渡邉一成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
渡邉一成
Kazunari Watanabe
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 渡邉 一成
わたなべ かずなり
生年月日 1983年8月12日(31歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 176cm
体重 80kg
チーム情報
所属 日本競輪選手会福島支部
期別 日本競輪学校第88期生
分野 競輪 & トラックレース
役割 選手
特徴 逃・捲
プロ所属チーム
2003–
日本競輪選手会福島支部
主要レース勝利

共同通信社杯競輪 2012
アジア大会

チームスプリント 2006

アジア選手権

ケイリン 2009-2010
スプリント 2012

日本の旗 日本選手権

スプリント 2007-2008
チームスプリント 2007-2008、2011
 
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 自転車競技
UCIトラックワールドカップクラシックス
2004 モスクワ TSP
2005 シドニー TSP
2008 メルボルン TSP
2013 アグアスカリエンテス ケイリン
2005 マンチェスター TSP
アジア競技大会
2006 ドーハ TSP
2010 広州 TSP
アジア自転車競技選手権大会
2009 カリマンタン ケイリン
2010 シャールジャ ケイリン
2012 クアラルンプール スプリント
2012 クアラルンプール TSP
2012 クアラルンプール ケイリン
最終更新日
2013年1月20日

渡邉 一成(わたなべ かずなり、1983年8月12日- )は、競輪選手自転車競技選手。福島県双葉郡双葉町出身。日本競輪学校第88期卒業。日本競輪選手会福島支部に所属する競輪選手。師匠は谷津田陽一

妻は東京モーターショーなどに出演した元モデルの白石梓。

競輪選手としての戦績[編集]

福島県立小高工業高等学校1年生の頃、所属していた陸上部から自転車競技に転向し、師匠の谷津田が主宰する練習グループに入り、高校時代はほとんど谷津田のグループで競輪選手になるための練習を積む。その成果が実って競輪学校は1回の受験で合格を決め、高校卒業後は第88期生として日本競輪学校に入学した。主な同期には山崎芳仁武田豊樹佐藤友和永井清史成田和也らがおり、同じ谷津田グループである森田達也も同期である。

在校成績38位で卒業し、デビュー戦は2003年7月7日京王閣競輪場で、初勝利も同日。それから着実にS級へ昇格し、2010年には高松宮記念杯寛仁親王牌の決勝に進出した。2011年も寛仁親王牌競輪の決勝に進出し、年末に平塚競輪場で開催された特別レースの「ナショナルチームカップ」では捲りで圧勝している。

2012年には4月名古屋競輪場で開催された共同通信社杯競輪の決勝において、打鐘より先行した佐藤友和の番手から最終バックより捲りを放ち、そのまま押し切ってGII初優勝を果たした。

自転車競技選手としての戦績[編集]

競輪選手としてデビューした直後から果敢な先行ぶりは当時日本代表監督であったゲーリー・ウエストに見初められ、2004年にトラックナショナルチームメンバーとして、同期の成田らとともに招集される。

2004年〜2005年
2006年
  • ワールドカップ第4戦では井上昌己金子貴志と組んでチームスプリント3位。世界選手権の同種目では9位だった。
  • アジア競技大会チームスプリントでは、成田、新田祐大の「福島トリオ」で挑んで見事優勝を果す。
  • ヤンググランプリ 9着
2007年
  • 世界選手権チームスプリントでは、成田、井上と組んで7位。
  • 10月に開催された全日本選手権
    • スプリントにおいて、同種目アジア王者の北津留翼を破って優勝を果たす。
    • チームスプリント(+ 北津留翼、永井清史)でも優勝
    • この結果により、同月23日に伏見俊昭、永井、北津留とともにトラックナショナルチーム短距離種目のメンバーに選出された。
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年

競走スタイル[編集]

デビュー時の先行・捲りの戦法から、現在は捲り中心の競走にシフトしつつあるが、自転車競技で磨かれたトップスピードは、後方からの仕掛けを前方の選手に気づかれても、牽制されるより早く抜いてしまうほどの脚を持つ。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]