ムタンチス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムタンチス
セルジオ・ヂアス(2007年)}
セルジオ・ヂアス(2007年)
基本情報
出身地 ブラジルの旗 ブラジル サンパウロ
ジャンル MPBサイケデリック・ロックハードロックプログレッシブ・ロック
活動期間 1965年 - 1978年、2006年 -
公式サイト www.mutantes.com
メンバー
セルジオ・ヂアス
ヂーニョ・レーミ
Bia Mendes
Henrique Peters
Fábio Recco
Simone Sou
Vinicius Junqueira
Vitor Trida
旧メンバー
アルナルド・バチスタ
ヒタ・リー
リミーニャ
ルイ・モッタ
トゥリオ・モーラォン
Antônio Pedro
Paulo de Castro
Fernando Gama
ゼリア・ダンカン

ムタンチス(Os Mutantes)は、ブラジルロックバンドトロピカリア・ムーヴメントを代表する存在の一つとして知られる。"Os"とはポルトガル語の定冠詞で、バンド名を英訳すると"The Mutants"となる。1978年に解散するが、2006年には再結成された。

来歴[編集]

結成 - 解散[編集]

1964年、アルナルド・バチスタとセルジオ・ヂアス(本名セルジオ・ヂアス・バチスタ)の兄弟は、The Wooden Facesというバンドを結成。その後ヒタ・リーと出会い、1965年にムタンチスを結成。バンド名は、SF小説の『O Planeta Dos Mutantes』が由来[1]

1966年にシングル「Suicida」でデビューし、1968年サイケデリック・ロック色の強いファースト・アルバム『Os Mutantes』を発表。同時期に、カエターノ・ヴェローゾジルベルト・ジルガル・コスタナラ・レオントン・ゼー等と共に、トロピカリア・ムーヴメントを代表するコラボレーション・アルバム『Tropicalia: ou Panis et Circenses』に参加し、ジルベルト・ジルのセカンド・アルバム『Gilberto Gil』(1968年)にも参加した。この年の秋、カエターノ・ヴェローゾが歌謡フェスティバルの予選で「É Prohibido Proibir(禁ずることを禁ずる)」というプロテスト・ソングを歌った際、ムタンチスがバック・バンドを務めたが、保守層の学生達からブーイングが起こるというハプニングもあった[2]

1969年フランスカンヌで行われたMIDEMに出演。その後、セカンド・アルバム『Mutantes』発表。

1970年、リミーニャが加入してバンドは4人編成となり、サード・アルバム『A Divina Comédia ou Ando Meio Desligado』発表。同年、ヒタ・リーが初のソロ・アルバム『Build Up』発表。ヂーニョ・レーミを迎えて5人編成となったバンドは、1970年11月、イギリス人プロデューサーのカール・ホームズと共に、英語詞のアルバム『Tecnicolor』をパリで録音する[3]。しかし、同作は諸事情により発表されず、1971年には、本来『Tecnicolor』で発表される予定だった楽曲も含むアルバム『Jardim Elétrico』発表。

『Mutantes e Seus Cometas no País do Baurets』(1972年)を最後にヒタ・リーが脱退。残された4人は、プログレッシブ・ロック色の強いアルバム『O A e o Z』を制作するが、同作は1992年まで未発表となった。そして、セルジオ・ヂアス以外のメンバーが一新された編成で、『Tudo Foi Feito Pelo Sol』(1974年)を発表。その後もメンバー・チェンジが続き、1978年にムタンチスは解散。

再評価[編集]

1992年、お蔵入りとなっていた『O A e o Z』が発売される。1996年にはムタンチスのトリビュート・アルバム『Triangulo Sem Bermudas』が発表される[4]セパルトゥラが同年に発表した『The Roots of Sepultura』(オリジナル・アルバム『ルーツ』のデラックス・エディション盤)には、『Mutantes e Seus Cometas no País do Baurets』収録曲のカヴァー「A Hora e a Vez Do Cabelo Nascer」が収録された。2000年には、『Tecnicolor』もショーン・レノンによるアートワークで発売された。

再結成[編集]

2006年、オリジナル・メンバーのセルジオ・ヂアスとアルナルド・バチスタを中心に、ヂーニョ・レーミ、新ボーカリストのゼリア・ダンカンを加えた4人で再結成。6月22日のロンドン公演ではデヴェンドラ・バンハートもゲスト出演し、その模様はライヴ・アルバム『Mutantes Ao Vivo - Barbican Theatre, Londres 2006』としてもリリースされた。しかし、アルナルドとゼリアは2007年に脱退。バンドは、セルジオとヂーニョを中心に、多くのサポート・メンバーを加える形で活動を継続。

2009年9月、新作のスタジオ・アルバムとしては35年ぶりとなる『Haih Or Amortecedor』を米アンタイ・レコードより発表。同作にはトン・ゼーもゲスト参加した。

メンバー[編集]

オリジナル・メンバー[編集]

その他[編集]

  • リミーニャ - ベース(1970年 - 1973年)
  • ヂーニョ・レーミ - ドラムス(1971年 - 1973年、2006年 - )
  • トゥリオ・モーラォン - キーボード(1973年 - 1978年)
  • ルイ・モッタ - ドラムス(1973年 - 1978年)
  • Antônio Pedro - ベース(1974年 - 1976年)
  • Luciano Alves - キーボード(1976年 - 1978年)
  • Paulo de Castro - ベース(1976年 - 1978年)
  • Fernando Gama - ベース(1978年)
  • ゼリア・ダンカン - ボーカル(2006年 - 2007年)
  • Bia Mendes - パーカッション(2008年 - )
  • Henrique Peters - キーボード(2008年 - )
  • Fábio Recco - ピアノ(2008年 - )
  • Simone Sou - パーカッション(2008年 - )
  • Vinicius Junqueira - ベース(2008年 - )
  • Vitor Trida - ギター、キーボード、フルート、ヴァイオリン、チェロ(2008年 - )

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

ライヴ・アルバム[編集]

  • Mutantes Ao Vivo(1976年)
  • Mutantes Ao Vivo - Barbican Theatre, Londres 2006(2006年)

コラボレーション・アルバム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ allmusic(((Os Mutantes>Biography)))
  2. ^ 『トロピカーリア ブラジル音楽を変革した文化ムーヴメント』(クリストファー・ダン・著、国安真奈・訳、音楽之友社、2005年、ISBN 4-276-23683-5)p.188-191
  3. ^ 『ジャルヂン・エレトリコ〜エレクトリック・ガーデン』日本盤CD(UICY-3001)ライナーノーツ(石川真男、2000年7月)
  4. ^ allmusic(((Triangulo Sem Bermudas>Overview)))

外部リンク[編集]