京都府立山城総合運動公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京都府立山城総合運動公園
Taiyogaoka Park-02.jpg
所在地
京都府宇治市広野町八軒屋谷1[1]
北緯34度52分10.72秒 東経135度48分14.34秒 / 北緯34.8696444度 東経135.8039833度 / 34.8696444; 135.8039833座標: 北緯34度52分10.72秒 東経135度48分14.34秒 / 北緯34.8696444度 東経135.8039833度 / 34.8696444; 135.8039833
分類 都市公園(広域公園)
面積 約108ha
開園 1982年3月
運営者 京都府(指定管理者:公益財団法人京都府公園公社[2]
設備・遊具 野球場
陸上競技場
球技場
体育館他
駐車場 1,300台[3]
事務所 京都府立山城総合運動公園管理事務所
事務所所在地 京都府宇治市広野町八軒屋谷1[3]
アクセス #アクセスを参照。
公式サイト 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

京都府立山城総合運動公園(きょうとふりつ やましろそうごううんどうこうえん)は、京都府宇治市に位置する都市公園(広域公園)である[1]指定管理者制度に基づき、公益財団法人京都府公園公社が管理・運営している。愛称は「太陽が丘」である。公園の総面積は約108ヘクタール[4](1,082,000平方メートル)。運動施設が充実しており、年間100万人の利用者[4]が訪れ、様々な大会などが行われている。

略歴[編集]

  • 1978年 - 京都府による公園基本計画が決定[4]
  • 1980年5月 - 工事が起工[4]
  • 1988年 - 「第43回国民体育大会」が京都府で開催されるため急ピッチで工事が進んだ[4]
  • 1982年3月 - 陸上競技場、第2競技場、第1野球場、公園センターなどの施設が完成し、開園[4]
    • この間に、野球場、テニスコート、ファミリープール、競泳・飛び込みプール、体育館など運動施設が完成[4]
  • 1991年 - 京都府立山城総合運動公園の隣接地で全国植樹祭が開催[4]
  • 1992年 - 植樹祭の会場跡地が「府民ふれあいの森」として整備。京都府立山城総合運動公園に編入[4]
  • 2011年11月から2012年6月まで陸上競技場が全面改修[5]。これは日本陸上競技連盟第二種公認更新のための処置で、陸上用トラックや芝生の張替えを行った。
  • 2013年 - 7月から1ヶ月間、体育館・メインアリーナの床が沈下したことにより、体育館の使用を中止[6]

施設[編集]

太陽が丘野球場

硬式野球に対応した第1球場をはじめ、5面のグラウンドがある。

太陽が丘陸上競技場
陸上競技場

陸上競技場兼球技場。サッカー日本フットボールリーグ(JFL)の佐川印刷京都サッカークラブの公式戦も開催される。

  • 日本陸上競技連盟第2種公認
  • トラック:400m×8レーン
  • 天然芝グラウンド
  • 収容人員 メインスタンド:1,800人、芝生スタンド:5,200人 計7,000人
太陽が丘球技場

ラグビー、サッカー、アメリカンフットボールなどの球技場として、球技場Aおよび球技場Bがあり、いずれも面積は10,496平方メートル(128メートル×82メートル)である。

太陽が丘体育館
  • メインアリーナ・・・42m×62m
  • サブアリーナ・・・21m×34m
その他の施設

アクセス[編集]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 山城総合運動公園公式サイト(京都府のサイト)
  2. ^ 指定管理者募集・指定情報
  3. ^ a b c d スタジアム【太陽が丘】”. 日本フットボールリーグ. 2014年3月30日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 京都府立山城総合運動公園の変遷”. 京都府立山城総合運動公園公式サイト. 2013年5月4日閲覧。
  5. ^ 太陽が丘・陸上競技場を全面改修へ”. 京都新聞 (2011年7月4日). 2012年5月19日閲覧。
  6. ^ 体育館、床沈下で使用中止 山城総合運動公園”. 京都新聞 (2013年7月18日). 2013年11月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]