UCIトラックワールドカップクラシックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

UCIトラックワールドカップクラシックス(ゆーしーあいとらっくわーるどかっぷくらしっくす。UCI Track Cycling World Cup Classics)とは、自転車競技トラックレースにおけるシリーズ戦。1993年より実施されている。通常はトラックワールドカップと略して言われる。

概要[編集]

ロードレースにおいて当時行われていた、UCI・ロードワールドカップに倣ってトラックレースにおいても同様のシリーズ戦の実施が検討され、丁度プロ・アマオープン化元年となった1993年5月、デンマークコペンハーゲンで初開催され、以後2003年2004年シーズンまでは概ね春〜夏の期間にかけて年間4〜6戦行われたが、アテネオリンピック終了後の2004年2005年シーズンより、国際自転車競技連合(UCI)のトラックレース振興策に基づき、開催時期をロードレースが丁度オフシーズンとなる秋〜初春に移行。概ね当年11月〜翌年2月まで4戦のシリーズ戦となった。また当シリーズ戦終了後、2005年より概ね3月下旬に世界自転車選手権のトラックレースが開催されるようになった。

日本では1995年7月に東京ドームで開催が行われたことがあるが、その後は一度も行われていない。また概ね冬季に開催が移行されてからは全て室内での開催となった。それ以前は屋外での開催も行われていた。

このシリーズ戦の各種目において総合優勝を果たした選手には白色のジャージが授与され、世界選手権においてはそのジャージを着用して競技を行うことが認められている。また当シリーズ戦は、世界選手権の予選も兼ねており、総合上位に入れば優先的に世界選手権の出場権が得られる。なお、2008年開催の北京オリンピックで行われる種目の総合優勝者については、同大会の出場権が与えられた。

また、2007年-2008年シーズンからは、UCIの登録を受けたトレードチームの参加も認められるようになった。

日本からは当シリーズ戦初年度より概ね競輪選手が参加しているが、最近ではロードレース選手もしばし長距離種目に参加している。かつて、2004年-2005年シーズンから、日本自転車振興会(現 JKA)が賞金を拠出して行われる公開種目である、『JKA ケイリン』(過去には、ジャパニーズケイリンやインターナショナルケイリンといった名称で行われていた)も各シーズン1回だけ行われていた。

メダル獲得日本人選手[編集]

1993年

  • 斉藤正剛 - コペンハーゲン・ケイリン 2位
  • 大野直志 - コペンハーゲン・エリミネーション 3位

1995年

  • 神山雄一郎 - アデレード・1㎞タイムトライアル 2位
  • 大野直志 - アデレード・ポイントレース 3位
  • 北川智博 - 東京・スプリント 3位
  • 神山雄一郎、北川智博、本田晴美 - アデレード・オリンピックスプリント(後のチームスプリント) 3位
  • 斉藤正剛、横田努稲村成浩 - 東京・オリンピックスプリント 3位

1997年

  • 神山雄一郎 - フィオレンツオーラ・ケイリン 2位
  • 十文字貴信 - アデレード・1㎞タイムトライアル 3位
  • 不明 - フィオレンツオーラ・オリンピックスプリント 3位

1998年

  • 稲村成浩 - トゥーロン・1㎞タイムトライアル 2位

1999年

2001年

2002年

2003年

  • 矢口啓一郎 - アグアスカリエンテス・ケイリン 優勝
  • 長塚智広、永井清史、伏見俊昭 - シドニー・チームスプリント 優勝
  • 伏見俊昭 - シドニー・ケイリン 2位
  • 長塚智広、神山雄一郎、伏見俊昭 - モスクワ・チームスプリント 3位

2004年

  • 長塚智広、伏見俊昭、井上昌己 - アグアスカリエンテス・チームスプリント 2位
  • 金子貴志 - シドニー・スプリント 3位
  • 井上昌己 - シドニー・1㎞タイムトライアル 3位
  • 長塚智広、神山雄一郎、伏見俊昭 - シドニー・チームスプリント 3位

2004年〜2005年

  • 成田和也渡邉一成及川裕奨 - モスクワ・チームスプリント 2位
  • 成田和也、渡邉一成、及川裕奨 - シドニー・チームスプリント 2位
  • 成田和也 - ロサンゼルス・スプリント 3位
  • 成田和也、渡邉一成、及川裕奨 - マンチェスター・チームスプリント 2位

2005年〜2006年

  • 盛一大 - シドニー・ポイントレース 2位
  • 金子貴志 - モスクワ・スプリント 3位
  • 西谷泰治 - スクラッチ 3位
  • 井上昌己、金子貴志、渡邉一成 - シドニー・チームスプリント 3位

2008年2009年

  • 盛一大 - コペンハーゲン・スクラッチ 優勝

2010年2011年

2012年2013年

  • 河端朋之 - カリ・ケイリン 2位
  • 河端朋之、坂本貴史稲毛健太 - カリ・チームスプリント 2位
  • 前田佳代乃*、石井寛子* - カリ・チームスプリント 2位
  • 坂本貴史 - グラスゴー・ケイリン 3位
  • 渡邉一成 - アグアスカリエンテス・ケイリン 2位

外部リンク[編集]