第44回天皇杯全日本サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第44回天皇杯全日本サッカー選手権大会(だい44かい てんのうはいぜんにほんサッカーせんしゅけんたいかい)は、1965年1月11日から17日まで王子競技場で開かれた天皇杯全日本サッカー選手権大会である。

概要[編集]

  • 本大会には実業団および学生(前回優勝の早稲田大学と開催地推薦の関西学院大学を含む)上位各5チーム計10チームに出場権が与えられた。
  • この大会は「過渡的な措置」として天皇杯史上唯一グループリーグ方式が採用された。5チームずつの2グループに分けてA・B各リーグ1位が決勝戦に進出した。各リーグ2位は三位決定戦を行う。
  • 決勝戦は八幡製鉄と古河電工が進出。延長戦を戦っても決着が付かず史上初の両チーム優勝となった。現在のレギュレーションでは決勝戦もPK戦により決着を付けるため天皇杯史上唯一の両チーム優勝となっている。

出場チーム[編集]

実業団[編集]

学生[編集]

試合[編集]

Aリーグ[編集]

順位 チーム 勝点 八幡 早大 三菱 関大 日大
1 八幡製鉄 8 \ 2-1 3-0 2-1 5-1
2 早稲田大学 6 1-2 \ 4-0 2-0 7-0
3 三菱重工 4 0-3 0-4 \ 3-0 4-0
4 関西大学 2 1-2 0-2 0-3 \ 7-1
5 日本大学 0 1-5 0-7 0-4 1-7 \

Bリーグ[編集]

順位 チーム 勝点 古河 東洋 日立 関学 明大
1 古河電工 7 \ 1-1 2-1 1-0 4-0
2 東洋工業 5 1-1 \ 4-1 2-3 1-0
3 日立本社 4 1-2 1-4 \ 3-2 3-2
4 関西学院大学 2 0-1 3-2 2-3 \ 2-4
5 明治大学 2 0-4 0-1 2-3 4-2 \

※勝ち点は勝2・引分1・負け0

三位決定戦[編集]

1965年1月17日

早稲田大学 1 - 2 東洋工業

決勝戦[編集]

1965年1月17日

八幡製鉄 0-0
(延長・両チーム優勝)
古河電工