ジーン・クラーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジーン・クラークGene Clark, 1944年11月17日 - 1991年5月24日)は、アメリカミュージシャン

経歴[編集]

バーズディラード&クラークなどでの活躍をはじめとした、そのシンガー・ソング・ライター的な作風と朴訥でありながら哀愁の漂うボーカルで人気を得た。

ニュー・クリスティ・ミンストレルズを経て、1964年ロジャー・マッギンデヴィッド・クロスビーらとともにバーズを結成。「ミスター・タンブリンマン」(ボブ・ディラン作)、「すっきりしたぜ」(クラーク作)などのヒットにより、スターダムにのし上がるが、1966年にバーズを脱退。原因は、飛行機恐怖症とも、自作曲の印税によるメンバーとの収入格差のトラブルともいわれる。バーズ初期のオリジナル曲のほとんどが、彼の作品によるものであった。

 脱退直後の67年には「ジーン・クラーク・ウィズ・ゴスディン・ブラザーズ」名義でアルバムをリリース。その後、ディラード&クラークとしての活動やソロ活動などで、数多くの佳曲を生み出すもヒットチャートからは離れた活動となった。中でも、ジェシ・エド・デイヴィスのプロデュースによるソロアルバム「ジーン・クラーク(通称「ホワイト・ライト」)」は、名盤との評価が高い。

1991年心臓疾患の為、死去。死後もさまざまな未発表曲の編集版やトリビュートアルバム「Full Circle」(2000年)がリリースされるなど、地味ながらも多くのファンに支持されている。

ディスコグラフィー[編集]

  • Mr. Tambourine Man (1965年) - The Byrds
  • Turn! Turn! Turn! (1965年) - The Byrds
  • Gene Clark With The Gosdin Brothers (1967年) - Gene Clark with Gosdin Brothers
  • The Fantastic Expedition Of Dillard & Clark (1968年) - The Dillard & Clark Expedition
  • Through The Morning, Through The Night (1969年) - Dillard & Clark
  • Gene Clark(White Light) (1971年) - Solo
  • Road Master (1973年) - Solo
  • Byrds (1973年) - The Byrds
  • No Other (1974年) - Solo
  • Two Sides To Every Story (1977年) - Solo
  • McGuinn, Clark & Hillman (1979年) - McGuinn, Clark & Hillman
  • City (1980年) - McGuinn & Hillman
  • Firebyrd (1984年) - Solo
  • So Rebellious A Lover (1987年) - Gene Clark & Carla Olson
  • Silhouette In Light (1992年) - Gene Clark & Carla Olson