名古屋競輪場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
名古屋競輪場
Nogoya-keirin-1.jpg
基本情報
所在地 名古屋市中村区中村町68
座標 北緯35度10分32.28秒 東経136度51分14.81秒 / 北緯35.1756333度 東経136.8541139度 / 35.1756333; 136.8541139座標: 北緯35度10分32.28秒 東経136度51分14.81秒 / 北緯35.1756333度 東経136.8541139度 / 35.1756333; 136.8541139
電話投票 42#
開設 1949年(昭和24年)10月24日
施行者 名古屋競輪組合
走路 400m
重勝式投票 Kドリームス
公式サイト 名古屋競輪
配信サイト ケイリンライブ!
実況
担当 藤澤宏己
記念競輪
名称 金鯱賞争奪戦
開催月 3月(次回は2015年)
テンプレートを表示

名古屋競輪場(なごやけいりんじょう)は愛知県名古屋市中村区にある競輪場。施設所有および主催は名古屋競輪組合(愛知県と名古屋市による一部事務組合)。競技実施はJKA競輪競技実施事業本部中日本地区本部。

概要[編集]

名古屋競輪場は1949年に開設された。当初は中日球場にて組立バンクによる競輪開催(西宮競輪と同じ手法)する構想があったものの、名古屋市財政局からの強い要望があり、最終的には別個に新規で競輪場を建設することになり、現在地の名古屋市が土地を所有する中村公園北側に造成された[1]

特別競輪はオールスター競輪が直近の2005年を含めると全部で4回開催された。また2011年2014年には日本選手権競輪を、2012年には共同通信社杯競輪をそれぞれ開催している。今後は2016年3月8日から13日まで日本選手権競輪が開催される予定である。

記念競輪 (GIII) は「金鯱賞争奪戦」として行われるのが恒例となっており、近年まで10月に開催されていたが、最近は3月に時期が移動されている。またS級シリーズとして現役時代は日本選手権競輪とオールスター競輪を制し、世界選手権にも出場したことがある高橋健二を称え、『高橋健二杯・メダリストカップ』が開催されている。

トータリゼータシステム富士通フロンテックを採用しており、2008年7月9日からは重勝式車券にあたるKドリームスの発売が行われるようになった。

マスコットキャラクターはコアラの「くるくる」。

2004年4月からはCS放送のスポーツ専門チャンネルEXスポーツにおいて「ケイリンライブ!」(2012年9月までの番組名は「ケイリンライブ!282(ツーパーツー)」)の放送を行っている。

バンク[編集]

400mを使用している。バンクを建設する際に、走りやすくスピードが出しやすい様に設計された。その結果、追い込みに有利な短過ぎない直線、自力選手有利な角度を大きくとったカントを持っており、どの戦法の選手にも戦いやすいと言われているが、どちらかと言うと「余程遅く無ければ、どこから仕掛けても前団を捕まえられる」と捲り選手に有利なようである。

なお、2005年春に2コーナー付近のスタンドを取り壊し、バック側まで芝生席を造ったため、そこから吹き込む風の影響には注意が必要。

大画面映像装置は2コーナー側建物上部に設置されている。

交通アクセス[編集]

場外車券売場[編集]

歴代記念競輪優勝者[編集]

優勝者 登録地
2002年 手島慶介 群馬
2003年 佐々木則幸 高知
2004年 小嶋敬二 石川
2006年 岡部芳幸 福島
2008年 渡邉晴智 静岡
2009年 木暮安由 群馬
2010年 加藤慎平 岐阜
2012年 吉田敏洋 愛知
2015年
※1節4日間制開催となった、2002年4月以降の歴代記念競輪優勝者を列記。

脚注[編集]

  1. ^ 『競輪五十年史』などの記述より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]