メーガン・ムラーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メーガン・ムラーリー
Megan Mullally
Megan Mullally
2011年
生年月日 1958年11月12日(56歳)
出生地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1981年 -
配偶者 Michael A. Katcher (1992-1996)
ニック・オファーマン (2003-)

メーガン・ムラーリーMegan Mullally, 1958年11月12日 - )は、アメリカ合衆国女優

プロフィール[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルス出身。母親はモデル、父親は俳優[1]アイルランド系。子供の頃からバレエを習い、オクラホマシティとロサンゼルスで育つ。ノースウェスタン大学英文学美術史を学が、演劇に関わるようになり、中退してシカゴの劇団で6年間過ごす。

1981年にロサンゼルスに移り、映画やテレビに端役で出演するようになる。1994年にはブロードウェイにもデビューしている。1998年から始まったコメディシリーズ『ふたりは友達? ウィル&グレイス』で主人公グレースのアシスタントであるカレン・ウォーカーを演じて広く知られるようになった。

2006年には自身のトークショーが始まったが、5か月で打ち切りとなった[2]

私生活[編集]

1990年代にタレント・エージェントの男性と結婚。2003年に俳優のニック・オファーマンと再婚。

1999年のインタビューで自身をバイセクシャルであると語ったが[3]、後のインタビューでは、女性と性関係を持ったことはなくバイセクシャルではないと語った[4][5][6]

主な出演作品[編集]

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1986-1987 The Ellen Burstyn Show モリー 13エピソード
1992 Rachel Gunn, R.N. ベッキー・ジョー 13エピソード
1993 となりのサインフェルド
Seinfeld
ベッツィー 1エピソード
1997 そりゃないぜ!? フレイジャー
Frasier
ベス・アームストロング 1エピソード
あなたにムチュー
Mad About You
ジェーン 1エピソード
1998-2006 ふたりは友達? ウィル&グレイス
Will & Grace
カレン・ウォーカー 188エピソード
2007 ボストン・リーガル
Boston Legal
レナータ・ヒル/サラ・ポペル 1エピソード
2008-2013 Childrens Hospital レディ・ジェーン/リディア・ダンフリー 43エピソード
2008,2013 30 ROCK/サーティー・ロック
30 Rock
ベヴ 3エピソード
2009 In the Motherhood ローズマリー 7エピソード
2009-2012 Parks and Recreation タミー 6エピソード
2010 Party Down リディア・ダンフリー 10エピソード
2012 Breaking In ヴェロニカ・マン 13エピソード
2013 Out There ローズ 10エピソード
Web Therapy フラニー・マーシャル 3エピソード

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1985 卒業白書
Risky Business
コーryガール
1986 きのうの夜は…
About Last Night...
パット
1990 スーパーコップ90
Rainbow Drive
アヴァ テレビ映画
1991 クイーンズ・ロジック/女の言い分・男の言い訳
Queens Logic
ドロレス
1998 ザ・ジャーナリスト
Winchell
ジューン・ウィンチェル テレビ映画
1999 地上より何処かで
Anywhere But Here
バービー
2001 モンキーボーン
Monkeybone
キミー
スピーキング・オブ・セックス
Speaking of Sex
ジェニファー・クリンク
2002 キャンパス・クレージー
Stealing Harvard
パティ・プラマー
2005 リバウンド
Rebound
ウォルシュ校長
2007 ビー・ムービー
Bee Movie
トルーディー 声の出演
2009 Fame フェーム
Fame
フラン・ローワン

脚注[編集]

  1. ^ Megan Mullally Biography (1958-)”. 2013年3月26日閲覧。
  2. ^ “メーガン・ムラリーのトークショーが打ち切りに”. シネマトゥデイ. (2007年1月12日). http://www.cinematoday.jp/page/N0009719 2013年7月19日閲覧。 
  3. ^ Bardin, Brantley (1999年11月23日). “The Advocate's 25 Coolest Women”. The Advocate. http://books.google.com/books?id=sGQEAAAAMBAJ&lpg=PA35&dq=%22megan%20mullally%22%20bisexual&pg=PA35#v=onepage&q=%22megan%20mullally%22%20bisexual&f=false 2012年3月11日閲覧。 
  4. ^ Warn, Sarah (2006年12月3日). “Megan Mullally backpedals on bisexuality”. AfterEllen.com. 2013年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月26日閲覧。
  5. ^ Megan Mullally on In the Motherhood, Bisexuality and That Karen & Jack Spin-Off / Queerty”. Queerty.com. 2013年3月26日閲覧。
  6. ^ http://www.advocate.com/arts-entertainment/television/2010/04/16/megan-mullally-her-lips-are-unsealed?page=0,3

外部リンク[編集]