第50回天皇杯全日本サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第50回天皇杯全日本サッカー選手権大会(だい50かいてんのうはいぜんにっぽんサッカーせんしゅけんたいかい)は、1970年12月27日から1971年1月1日まで開かれた天皇杯全日本サッカー選手権大会である。

概要[編集]

  • 本大会には8チームが参加。
  • 準決勝・決勝3試合が延長にもつれ、1試合が抽選となるなど接戦・激戦が続いた大会であった。

出場チーム[編集]

日本サッカーリーグ[編集]

大学[編集]

試合[編集]

準々決勝[編集]

  • ヤンマー 4-2 法政大学
  • 三菱重工 4-0 大阪経済大学
  • 東洋工業 4-0 福岡大学
  • 日立本社 5-1 大阪商業大学

準決勝[編集]

  • ヤンマー 2-2(延長・抽選) 三菱重工
  • 東洋工業 2-1(延長) 日立本社

決勝戦[編集]

  • ヤンマー 2-1(延長) 東洋工業

関連項目[編集]