愛しのローズマリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
愛しのローズマリー
Shallow Hal
監督 ピーター・ファレリー
ボビー・ファレリー
脚本 ピーター・ファレリー
ボビー・ファレリー
ショーン・モイニハン
製作 ピーター・ファレリー
ボビー・ファレリー
ブラッドリー・トーマス
出演者 ジャック・ブラック
グウィネス・パルトロー
音楽 アイヴィ
撮影 ラッセル・カーペンター
編集 リック・モンゴメリー
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年11月2日
日本の旗 2002年6月1日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 $141,069,860[1]
テンプレートを表示

愛しのローズマリー』(原題:Shallow Hal)は、2001年製作のアメリカ映画である。ファレリー兄弟監督のロマンティック・コメディ

ストーリー[編集]

父親の遺言がトラウマとなり、中身はどうであろうと、ひたすら外見の美しい女性ばかりを追いかけていたハル。ある日、エレベーターに乗り合わせた大物カウンセラーから催眠術をかけられ、内面の美しい女性が美しく見えるようになった。そのすぐ後、ハルは街で見かけたローズマリーに一目ぼれするが、実は彼女は体重100キロを超える巨体だった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ハル・ラーソン ジャック・ブラック 高木渉
ローズマリー・シャナハン グウィネス・パルトロー 山崎美貴
マウリシオ・ウィルソン ジェイソン・アレクサンダー 後藤哲夫
ジル スーザン・ウォード 石塚理恵
ウォルト レネ・カービー 牛山茂
スティーヴ・シャナハン ジョー・ヴィテレッリ 藤本譲
アンソニー・ロビンズ 本人 大塚明夫
シャナハン夫人 ジル・クリスティーン・フィッツジェラルド 宮寺智子
ラルフ・オーウェン ゼン・ゲスナー 後藤敦
医師 ダニエル・グリーン 天田益男
ジェン ローラ・ナイトリンガー 佐藤しのぶ
アーティ カイル・ガス 斎藤次郎
少年時代のハル セイシャ・ニューリンガー 梅田貴公美
タニア ナン・マーティン 城雅子
カトリーナ ブルック・バーンズ 沢谷有梨
ラーソン牧師 ブルース・マッギル 牛山茂

スタッフ[編集]

  • 監督、製作:ファレリー兄弟
  • 脚本:ショーン・モイナハン、ファレリー兄弟
  • 撮影:ラッセル・カーペンター
  • プロダクションデザイン:シドニー・J・バーソロミューJr
  • 美術:アーラン・ジェイ・ヴェッター
  • セット・コレーター:スコット・ジャコブソン
  • キャスティング:リック・モントゴメリー
  • 特殊メイクデザイン:トニー・ガードナー
  • 特殊メイク効果:ジェリー・コンスタンティン、トニー・ガードナー、エルヴィス・ジョーンズ、キャロル・コッチ、デヴィッド・スミス、コナー・マッキュラー
  • 衣装デザイン:パメラ・ウィザース
  • 編集:クリストファー・グリーンバリー
  • 音楽スーパーバイザー:トム・ウルフ、マニッシュ・ラベル
  • 音楽:アイヴィー
  • 製作:ブラッドリー・トーマス、チャールズ・B・ウェスラー

参考文献[編集]

  1. ^ a b Shallow Hal”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年11月19日閲覧。

外部リンク[編集]