ウェインズ・ワールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェインズ・ワールド
Wayne's world
監督 ペネロープ・スフィーリス
脚本 マイク・マイヤーズ
ボニー・ターナー
テリー・ターナー
原作 キャラクター創造
マイク・マイヤーズ
製作 ローン・マイケルズ
製作総指揮 ハワード・W・コッチ・Jr
出演者 マイク・マイヤーズ
ダナ・カーヴィ
音楽 J・ピーター・ロビンソン
撮影 テオ・ヴァン・デ・サンデ
ロバート・M・スティーブンス
編集 マルコム・キャンベル
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1992年2月14日
日本の旗 1992年11月7日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[1]
興行収入 $183,097,323[1]
次作 ウェインズ・ワールド2
テンプレートを表示

ウェインズ・ワールド』(Wayne's World)は、1992年に公開されたアメリカ合衆国の映画。人気テレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』の1コーナーを映画化したもので、日本では試写会にロックファンを呼んで字幕作りに参加させると言った試みも行われた。クイーンアリス・クーパーなど1980年代に活躍したミュージシャンの楽曲が挿入歌として使われ、ロックに関する小ネタも多いコメディ映画。日本では興行収入がさほど伸びず、続編『ウェインズ・ワールド2』はビデオのみでの発売となった。

あらすじ[編集]

ロック好きの少年ウェインとガースは、自宅の地下室で人気ケーブルテレビ番組「ウェインズ・ワールド」を放送中の名コンビ。その人気に目をつけたテレビプロデューサー・ベンジャミンから大手テレビ局での放送をもちかけられ、多額の契約料を受け取った二人は大喜びでライブハウスに出かける。その時、ウェインはステージで歌うエキゾチックな美女カサンドラに一目ぼれ。なんとか彼女をモノにしようとアタックを始めるが、ベンジャミンもメジャーデビューを餌にカサンドラへ近づきはじめる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ウェイン マイク・マイヤーズ 山寺宏一
ガース ダナ・カーヴィ 堀内賢雄
カサンドラ ティア・カレル 深見梨加
ベンジャミン ロブ・ロウ 鈴置洋孝
ステイシー ララ・フリン・ボイル 神代知衣
バンダーホフ社長 ブライアン・ドイル=マーレイ 緒方賢一
バンダーホフ夫人 コリーン・キャンプ
ラッセル カート・フラー 石塚運昇
コワルスキー巡査 フレデリック・コフィン 渡部猛
シャープ フランク・ディレオ 峰恵研
アリス・クーパー 秋元羊介
警備員 クリス・ファーレイ 茶風林
T-1000 ロバート・パトリック 真地勇志

参考文献[編集]

  1. ^ a b Wayne's World”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年4月22日閲覧。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]