第36回天皇杯全日本サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第36回天皇杯全日本サッカー選手権大会(だい36かいてんのうはいぜんにほんサッカーせんしゅけんたいかい)は、1956年5月3日から6日まで大宮市埼玉県営大宮陸上競技場で開かれた天皇杯全日本サッカー選手権大会である。

概要[編集]

  • 本大会出場は16チーム。

出場チーム[編集]

試合[編集]

1回戦[編集]

1956年5月3日

関学クラブ 8 - 0 富岡サッカー
1956年5月3日

浜松サッカー 0 - 4 慶應BRB
1956年5月3日

全室蘭 0 - 7 東洋工業
1956年5月3日

全立教 2 - 1 東北学院大学
1956年5月3日

浦和クラブ 1 - 1
(延長)
(抽選で全関大の勝利)
全関大
1956年5月3日

中大クラブ 2 - 1 京都紫光
1956年5月3日

大阪クラブ 5 - 1 上田クラブ
1956年5月3日

東大LB 1 - 6 八幡製鉄

準々決勝[編集]

1956年5月4日

関学クラブ 1 - 2 慶應BRB
1956年5月4日

東洋工業 1 - 0 全立教
1956年5月4日

全関大 1 - 3 中大クラブ
1956年5月4日

大阪クラブ 1 - 1
(延長)
(抽選で八幡製鉄の勝利)
八幡製鉄

準決勝[編集]

1956年5月5日

慶應BRB 3 - 0 東洋工業
1956年5月5日

中大クラブ 2 - 2
(延長)
(抽選で八幡製鉄の勝利)
八幡製鉄

三位決定戦[編集]

1956年5月6日

東洋工業 3 - 1 中大クラブ

決勝[編集]

1956年5月6日

慶應BRB 4 - 2 八幡製鉄