アレン・ギンズバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1985年・マイアミ国際書籍見本市のセッションにて

アーウィン・アレン・ギンズバーグIrwin Allen Ginsberg, 1926年6月3日 - 1997年4月5日)は、アメリカ詩人ジャック・ケルアックとともにビート文学の代表者のひとり。

ニュージャージー州パターソンロシアからのユダヤ系移民のルイス・ギンズバーグとナオミ・リーヴィの子として生まれる。アイビー・リーグの構成校の一つとして名高いコロンビア大学を卒業。アメリカの詩人のウィリアム・カーロス・ウィリアムズWilliam Carlos Williams)やウォルト・ホイットマン(Walt Whitman)などは彼の詩文の書き方に影響を与えた。 代表作に、「吠える」等。

朗読の名人であった。

作品[編集]

和訳詩集、和書[編集]

上記の日本語署名以外に、下記の和訳詩集、和書が刊行されている。

  • 「ギンズバーグ詩集」(諏訪優訳、思潮社):「吠える」全詩、「虚ろな鏡」「リアリティ・サンドウィッチズ」「カディッシュ」全詩、及び他の詩集からの詩編を編纂。
  • 「破滅を終らせるために―ギンズバーグのことば」(諏訪優訳、1988年、思潮社):ギンズバーグ自身による評論、手紙、対話
  • 「宇宙の息」(諏訪優訳、1977年、晶文社)
  • 「インド日記 1962-1963」(諏訪優訳、1980年、サンリオ)

映画[編集]

製作総指揮ヒロ・ヤマガタ、監督チャック・ワークマン
膨大な資料映像とインタビューそして再現シーンで構成されるビート・ジェネレーションの映画
  • 「Howl(吠える)」(2010年アメリカ)監督ロブ・エプスタイン及びジェフリー・フリードマン。主演ジェームズ・フランコ。ビートニク詩人たちの活躍や、初詩集『Howl』の猥せつ裁判を映画化。
  • 「Kill Your Darling/キル・ユア・ダーリン」(2013 アメリカ)
ギンズバーグがコロンビア大学在学中、ルシアン・カーと出会い彼を通じてウィリアム・バロウズ、ジャック・ケルアックらと交流するようになる。
出演 ダニエル・ラドクリフデイン・デハーン

受賞歴[編集]

外部リンク[編集]