オリヴィア・マン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリヴィア・マン
Olivia Munn
Olivia Munn
コミコン・インターナショナルにて(2007年)。
本名 Lisa Olivia Munn
生年月日 1980年7月3日(34歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オクラホマ州オクラホマシティ
職業 女優、モデル
活動期間 2004年 - 活動中
公式サイト www.oliviamunn.com

リサ・オリヴィア・マンLisa Olivia Munn, 1980年7月3日[1][2] - )は、アメリカ合衆国の女優、コメディアン、モデル、テレビパーソナリティ、作家である。キャリア開始当初はリサ・マンLisa Munn)とクレジットされていたが、2006年からはオリヴィア・マンOlivia Munn)の名を使っている[3]

生い立ち[編集]

オクラホマ州オクラホマシティで生まれる。母方は中国系(母親はベトナム育ち[4]、父方はドイツ系アイルランド系である[5]。2歳の頃に母がアメリカ空軍の男性と再婚した。一家は何度も引っ越したが、マンは主に継父の駐屯地である日本東京都で育った[3][6]。この頃に地元の演劇作品に出演し、また日本のファッション界でモデルとして活動した[7]。その後、両親が離婚するとオクラホマに戻り、パトナムシティ・ノース・ハイスクール英語版に通った。当時は同校にはヒンダーのベーシストのマイク・ロッデン、後のオクラホマ州上院議員のデヴィッド・ホルト英語版と作家のアーロン・ゴールドファーブ英語版が通っていた[8][9]。大学はオクラホマ大学に通った。主専攻はジャーナリズム、副専攻は日本語と演劇芸術であった[3]

俳優を志してロサンゼルスに移り、2004年にFOXスポーツネットにインターンして大学フットボールと女子バスケのサイドライン・レポーター英語版として働いた[6]

キャリア[編集]

ロサンゼルスに移ったあとすぐにマンはオリジナルビデオホラー映画案山子男 オン・ザ・ビーチ英語版』に端役で出演した。ロックバンドのゼブラヘッドの曲「ハロー・トゥモロウ英語版」のビデオにはリードシンガーのジャスティン・マウリエロ英語版の恋人役を務めた[10]

2005年末からはテレビドラマ『ビヨンド・ザ・ブレイク』に10代のサーファーのミリー役を務め、2シーズンを跨いで出演した[11]。彼女はサーフィンを楽しみ、スポーツの練習を続けた[12]。彼女は元々カイのオーディションを受けていたが、プロデューサーたちは「地元の少女」を望んだ[13]。同年には映画『The Road to Canyon Lake』にも出演した。

2006年にマンはG4ネットワークに移り、4月10日よりケヴィン・ペレリラ英語版と共に『Attack of the Show!』の司会となった。彼女はサラ・レーン英語版と交代で就任した。2010年12月に番組を降板し、キャンディス・ベイリー英語版と交代した。

2007年にロブ・シュナイダー監督の映画 『Big Stan』に出演した[6]。2008年のホラー映画『ゾンビ・ホスピタル英語版』では精神病院の看護師を演じた。2010年には『デート & ナイト』と『アイアンマン2』に出演した[14]

2010年5月、NBCはマンが出演するテレビシリーズ『Perfect Couples』の製作を発表した。同番組は30分のロマンティック・コメディであり、2011年1月20日に初回が放送されたが[15]、第1シーズンの完結前に打ち切りが決定した[16]。また2010年には『CHUCK/チャック』にCIAエージェント役でゲスト出演した[17]

2011年、映画『ケイト・レディが完璧な理由』に出演した。

2012年、映画『ベイビー・メイク 私たちのしあわせ計画英語版』と『マジック・マイク』に出演した。またHBOのテレビシリーズ『ニュースルーム』へのレギュラー出演が始まった。さらにフォックスの『New Girl / ダサかわ女子と三銃士』に3話出演した。

私生活[編集]

スウェーデンの俳優であるヨエル・キナマンと交際している[18]

フィルモグラフィ[編集]

映画
作品 役名 備考
2004 案山子男 オン・ザ・ビーチ
Scarecrow Gone Wild
Girl #1
2005 The Road to Canyon Lake Asian mob girl
2007 Big Stan マリア
2008 ゾンビ・ホスピタル
Insanitarium
ナンシー ビデオ映画
2009 The Slammin' Salmon Samara Dubois
Dave Knoll Finds His Soul Girl #1 テレビ映画
2010 デート & ナイト
Date Night
Claw Hostess
アイアンマン2
Iron Man 2
チェス・ロバーツ[19]
2011 ケイト・レディが完璧な理由
I Don't Know How She Does It
モモ・ハーン
2012 マジック・マイク
Magic Mike
ジョアンナ
ベイビー・メイク 私たちのしあわせ計画
The Babymakers
オードリー
Freeloaders エイミー
2014 NY心霊捜査官
Deliver Us from Evil
ジェン・サーキ
2015 チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密
Mortdecai
ジョージナ
テレビシリーズ
作品 役名 備考
2006-2010 Attack of the Show! N/A 共同司会
2006-2007 ビヨンド・ザ・ブレイク
Beyond the Break
Mily Acuna 計9話出演
2009 Greek ラナ 計4話出演
2010 アラフォー♀とルーキー♂
Accidentally on Purpose
ニコール 第1シーズン第16話「Face Off」
CHUCK/チャック
Chuck
グレタ 第4シーズン第1話「チャック VS 記念日英語版
2010-2011 The Daily Show N/A 特派員
Perfect Couples レイン 全11話出演
2011 Robot Chicken Dr. Liz Wilson (声) 第5シーズン第4話「Kramer Vs. Showgirls」
Paulilu Mixtape ケイティ 第6話「Ghost Tits」
2012-2013 New Girl / ダサかわ女子と三銃士
New Girl
アンジー 計3話出演
2012-継続中 ニュースルーム
The Newsroom
スローン・サビス レギュラー出演

参考文献[編集]

  1. ^ Olivia Mun: Bio. US magazine. Accessed 2011-07-26.
  2. ^ Olivia Munn Maxim magazine. Accessed 2011-07-26.
  3. ^ a b c Olivia Munn. “About”. OliviaMunn.com. COMPLEXMediaNetwork. 2010年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月6日閲覧。
  4. ^ Christopher John Farley (June 5, 2010). "‘Daily Show’ Correspondent Olivia Munn on Joining the Program" The Wall Street Journal. Accessed 2012-06-06.
  5. ^ Tokyo Dance Trooper with G4TV's Olivia Munn from ZimBio.com
  6. ^ a b c Olivia Munn (2006年4月7日). Just Who is Olivia Munn?. インタビュアー:sjohnson. g4tv.com.. http://www.g4tv.com/attackoftheshow/blog/post/577916/Just_Who_is_Olivia_Munn.html 2007年10月28日閲覧。 
  7. ^ Olivia Munn”. Askmen.com. 2007年10月28日閲覧。
  8. ^ "OU graduate Olivia Munn gets ‘Perfect' in new show". NewsOK. Accessed 2011-01-21.
  9. ^ Shaping The Minds Of America’s Youth: Aaron Goldfarb”. The Lost Ogle (2011年3月2日). 2011年8月7日閲覧。
  10. ^ Olivia Munn in Zebrahead Music Video - YouTube
  11. ^ Stephen A. Johnson (2006年4月15日). “AOTS hosts Kevin Pereira and Olivia Munn”. g4tv.com. 2007年10月31日閲覧。
  12. ^ Matt Bean. “Adventure as Aphrodisiac”. menshealth.com. http://www.menshealth.com/cda/article.do?site=MensHealth&channel=sex.relationships&category=couples&conitem=70f3dce9c5443110VgnVCM20000012281eac____&page=1 2007年10月29日閲覧。 
  13. ^ Olivia Munn (2006年11月30日). “Hello TV Land!!”. tvguide.com. 2007年10月31日閲覧。
  14. ^ Blair Marnell (2009年12月14日). “Olivia Munn Talks 'Iron Man 2' Improv”. MTV Splash Page. Viacom. 2010年5月9日閲覧。
  15. ^ “NBC Announces Pickup of New Comedy Series 'Perfect Couples' For 2010–11 Season” (プレスリリース), NBC Universal, (2010年5月12日), http://www.nbc.com/news/2010/05/12/nbc-announces-pickup-of-new-comedy-series-perfect-couples-for-2010-11-season/ 2010年5月12日閲覧。 
  16. ^ Claudine Zap (April 8, 2011). "Bye-Bye, 'Perfect Couples,' Hello 'Paul Reiser Show'", Yahoo! TV.
  17. ^ “Her Quest for World Domination Continues: Olivia Munn to Guest-Star on Chuck”. TV Guide. http://www.tvguide.com/News/Olivia-Munn-Chuck-1020777.aspx 
  18. ^ Cantor, Paul (July 31, 2012). "Olivia Munn Spotted With 'Robocop' Boyfriend Joel Kinnaman". Complex.
  19. ^ Geoff Boucher (2010年5月1日). “'Iron Man 2' roundup: Captain America's shield, Olivia Munn and Bill Gates”. Los Angeles Times. 2010年5月16日閲覧。 A second, unnamed role played by Munn—a partygoer at Tony Stark's birthday party—was cut from the film, but is viewable in the Blu-ray release deleted scenes. According to the audio commentary, she was given the role of Chess Roberts as compensation for her party scene being cut.

外部リンク[編集]