クリス・ホイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サー・クリス・ホイ
Sir Chris Hoy
Cycling (road) pictogram.svg
Chris Hoy, October 2008.jpg
個人情報
本名 Christopher Andrew Hoy
クリストファー・アンドリュー・ホイ
生年月日 1976年3月23日(38歳)
国籍 スコットランドの旗 スコットランド
イギリスの旗 イギリス
身長 186cm
体重 92kg
チーム情報
分野 トラックレース
役割 選手
特徴 スプリンター
先行、捲り
主要レース勝利

Gold medal.svg オリンピック

ケイリン 2008、2012
チームスプリント 2008、2012
個人スプリント 2008
1kmTT 2004

Jersey rainbow.svg 世界選手権

1kmTT 2002、2004、2006-2007
チームスプリント 2002、2005
ケイリン 2007-2008、2010、2012
個人スプリント 2008
 
獲得メダル
オリンピック
2004 アテネ 1KmTT
2008 北京 スプリント
2008 北京 TSP
2008 北京 ケイリン
2012 ロンドン TSP
2012 ロンドン ケイリン
2000 シドニー TSP
世界選手権自転車競技大会
2002 コペンハーゲン 1KmTT
2002 コペンハーゲン TSP
2004 メルボルン 1KmTT
2005 ロサンゼルス TSP
2006 ボルドー 1KmTT
2007 パルマ・デ・マヨルカ 1KmTT
2007 パルマ・デ・マヨルカ ケイリン
2008 マンチェスター スプリント
2008 マンチェスター ケイリン
2010 コペンハーゲン ケイリン
2012 メルボルン ケイリン
2006 ボルドー TSP
2007 パルマ・デ・マヨルカ TSP
2008 マンチェスター TSP
2011 アペルドールン ケイリン
2011 アペルドールン TSP
2011 アペルドールン スプリント
2001 アントウェルペン TSP
2003 シュトゥットガルト TSP
2005 ロサンゼルス 1KmTT
2010 コペンハーゲン TSP
2012 メルボルン スプリント
スコットランドの旗 スコットランド
コモンウェルスゲームズ
2002 マンチェスター 1KmTT
2006 メルボルン TSP
2002 マンチェスター TSP
2006 メルボルン 1KmTT
最終更新日
2012年8月8日

サー・クリス・ホイ(Sir Chris Hoy。1976年3月23日- )は、スコットランドエディンバラ生まれの自転車競技トラックレース)選手である。本名はクリストファー・アンドリュー・ホイ(Christopher Andrew Hoy)。

経歴[編集]

2005年初頭に大英帝国勲章・MBEを受章。同年7月にエディンバラ大学博士号が授与された。また、2008年12月にナイトの称号が与えられた。2005年には国際競輪にも参加し、通算14戦4勝の成績を収めた。そして、地元開催の2012年ロンドンオリンピックの開会式ではイギリス選手団の旗手を務めた。スポーツキャリアのスタートはBMX及びボート。そしてトラックレース選手としての最初のキャリアは、チームスプリントのイギリスチームの一員としてであった。

1999年[編集]

2000年[編集]

その後、1kmタイムトライアル(以下、1kmTT)にも活躍の場を広げる。

2001年[編集]

2002年[編集]

2003年[編集]

2004年[編集]

2005年[編集]

ところが、2008年北京オリンピックでは、BMXが種目として加わる代わりに、1kmTTが種目から除外されることになったため、ホイのレースキャリアに転機が訪れることになる。

2006年[編集]

  • 世界選手権
    • Arc en ciel.png 1kmTTで3度目の優勝を果たしたが、前述の理由につき、翌、2007年の世界選手権を最後に、1kmTTでは国際大会からの撤退を決意。
    • チームスプリント 2位
  • コモンウェルスゲームズ
    • チームスプリント 優勝
    • 1kmTT 3位
  • イギリスの旗 イギリス選手権
    • チームスプリント 優勝
    • 1㎞TT 優勝
  • UCIトラックワールドカップ2006-2007
    • シドニー - 1㎞TT、チームスプリント 優勝

2007年[編集]

  • UCIトラックワールドカップ2006-2007の第3戦のロサンゼルス大会より初めてケイリンへ出場し、予選から他を寄せ付けず優勝。また同戦ではチームスプリントも優勝。
  • 世界選手権
    • Arc en ciel.png ケイリンにおいて、前年覇者のテオ・ボスを準決勝、決勝といずれも撃破して優勝した。
    • Arc en ciel.png そして最後の出場と決意した1kmTTでは4回目の優勝を果たした。
  • 5月12日ボリビアラパスにおいて、500mフライングタイムトライアルにおいて、24秒758の、同種目世界記録を樹立。さらにアルノー・トゥルナンが1kmTTの世界記録を樹立した場所もある同地において、トゥルナンが記録を保持している58秒875の更新を目指した。500mのラップではトゥルナンのタイムを上回っていたが、最後はわずか0.005秒及ばず、58秒880のタイムでフィニッシュし、惜しくも世界記録更新はならなかった。
  • UCIトラックワールドカップ2007-2008
    • シドニー - ケイリン 優勝
    • 北京 - ケイリン 優勝

2008年[編集]

短距離種目の王者に君臨[編集]

北京オリンピックトリプルクラウン達成[編集]

  • Gold medal icon.svg 上述の2008年の世界選手権における強さは、北京オリンピックでも発揮された。まず、8月15日に行われたチームスプリントに出場。ジェミー・スタッフ(第1走)、ジェイソン・ケニー(第2走)、ホイ(第3走)で挑んだイギリスチームは、スタッフが最初の250mを17秒198という、これまでいまだ誰もマークしていなかったタイムをたたき出したことが要因となり、42秒950のタイムで予選1位通過。世界選手権同種目3連覇中で、予選2位のフランスに0.591秒という「大差」をつけた。その後、順位決定予備戦でアメリカを破ったが、ここでも勝ち上がった4チーム中、トップタイム(43秒034)をマークし、同2位のタイムをマークしたフランスと決勝で対戦。その決勝戦において、スタッフが17秒136で最初の250mを走破し、フランス第1走のグレゴリー・ボジェに0.241秒の差をつけた。このリードをケニー、ホイがさらに広げ、43秒128のタイムでゴール。フランスに0.523秒の差をつけ、ホイはまず「一冠」を手中にした。
  • Gold medal icon.svg 最も金メダルが困難と見られたチームスプリントを制したホイは、翌8月16日のケイリンに出場。ホイにとってみれば、最も金メダルの可能性が高い種目であったが、予選、準決勝といずれも圧勝。加えて最大のライバルとみられたオランダテオ・ボスが準決勝で落車し、その後の再レースを棄権したことで、決勝の戦前から、金メダル確実と見られていた。決勝では、道中最後方に位置していた永井清史が残りあと3周付近より上昇。その後一気に先頭に押し上げ、ホイの番手に入り込むという飛びつき策に出た。ホイは残りあと1周半地点よりスパートをかけ、これに永井がすかさず反応して2番手をキープしたが、その後ホイの加速についていけなくなり、逆に千切られてしまった。これでホイは完全に独走状態となり、最後は2着に入った同胞のロス・エドガーに3~4車身程の差をつけ、二冠を達成した。
  • Gold medal icon.svg 8月17日から3日間に亘って行われたスプリント。予選の200mフライングタイムトライアルにおいて、9秒815のオリンピック新記録をマークしトップタイム。その後、デニス・ドミトリエフ、渡邉一成アジズルハスニ・アワンといった相手を問題なく撃破。準決勝で対戦したミカエル・ブルガンもストレートで破り、決勝はチームスプリントで共に金メダルを分かち合ったジェイソン・ケニーと対戦したが、1本目10秒228、2本目10秒216のハロンラップタイムをマークして完勝。スプリントでも、全てストレート勝ちを収め、ついに三冠を達成した。

2009年

  • UCIトラックワールドカップ2009-2010
    • コペンハーゲン - チームスプリント 優勝。しかしその後のケイリンで落車したため、同年開催の世界選手権は欠場を余儀なくされてしまった。
  • イギリスの旗 イギリス選手権
    • チームスプリント 優勝
    • 1㎞TT 優勝
    • ケイリン 優勝

2010年[編集]

  • 2009年 - 2010年シーズンのトラックワールドカップでは、マンチェスターで行われた第1戦のみ出場したが、ケイリン、スプリント、チームスプリントの「三冠」を達成。
  • 世界選手権
    • チームスプリントで3位。
    • Arc en ciel.png ケイリンでは予選、準決勝、決勝といずれも1着となり、3度目の同種目世界一を達成。同時にこの優勝が世界選手権として10回目の優勝となった。
    • しかしスプリントでは、準々決勝でグレゴリー・ボジェに逆転負けし、6位に終わった。

2011年[編集]

世界選手権

  • スプリントは当初3位、チームスプリントも当初3位だったが、フランス自転車競技連盟(FFC)が2011年11月8日、グレゴリー・ボジェに対し、18ヶ月間の期間中、2回、競技外ドーピングを行わなかったとして2012年1月6日、2010年12月23日〜2011年12月22日まで1年間の出場停止処分とする内示を提示していたが、これを受け国際自転車競技連合(UCI)は、2011年トラックレース世界選手権におけるスプリント及びチームスプリント、さらに同年のフランス選手権のスプリントにおける優勝記録を抹消することを公表した[1]ため、スプリント2位、チームスプリントでも2位と、それぞれ順位が繰り上がることになった。
  • 出場機会3連続優勝中のケイリンでは予選こそ1着だったが、準決勝では3着に終わった。決勝でもシェーン・パーキンスに敗れ2着に終わり、怪我で参加できなかった2009年を除くと、2003年以来となる同大会無冠に終わった。

UCIトラックワールドカップ2011-2012

  • アスタナ - スプリント 優勝

2012年[編集]

UCIトラックワールドカップ2011-2012

  • ロンドン - ケイリン 優勝

世界選手権

  • Arc en ciel.png ケイリンで2年ぶりに優勝。
  • スプリント 3位

ロンドンオリンピック

『サー・クリス・ホイ』[編集]

2008年度の、BBC・スポーツ・パーソナリティ・オブ・ザ・イヤー賞(イギリスの最優秀スポーツ選手賞)を受賞したホイに、ナイトの称号が与えられることになった[3]。したがって、名前の一番前には、『サー』がつくことになる。

注記[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Baugé and France lose World track titles - cyclingnews.com 1月6日付記事(英語)
  2. ^ ◆男子チームスプリント 日本チーム8位、優勝はイギリス - KEIRIN JAPAN 応援ポータルサイト 2012年8月3日付
  3. ^ Hoy to be knighted(サイクリングニュース 2008年12月22日付記事。英語)

外部リンク[編集]