第52回天皇杯全日本サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第52回天皇杯全日本サッカー選手権大会(だい52かいてんのうはいぜんにほんサッカーせんしゅけんたいかい)は、1972年12月10日から1973年1月1日まで開かれた天皇杯全日本サッカー選手権大会である。

概要[編集]

  • イングランドFAカップに倣い、オープン化された。
  • JSL1部8チームと地域大会を勝ち抜いた16チームの計24チームが参加した。

出場チーム[編集]

日本サッカーリーグ1部[編集]


地域代表[編集]


試合[編集]

1回戦[編集]

  • 甲府クラブ 4-1 新日鐵室蘭
  • 中央大学 3-1 新日鐵釜石
  • 永大産業 3-1 大阪商業大学
  • 大日日本電線 3-2 福岡大学
  • 慶應義塾大学 4-2 富山クラブ
  • 田辺製薬 3-1 帝人松山
  • 日本軽金属 3-2(延長) 早稲田大学
  • トヨタ自工 3-1 電電近畿

2回戦[編集]

  • 日立製作所 2-0 甲府クラブ
  • 藤和不動産 2-0 中央大学
  • 日本鋼管 3-1 永大産業
  • 三菱重工 9-0 大日日本電線
  • ヤンマー 4-0 慶應義塾大学
  • 古河電工 4-2 田辺製薬
  • 東洋工業 2-0 日本軽金属
  • 新日本製鉄 4-0 トヨタ自工

準々決勝[編集]

  • 日立製作所 4-0 藤和不動産
  • 日本鋼管 3-0 三菱重工
  • ヤンマー 4-1 古河電工
  • 東洋工業 2-2(PK 5-4) 新日本製鉄

準決勝[編集]

  • 日立製作所 2-0 日本鋼管
  • ヤンマー 1-0 東洋工業

決勝戦[編集]

  • 日立製作所 2-1 ヤンマー

関連項目[編集]