第43回天皇杯全日本サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第43回天皇杯全日本サッカー選手権大会(だい43かい てんのうはいぜんにほんサッカーせんしゅけんたいかい)は、1964年1月12日から15日まで王子運動場で開かれた天皇杯全日本サッカー選手権大会である。

概要[編集]

  • この大会より冬季開催となっている。
  • 本大会には地方予選を勝ち抜いたチームに協会推薦を加えた7チームが参加。
  • 協会推薦のうち古河電工は、会社の方針で辞退した。そのため、関西大学は準決勝からの出場となる。

出場チーム[編集]

試合[編集]

準々決勝[編集]

1964年1月12日

住友ゴム 2 - 1 中央大学
1964年1月12日

日立本社 1 - 1
(延長)
(抽選により日立本社の勝利)
八幡製鉄
1964年1月12日

早稲田大学 2 - 1 東洋工業

準決勝[編集]

1964年1月13日

住友ゴム 0 - 4 日立本社
1964年1月13日

早稲田大学 2 - 1 関西大学

三位決定戦[編集]

1964年1月15日

住友ゴム 2 - 3 関西大学

決勝戦[編集]

1964年1月15日

日立本社 0 - 3 早稲田大学