京都紫光サッカークラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

京都紫光サッカークラブ(きょうとしこう サッカークラブ、Kyoto Shiko Soccer Club、京都紫光クラブ)について、以下の2つがあり、それぞれこの記事内で記載する。

  1. かつて存在した日本サッカークラブ。1922年京都府師範学校のOBのサッカークラブとして創部した。日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)加盟の京都サンガF.C.の前身となったクラブ。
  2. 1993年に創設された同好会クラブであり、関西サッカーリーグに所属する。

京都紫光クラブ(1922年 - 1993年)[編集]

京都紫光クラブ
原語表記 京都紫光クラブ
愛称 紫光、紫光クラブ
クラブカラー     
創設年 1922年
解散年 1993年
ホームタウン 京都府京都市
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

概要[編集]

1922年

京都師範学校のOBが中心となって「京都紫郊クラブ」が創設[1]

1954年

京都紫光クラブに改称[1]

1956年

天皇杯全日本サッカー選手権大会に初出場[1]

1965年

第1回全国社会人サッカー選手権大会(以下「全社」)に出場。

1965年

関西サッカーリーグの創設に伴い、参加。

1969年

関西リーグで初優勝。

1972年

日本サッカーリーグ2部発足に伴い、参加[1]

1978年

JSL2部で最下位。JSL2部・地域リーグ入替戦でヤマハ発動機(現:ジュビロ磐田)に敗北して関西リーグに降格。

1979年

関西リーグで優勝。初出場となった全国地域サッカーリーグ決勝大会は決勝ラウンド2位の成績を収めたが、JSL2部・地域リーグ入替戦は帝人に敗れた。

1988年

中央防犯(現:アビスパ福岡)やマツダオート広島などを破り、全社で初優勝。 関西リーグで4度目の優勝。 全国地域サッカーリーグ決勝大会は東京ガス(現:FC東京)や読売サッカークラブ・ジュニオールに競り勝って、決勝ラウンド2位の成績。

1989年

JSL2部に再昇格。

1992年

ジャパンフットボールリーグ(JFL)発足に伴い、JFL2部に参加。JFL2部で準優勝してJFL1部へ昇格。

1993年

クラブ名称を教育研究社FC京都パープルサンガに変更[1]。 8月10日、「京都にJリーグを」市民の会が設立される[2]。その後、約25万人の署名が集まった。また、市民の会が経済界に働きかけて、京セラが中核となって発足させることが決まった[3]

1994年

1月11日、運営会社となる「株式会社京セラパープルサンガ」が設立。資本金は18億2,000万円で、その内の京セラが10億円、任天堂が3億円を出資した[3]。また、クラブ名称を「京都パープルサンガ」とすることも決定し、6月に名称が変更された[1]

成績[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 監督
1966 関西 2位 11 7 5 1 1 25 11 14
1967 2位 9 7 4 1 2 17 7 10 今大路仟
1968 4位 8 7 4 0 3 10 9 1
1969 優勝 16 14 5 6 3 23 15 8
1970 6位 11 14 4 3 7 17 33 -16
1971 優勝 24 14 12 0 2 43 12 31 嶋谷征四郎
1972 JSL2部 4位 17 18 7 3 8 26 31 -5
1973 7位 14 18 5 4 9 31 35 -4
1974 3位 22 18 9 4 5 27 20 +7
1975 6位 15 18 5 5 8 18 20 -2
1976 9位 11 18 3 5 10 11 25 -14
1977 6位 31 18 5 4PK勝 3PK敗 6 26 37 -11
1978 10位 8 18 1 1PK勝 2PK敗 14 15 51 -36
1979 関西 優勝 29 18 12 5 1 50 23 27
1980 5位 19 18 8 3 7 33 18 15 板谷照夫
1981 4位 20 18 8 4 6 23 23 0
1982 4位 19 18 8 3 7 26 21 5 江見敏夫
1983 5位 17 18 5 7 6 20 22 -2 木村文治
1984 6位 15 16 5 5 6 20 20 0
1985 4位 16 16 6 4 6 24 20 4
1986 2位 24 18 9 6 3 39 21 18
1987 5位 19 18 7 5 6 34 20 14
1988 優勝 24 15 11 2 2 31 10 21
1989-90 JSL2部 4位 60 30 17 9 4 61 28 33
1990-91 13位 31 30 8 7 15 42 62 -20
1991-92 14位 22 30 5 7 18 21 57 -36 来栖孝治
1992 JFL2部 2位 37 18 11 4 3 39 17 22
1993 JFL1部 10位 - 18 2 - 16 20 52 -32 高間武

タイトル[編集]

京都紫光サッカークラブ(1993年創部)[編集]

京都紫光サッカークラブ
原語表記 京都紫光サッカークラブ
呼称 京都紫光クラブ
愛称 紫光、紫光クラブ
クラブカラー     
創設年 1993年
所属リーグ 関西サッカーリーグ
所属ディビジョン 2部
ホームタウン 京都府京都市
ホームスタジアム 京都府立山城総合運動公園太陽が丘球技場
京都府立洛西浄化センター公園(アクアパルコ洛西)他
運営法人 京都紫光サッカークラブ
代表者 大矢勲
監督 児島信章
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
京都紫光サッカークラブ
国籍 日本の旗 日本
格付 任意団体
専門分野 教育系 (スポーツ)
代表者 大矢勲
活動地域 京都府
主な事業 サッカーを中心とする生涯スポーツ全般の普及
郵便番号 〒603-8371
事務所 京都市北区衣笠東御所ノ内町60
シマスポーツ2F
外部リンク http://www.kyoto-shiko.jp/index.html
テンプレートを表示

概要[編集]

サンガ(その後の沿革は当項目を参照)とは別に、アマチュアとして選手活動を続けていく選手、特に練習生の受け皿として、教育研究社(現:ワオ・コーポレーション)のサッカー部(教育研究社FC、1989年創設)を母体として1993年にサッカークラブが創設された(現:アミティエSC)。

また、同様にサンガとは別に、従来の京都紫光クラブのあり方で活動を続けて行こうとしたのが、現在の「京都紫光サッカークラブ」である。

現在の京都紫光サッカークラブは企業チームでもプロクラブでもないので、参加者から活動費を集めて活動している。また、女子チームも存在する。

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記
なし -
背中 アトランティック・センチュリー・サイバーワークス ACCW.net / ACCW.hk
有限会社デシリットル・ファクトリー pontab
パンツ 竹内左官工業 竹内左官工業

ユニフォームサプライヤー[編集]

成績[編集]

年度 カテゴリ 順位 勝点 試合 得点 失点 得失 監督
1998 関西 7位 21 18 6 3 9 32 52 -30 安田一雅
1999 9位 25 16 7 4 5 29 30 -1
2000 2位 32 18 9 5 4 32 21 +11
2001 7位 21 18 7 0 11 24 31 -7
2002 7位 16 13 5 1 7 21 24 -3
2003 9位 12 18 3 3 12 25 54 -29
2004 9位 20 20 6 2 12 26 51 -25 小池正樹
2005 関西2部 2位 30 14 10 0 4 36 23 13
2006 関西1部 7位 12 14 3 3 8 20 30 -10
2007 関西2部 4位 20 14 5 5 4 34 26 8
2008 3位 27 14 9 0 5 33 23 10
2009 3位 25 14 8 1 5 26 25 1 小池正樹 / 豊浦太郎
2010 5位 18 14 5 3 6 17 29 -12 豊浦太郎
2011 3位 22 14 7 4 3 38 22 16
2012 7位 6 14 2 0 12 7 44 -37 児島伸章
2013 5位 15 14 4 3 7 25 36 -11
2014 14

下部組織[編集]

  • シニアチーム
  • 女子チーム
  • ジュニアユース(U-15、U-14、U-13)
  • ジュニアU-12(U-12、U-11、U-10)
  • ジュニアU-9(U-9、U-8、U-7)
  • 紫光サッカーキッズ

主な所属・出身選手[編集]


脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f クラブ概要”. 京都サンガF.C.. 2013年5月4日閲覧。
  2. ^ 「京本拠のJリーグチームを 市民の会が設立集会」 朝日新聞、1993年8月12日、2014年2月8日閲覧
  3. ^ a b 「Jリーグめざし京都に京セラが新会社」 朝日新聞、1993年8月12日、2014年2月8日閲覧

外部リンク[編集]