第73回天皇杯全日本サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第73回天皇杯全日本サッカー選手権大会(だい73かいてんのうはいぜんにほんサッカーせんしゅけんたいかい)は、1993年12月5日から1994年1月1日まで開かれた天皇杯全日本サッカー選手権大会である。

概要[編集]

この年に開幕したJリーグ所属の全10クラブに加え、各地域代表をあわせて32チームが本大会に出場した。

ベスト8はすべてJリーグ勢で占められ、決勝はJリーグ・サントリーステージ(前期)覇者の鹿島アントラーズと、加茂周監督率いる横浜フリューゲルスの対戦となった。試合は延長戦までもつれたが、横浜Fが延長戦で大量得点し、優勝を果たした。加茂にとって、本大会の実績は、のちに日本代表監督に就任するきっかけのひとつとなった。

出場チーム[編集]

Jリーグ[編集]


北海道[編集]

東北[編集]

関東[編集]

北信越[編集]

東海[編集]

関西[編集]

中国[編集]

四国[編集]

九州[編集]

試合[編集]

1回戦[編集]

  • 鹿島アントラーズ 1(PK3-2)1 NKK
  • 東北電力 3-2 三洋電機洲本
  • 名古屋グランパスエイト 2-1 ヤマハFCジュビロ磐田
  • 高知大学 0-5 ガンバ大阪
  • ジェフユナイテッド市原 3-0 大阪商業大学
  • 東芝 2-1 福岡大学
  • 西濃運輸 1-2 中央大学
  • 札幌大学 0-6 清水エスパルス
  • 横浜マリノス 3-1 日立FC柏レイソル
  • 同志社大学 2-4 川崎製鉄
  • 早稲田大学 3-0 北陸電力
  • 鹿屋体育大学 1-2 サンフレッチェ広島
  • 横浜フリューゲルス 4-1 田辺製薬
  • 大塚製薬 0-3 浦和レッドダイヤモンズ
  • コスモ石油 1-0 ベルマーレ平塚
  • ほくでん 0-5 ヴェルディ川崎

2回戦[編集]

  • 鹿島アントラーズ 6-1 東北電力
  • 名古屋グランパスエイト 3-2 ガンバ大阪
  • ジェフユナイテッド市原 2-0 東芝
  • 中央大学 0-1 清水エスパルス
  • 横浜マリノス 2-1 川崎製鉄
  • 早稲田大学 0-2 サンフレッチェ広島
  • 横浜フリューゲルス 4-3 浦和レッドダイヤモンズ
  • コスモ石油 0-2 ヴェルディ川崎

準々決勝[編集]

  • 鹿島アントラーズ 5-3 名古屋グランパスエイト
  • ジェフユナイテッド市原 1-2 清水エスパルス
  • 横浜マリノス 1-3 サンフレッチェ広島
  • 横浜フリューゲルス 2-1 ヴェルディ川崎

準決勝[編集]

  • 鹿島アントラーズ 1-0 清水エスパルス
  • サンフレッチェ広島 1-2 横浜フリューゲルス

決勝[編集]

1994年1月1日

鹿島アントラーズ 2 - 6
(延長)
横浜フリューゲルス 国立霞ヶ丘陸上競技場
観客数: 53,540人
主審: 岡田正義
黒崎比差支 6分にゴール 6分
奥野僚右 89分にゴール 89分
エドゥー 44分にゴール 44分63分にゴール 63分
渡辺一平 112分にゴール 112分
ラウル・アマリージャ 115分にゴール 115分118分にゴール 118分
反町康治 119分にゴール 119分

関連項目[編集]