1972年のJSL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1972年JSL(第8回日本サッカーリーグ1部および第1回日本サッカーリーグ2部)は、1部が1972年4月9日から11月26日まで、2部が4月9日から12月3日まで行われた。

このシーズンから実力別の1部2部制に移行し、JSL2部がスタートした。優勝は1部が日立製作所サッカー部、2部がトヨタ自動車工業サッカー部であった。

JSL1部[編集]

シーズン 1972(第8回)
優勝 日立
試合数 56
ゴール数 177 (1試合平均3.16)
1試合平均
ゴール数
3.16[1]
得点王 松永章
平均観客動員 5.026人[1]
1971
1973

前年優勝のヤンマー日立が優勝を争い、両チームとも勝ち点19(得失点差はヤンマーが+19、日立が+17でヤンマーが上回る)で最終節を迎えた[2]。最終節、日立は東京で行われた新日鐵戦に3-0で勝利した[2]。同時刻に神戸で行われたヤンマー対三菱重工の試合では、前半2分、4分と立て続けに三菱がゴールが決めた[2]。ヤンマーは同点には追いついたものの逆転できず2-2の引き分けに終わり、日立の初優勝が決まった[2]。低迷していた日立は1970年に元日本代表監督の高橋英辰を監督に迎え、豊富な運動量を活かす組織的なサッカーで「走る日立」の異名を取った[3][2]

この年JSLに昇格した藤和は、後期からブラジルのコリンチャンスでプレーしていたセルジオ越後を獲得した[2]。JSLでは外国籍選手はこれまでにもいたが、元プロ選手の加入はこれが初めてだった[2]

翌年から1部のチーム数が2つ増えて10となるため、入れ替え戦は行われなかった[2]

大会概要[編集]

参加クラブ[編集]

成績[編集]

年間順位[編集]

[2]

順位 クラブ 勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差
1位 日立 21 9 3 2 36 16 +20
2位 ヤンマー 20 7 6 1 30 11 +19
3位 東洋工業 16 7 2 5 20 13 +7
4位 三菱重工 16 5 6 3 26 19 +7
5位 日本鋼管 13 4 5 5 15 18 -3
6位 新日鐵 12 4 4 6 22 30 -8
7位 古河電工 8 3 2 9 17 41 -24
8位 藤和 6 2 2 10 11 29 -18
優勝

得点ランキング[編集]

[2]

順位 選手名 所属クラブ 得点数
1 日本の旗 松永章 日立 12
2 日本の旗 釜本邦茂 ヤンマー 11
3 日本の旗 大久保賢治 三菱重工 7
4 日本の旗 小畑穣 日立 6
日本の旗 細谷一郎 三菱重工 6
日本の旗 荒井公三 古河電工 6
7 日本の旗 吉村大志郎 ヤンマー 5
日本の旗 安原真一 東洋工業 5
日本の旗 内山幸男 日本鋼管 5
日本の旗 日高憲敬 新日鐵 5
日本の旗 上田忠彦 新日鐵 5
日本の旗 崎谷誠一 新日鐵 5

アシストランキング[編集]

[2]

順位 選手名 所属クラブ アシスト数
1 日本の旗 吉村大志郎 ヤンマー 8
2 日本の旗 釜本邦茂 ヤンマー 6
3 日本の旗 崎谷誠一 新日鐵 5
4 日本の旗 小原秀男 東洋工業 4
7 日本の旗 野村六彦 日立 3
日本の旗 吉田淳弘 日立 3
日本の旗 平沢周策 日立 3
日本の旗 杉山隆一 三菱重工 3
日本の旗 細谷一郎 三菱重工 3
日本の旗 足利一郎 三菱重工 3
日本の旗 高田一美 三菱重工 3
日本の旗 岡村新太郎 日本鋼管 3
日本の旗 高橋義貴 日本鋼管 3
日本の旗 日高憲敬 新日鐵 3
日本の旗 荒井公三 古河電工 3
  • 翌シーズンからのチーム数増加の為、入れ替え戦は未開催。
  • トヨタ自工(JSL2部優勝)と田辺製薬(JSL2部準優勝)がJSL1部へ自動昇格。

表彰[編集]

[4]

選手名 所属クラブ 受賞回数
得点王 ゴールデンボール賞 日本の旗 松永章 日立
アシスト王 シルバーボール賞 日本の旗 吉村大志郎 ヤンマー
スターボール賞 日本の旗 釜本邦茂 ヤンマー 5
敢闘賞 日本の旗 松永章 日立
年間優秀11人賞 日本の旗 瀬田龍彦 日立
日本の旗 川上信夫 日立
ブラジルの旗 カルロス・エステベス ヤンマー 2
日本の旗 吉村大志郎 ヤンマー 3
日本の旗 小城得達 東洋工業 7
日本の旗 山口芳忠 日立 5
日本の旗 杉山隆一 三菱重工 7
日本の旗 野村六彦 日立
日本の旗 松永章 日立
日本の旗 釜本邦茂 ヤンマー 6
日本の旗 高田一美 三菱重工

JSL2部[編集]

JSL2部大会概要[編集]

JSL2部参加クラブ[編集]

JSL2部成績[編集]

JSL2部年間順位[編集]

[5]

順位 クラブ 勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差
1 トヨタ 30 13 4 1 34 16 +18
2 田辺製薬 26 10 6 2 37 22 +15
3 甲府クラブ 21 9 3 6 33 21 +12
4 富士通 17 4 9 5 19 23 -4
5 京都紫光クラブ 17 7 3 8 26 31 -5
6 日軽金 16 7 2 9 31 33 -2
7 読売クラブ 15 7 1 10 27 31 -4
8 大日電線 14 5 4 9 36 40 -4
9 電電近畿 14 4 6 8 21 25 -4
10 豊田織機 10 4 2 12 14 36 -22
自動昇格

JSL2部表彰[編集]

選手名 所属クラブ 備考
得点王 奥田昭夫 大日日本電線 14得点
アシスト王 泉政伸 トヨタ自工 7アシスト

出典[編集]

  1. ^ a b 「観客動員数/総得点数」『日本サッカーリーグ全史』 259頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 「1972 第8回大会」『日本サッカーリーグ全史』 136-137頁。
  3. ^ 『日本サッカー全史』、102頁。
  4. ^ 「歴代ベスト11」「歴代表彰選手」『日本サッカーリーグ全史』262-263頁。
  5. ^ 『日本サッカーリーグ全史』 218頁。

参考文献[編集]

  • 『日本サッカーリーグ全史』日本サッカーリーグ、1993

関連項目[編集]