大宮競輪場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大宮競輪場
(大宮双輪場)
Omiya-keirin-1.jpg
基本情報
所在地 さいたま市大宮区高鼻町4大宮公園
座標 北緯35度55分11.2秒 東経139度37分55.29秒 / 北緯35.919778度 東経139.6320250度 / 35.919778; 139.6320250座標: 北緯35度55分11.2秒 東経139度37分55.29秒 / 北緯35.919778度 東経139.6320250度 / 35.919778; 139.6320250
電話投票 25#
開設 1949年(昭和24年)1月14日
民間委託 日本トーター
施行者 埼玉県
走路 500m
重勝式投票 Kドリームス
公式サイト 大宮けいりん
実況
担当 坂巻勇気[1]
所属 東京電設工業
記念競輪
名称 東日本発祥 倉茂記念杯
開催月 1月
テンプレートを表示

大宮競輪場(おおみやけいりんじょう)は、埼玉県さいたま市大宮区高鼻町にある競輪場。施設所有および主催は埼玉県。競技実施はJKA競輪競技実施事業本部東日本地区本部関東競技部。実況は東京電設工業で、担当は坂巻勇気が通常行なっている。

概要[編集]

1979年頃の大宮公園国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成)。中央の森のバンク円形になっているのが大宮競輪場兼陸上競技場である

埼玉県営大宮公園内に所在し、正式名称は大宮公園陸上競技場兼双輪場で、双輪場としての開設は1939年4月だが、これは1940年に開催予定(中止)だった東京オリンピックの自転車競技(トラック競技)の会場として使用する事を想定されたために建設(しかし会場は芝浦埋立地に建設された)されたもので、競輪場としては1949年(昭和24年)1月14日に開設された。

毎年の1月記念競輪 (GIII) として、日本自転車振興会理事を務め「競輪の生みの親」と呼ばれた倉茂貞助の功績を称え『倉茂記念杯』が行われている。なお特別競輪(現在のGI相当)は1955年8月の全国都道府県選抜競輪(現在は廃止)以降、開催されていない。

キャリーオーバー発生時に最大12億円の配当金が得られる可能性がある重勝式投票方式Kドリームス」を2010年8月25日より発売開始した。ただし本場や競輪場外車券売場では購入できず、会員制のネット販売に限定される。なお西武園競輪場も埼玉県主催のため、競輪では初のキャリーオーバー共有方式での発売となる。

競輪トラックの内側には、日本陸上競技連盟第2種公認(現在は公認抹消)の400mトラックを持つ陸上競技場が併設され、競輪や自転車競技会の開催されない日には一般開放している。かつては、埼玉県営大宮公園サッカー場(現さいたま市大宮公園サッカー場)が完成するまでサッカー会場として使用されていた。

バンク特徴[編集]

関東地方では宇都宮・千葉と並ぶ1周500mバンク。年配のファンからは「大宮競馬場」と形容される程に直線が長く、追込選手に有利とされている。対して、先行選手は総じて不利とされる。

なお、形容される「大宮競馬場」は戦前に実在した競馬場である。場所は現在のステラタウンの位置である。

周辺施設[編集]

アクセス[編集]

ホームバンクとする主な選手[編集]

歴代記念競輪優勝者[編集]

優勝者 登録地
2003年 佐々木則幸 高知
2004年 太田真一 埼玉
2005年 後閑信一 群馬
2006年 山口富生 岐阜
2007年 手島慶介 群馬
2008年 平原康多 埼玉
2009年 矢口啓一郎 群馬
2010年 平原康多 埼玉
2011年 平原康多 埼玉
2012年 村上義弘 京都
2013年 平原康多 埼玉
2014年 神山拓弥 栃木
2015年
※1節4日間制開催となった、2002年4月以降の歴代記念競輪優勝者を列記。

エピソード[編集]

  • マスコットキャラは「昇竜くん」。がモデル。
同じ埼玉県にある西武園競輪場のマスコットキャラのさい☆ボーグと「埼玉ライン」を組んでいる。
  • 東日本地区では初めて(全国では小倉競輪場大阪住之江競輪場につぐ3場目)開設された競輪場である。このことから記念競輪では昔から東日本発祥○○周年記念の文字をメインとして冠していたが、現在は倉茂記念杯が創設されたことからサブタイトルとなっている。
  • かつて運営していたさいたま市(合併前は浦和市大宮市が主催)、川口市熊谷市が主催していたが、各市とも撤退を表明。埼玉県では、西武園競輪場同様、2007年度より県単独の開催にし、運営についても当場のトータリゼータシステムを担当する日本トーターに民間委託された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • 埼玉県庁 - 県営競技事務所が施設所有および経営を担当している。
  • クインシー・ジョーンズ - 自身作曲の「ソウル・ボサ・ノヴァ」が当場締切前BGMに使用されている。

外部リンク[編集]

先代:
西宮球技場
兵庫県
天皇杯全日本サッカー選手権大会
決勝戦会場

36
次代:
国泰寺高校
広島県