ケイト・レディが完璧な理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)
I Don't Know How She Does It
監督 ダグラス・マクグラス
脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ
原作 アリソン・ピアソン
『ケイト・レディは負け犬じゃない』
製作 ドナ・ジグリオッティ
製作総指揮 ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
アライン・ブロッシュ・マッケンナ
スコット・ファーガソン
出演者 サラ・ジェシカ・パーカー
音楽 アーロン・ジグマン
撮影 スチュアート・ドライバーグ
編集 カミーラ・トニオロ
ケヴィン・テント
配給 アメリカ合衆国の旗 ワインスタイン・カンパニー
日本の旗 ファインフィルムズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年9月16日
日本の旗 2012年6月2日
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $24,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $30,551,495[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $9,662,284[1]
テンプレートを表示

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)』(原題: I Don't Know How She Does It)は、2011年アメリカ合衆国で製作されたコメディ映画アリソン・ピアソンの小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を原作としている。

ストーリー[編集]

ボストン投資会社でファンドマネジャーとして働くケイトは、夫と二人の子供を持ちながら、数々の仕事で成果を挙げるキャリアウーマン。仕事と家庭をなんとか両立させながら懸命に働く彼女に、ついに大きなチャンスが訪れる。新しい投資ファンドに関する彼女の提案を、ニューヨーク本社の幹部が高く評価したのだ。この報せを受けて喜ぶ彼女だったが、プロジェクトへの本格参加が決定したことで、ボストンとニューヨークを往復する多忙な日々が始まってしまう。どうにか今まで通り家庭と仕事を両立させようと奮闘する彼女だったが、次第に両方とも上手くいかなくなってしまう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ケイト・レディ サラ・ジェシカ・パーカー 永島由子
ジャック・アベルハンマー ピアース・ブロスナン 横島亘
リチャード・レディ グレッグ・キニア 上田燿司
アリソン・ヘンダーソン クリスティーナ・ヘンドリックス 岡寛恵
クラーク・クーパー ケルシー・グラマー 西村太佑
クリス・バンス セス・マイヤーズ 山本兼平
モモ・ハーン オリヴィア・マン 慶長佑香

参考文献[編集]

  1. ^ a b c I Don't Know How She Does It”. Box Office Mojo. 2012年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]