ジョージ・クリントン (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・クリントン
George Clinton performing in 2007}
George Clinton performing in 2007
基本情報
出生名 ジョージ・クリントン
出生 1941年7月22日(73歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ノース・カロライナ州 カナポリス
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュー・ジャージー州 プレインフィールド
ジャンル ファンクサイケデリック・ロックサイケデリック・ソウルファンク・ロック
職業 シンガー・ソングライタープロデューサー
担当楽器 ヴォーカルキーボード
活動期間 1955年 - present
レーベル キャピトル
ペイズリー・パーク/ワーナー・ブラザーズ
ソニー550ミュージック/エピック
C Kunspyruhzy
シャナキー
共同作業者 パーラメント
ファンカデリック
公式サイト georgeclinton.com

{{{Influences}}}

ジョージ・クリントンGeorge Clinton, 1941年7月22日 - )はアメリカのミュージシャンで、ファンクミュージックの開拓者の一人。

Pファンクの創始者として、パーラメントファンカデリックを率いる他、数多くの独創的ブラック・ミュージックの基礎を築いた。ジェームス・ブラウンやスライ・ストーンと共に、ファンクの代表的なミュージシャンとされ、高い音楽的芸術性が評価されている。また、奇抜で猥雑なファッションでも知られている。

Pファンクはコミック風のペドロ・ベル作のレコードジャケットや、ステージにおけるセクシャルな演出と、猥雑な歌詞が特徴で当時の若い黒人を中心に絶大な人気を得ていた。Pファンクの曲はソウル・チャートでも好調なチャート・アクションをしめしていた。。超満員のコンサートで、メンバー達はオムツ姿や髭だらけの女装姿で登場したりもしたことが一因である。一方彼らの音楽は、'80年代以降も他の多くの黒人ミュージシャンに絶大な音楽的な影響を与え続けた。Pファンクの曲をバックトラックに使ったラップミュージックは、後年多数大ヒットとなる現象を起している。英語圏でも、英語圏以外の地域でもPファンクは高く評価されている。過去に40枚以上のシングルをソウルチャートにおくりこみ、3枚のプラチナ・アルバムを獲得している。またパーラメントの「ギブ・アップ・ザ・ファンク」はポップチャートでも15位、「フラッシュ・ライト」はポップチャート16位まで上昇し、白人層にも受け入れられた。

バイオグラフィ[編集]

ノースカロライナ州に生まれ、ニュージャージー州で育つ。現在はフロリダ州に住んでいる。元は床屋であった(実家が床屋だった)。クリントンは、床屋で仲間たちとドゥーワップ・グループを結成し、それがやがてパーラメンツとしてデビューするきっかけとなった。

ディスコグラフィ[編集]

ソロアルバム[編集]

タイトル 発売年 注釈
"Computer Games" 1982 Capitol Records
"You Shouldn't-Nuf Bit Fish" 1983 Warner Bros.
"Some of My Best Jokes Are Friends" 1985 Capitol Records
"R&B Skeletons in the Closet" 1986 Capitol Records
"The Cinderella Theory" 1989 Paisley Park Records
"Hey Man, Smell My Finger" 1993 Paisley Park Records
"Sample Some of Disc - Sample Some of D.A.T." 1993 AEM
"Testing Positive" 1996 AEM
"How Late Do U Have 2BB4UR Absent?" 2005 The C Kunspyruhzy

関連項目[編集]

外部リンク[編集]