはSunn O)))やオレンジ・ゴブリンのレコーディングに参加したほか、2003年には当時ベーシストを募集していたメタリカのオーディションを受けている。

再結成騒動[編集]

2010年11月、ジョン・ガルシア、ニック・オリヴェリ、ブラント・ビョークのオリジナル・メンバー3人に新ギタリストのブルーノ・フィーヴリーを加えたラインナップで再結成ツアーを行うことが発表された[3]。活動上の名義はKyuss Lives!で、ジョシュ・オムは不参加。ツアー後には新しいアルバムの制作も予定されていると報じられた[4]。翌2011年にはオセアニア、ヨーロッパ、アメリカをツアーし、アメリカ国外の公演では元ベーシストのスコット・リーダーも参加した。

しかし、2012年3月、元メンバーのジョシュ・オムとスコット・リーダーが「バンドに関する権利の不正使用」でジョン・ガルシアとブラント・ビョークを提訴。その翌月、ニック・オリヴェリはKyuss Lives!から脱退。同年11月にジョン・ガルシアとブラント・ビョークはVista Chinoに名義を改めて活動を継続することになった。

メンバー[編集]

時期 発表作品 担当楽器 備考
ボーカル リードギター リズムギター ベース ドラム
1987–1989 ジョン・ガルシア ジョシュ・オム ニック・オリヴェリ クリス・コックレル ブラント・ビョーク "Katzenjammer"時代
1989–1990 Sons of Kyuss EP ジョシュ・オム "Sons of Kyuss"時代
1991–1992 Wretch , Blues for the Red Sun ニック・オリヴェリ デビュー時のメンバー構成
1992–1993 Welcome to Sky Valley スコット・リーダー
1994–1995 ...And the Circus Leaves Town アルフレッド・ヘルナンデス 解散時のメンバー構成

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

発売日 タイトル レーベル
1990年 4月19日  Sons of Kyuss Black Highway
1991年 9月23日 Wretch Dali Records
1992年 6月30日 Blues for the Red Sun Dali Records
1994年 6月28日 ウェルカム・トゥ・スカイ・バレー エレクトラ・レコード
1995年 7月11日 ...And the Circus Leaves Town エレクトラ・レコード

脚注[編集]

関連項目[編集]