永大産業サッカー部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
永大産業サッカー部
原語表記 永大産業サッカー部
呼称 永大
クラブカラー      赤、    
創設年 1972年
解散年 1977年
所属リーグ 日本サッカーリーグ
ホームタウン 山口県平生町
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

永大産業サッカー部(えいだいさんぎょうサッカーぶ)は、かつて存在した日本サッカークラブ。永大産業サッカー部として1972年に創部し山口県平生町を本拠地に活動していた。創部から2年で日本サッカーリーグ (JSL) 1部に昇格を果たしたが、会社の業績悪化により実質5年間の活動で消滅した。

歴史[編集]

大阪府に本社を置く建材メーカー・永大産業社長の深尾茂が「日本一のスポーツチームのオーナーになってやろう」と1969年に工場のあった山口県平生町を本拠地として前身の永大木材工業サッカー部を創設した。

深尾の特命を受けた東京ガスサッカー部出身の河口洋がチーム作りを担当、また広島県サッカー協会の渡部英麿らに選手補強の協力を仰いだ。そして1972年、前年に休部した名古屋相互銀行(名相銀)から、渡部の教え子である大久保賢を監督として迎え、また名相銀で移籍を希望した計6選手が加入し戦力が整い、永大産業サッカー部が発足した。

経験豊富なJSL出身の選手達の力と、整備されたグラウンドを所有し練習環境が万全であったこともあり、1年でJSL2部入り、2年目にJSL1部と短期間でJSL昇格を果たした。JSLでは上位進出はならなかったが、1974年後期以降はジャイロ、ジャイール、アントニオのブラジル人トリオが加入。同年の第54回天皇杯全日本サッカー選手権大会では創部3年目で決勝進出を果たし、決勝戦は釜本邦茂擁するヤンマーディーゼルに1対2で敗れ準優勝という結果となった。

1975年にはセルジオ越後がコーチに就任し、トップチームの指導のみならず地元の少年サッカーの指導にもあたった。しかし1977年3月に、会社の業績悪化のため[1]廃部が決定し、短い歴史に幕を下ろした。 現役生活を続ける意思のあった選手達の中で、MFのジャイロが読売クラブ。FWの中村道明東芝。GKの城山義輝、DFの山本誠、権代正樹、MFの三瓶弘幸が本田技研へと活動の場を求めた。

コーチのセルジオ越後は、この永大時代から少年サッカーの指導を始め、永大での経験を活かしその後「さわやかサッカー教室」を主催し全国の少年サッカーの育成に携わる事になった[2]。二代目の監督の塩沢敏彦明治大学監督を経て1986年から1991年まで全日空クラブの監督を務め同クラブの躍進に尽力、2005年には日本サッカー協会から派遣されネパール代表の監督を務めている。また永大に在籍していた選手には指導者を志した者も多く、これまで何人もの選手達をJリーグへ送り出している[3]

略歴と主なタイトル[編集]

戦績[編集]

年度 所属 順位 勝点 得点 失点 監督
1973 JSL2部 優勝 26 11 4 3 51 24 大久保賢
1974 JSL1部 9位 14 4 6 8 19 30
1975 5位 18 8 2 8 30 29
1976 7位 18 7 4 7 18 24 塩澤敏彦

全所属選手(1972年正式発足後)[編集]


永大産業サッカー部について書かれた本[編集]

  • 駆けぬけた奇跡 ―サッカー天皇杯にかけた男たちの夢(斎藤一九馬著、日刊スポーツ出版社刊)-永大産業サッカー部の誕生から消滅までを描いたノンフィクション小説 ISBN 978-4-8172-0246-8
  • 歓喜の歌は響くのか ―永大産業サッカー部 創部3年目の天皇杯決勝(斎藤一九馬著、角川文庫刊、『駆けぬけた奇跡』を改題して文庫化された)- 文庫オリジナルとしてサッカー解説者、セルジオ越後氏の「文庫化によせて」を収録 ISBN 978-4-04-394466-8

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 永大産業は1978年、約1,800億円の負債を抱えて会社更生法を申請。その後、2007年に再上場した。
  2. ^ Kagawa Soccer Library 賀川サッカーライブラリー
  3. ^ 渡辺義成小崎実は、その後地元ジュニアチームを指導。渡辺は岩政大樹らを、小崎は岡村宜城らを育てている。また横山孝治愛知学院大学総監督として秋田豊吉村圭司らを育てた。井上昭二岐阜VAMOSを設立し荻晃太津田知宏青山直晃らを輩出している。

外部リンク[編集]