1993年のJリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Jリーグ > 1993年のJリーグ
Jリーグ
シーズン 1993
優勝 ヴェルディ川崎
ACC出場 ヴェルディ川崎
試合数 180
ゴール数 532 (1試合平均2.96)
得点王 ラモン・ディアス横浜M・28得点)
最大差勝利ホーム試合
名古屋 6-0 市原(NICOS第18節・12月15日)
最大差勝利アウェー試合
浦和 0-6 V川崎(NICOS第9節・9月3日)
最多得点試合
G大阪 3-6 広島(NICOS第12節・11月13日)
最多観客動員
59,626人 - V川崎 vs 横浜M(サントリー第1節・5月15日)
最少観客動員
7,469人 - 横浜F vs 浦和(サントリー第3節・5月22日)
平均観客動員 17,976人
1994

1993年Jリーグは、リーグ戦が5月15日開幕12月15日に日程を終了し、翌1994年1月9日1月16日にチャンピオンシップを行った。リーグの優勝クラブはサントリーシリーズが鹿島アントラーズ、NICOSシリーズがヴェルディ川崎で、チャンピオンシップにより決定された年間総合優勝はヴェルディ川崎

1993年シーズンのJリーグクラブ[編集]

Jリーグクラブの所在地 (1992-1993)

1991年2月日本サッカー協会(JFA)から発表された以下の10クラブ。Jリーグ発足を念頭に新たに結成された清水を除けば、すべて日本サッカーリーグ (JSL) に参加していたクラブの改組により発足したクラブである。

レギュレーション[編集]

リーグは2ステージ制で行われ、10クラブが各ステージごとにホーム・アンド・アウェー2回戦各18試合×2ステージ=36試合(総試合数90試合×2ステージ=180試合)を戦う。ちなみにこれは1999年のJ22010年のJ2と共に年間試合数ではJリーグ最少である[注 1]

試合は、リーグ戦全試合を完全決着方式で開催し、前後半90分で決着が付かない場合、前後半15分ずつのVゴール方式による延長戦を行い、それでも決着が付かない場合はPK戦を行う。「90分勝利」「Vゴール勝利」「PK戦勝利」に優劣は与えず、純粋に勝利数のみで順位が決定する(このため、勝ち点の計算は行われていない)。各ステージの1位(ステージ優勝者)同士が2回戦制のJリーグチャンピオンシップを戦い、勝者が年間優勝、敗者が年間2位となる。なお、年間順位の3位以下は、チャンピオンシップに出場しなかったクラブの間で「年間勝利数→得失点差→総得点→当該チーム間の対戦成績(勝利数→得失点差→総得点)→順位決定戦」の順で定めた[1]。また、仮に各ステージの優勝者が同一だった場合、年間勝利数に基づく順位の2位と3位で「チャンピオンシップ出場決定戦」を行い、決定戦の勝者がチャンピオンシップに出場、敗者が3位となるレギュレーションが存在した[1](実際には適用されず)。

それぞれのステージならびにチャンピオンシップは冠スポンサー大会とされ、第1ステージを「サントリーシリーズ」、第2ステージを「日本信販NICOSシリーズ」とそれぞれ称して行った。又、チャンピオンシップについてもサントリーが冠スポンサーとなり「サントリー・チャンピオンシップ」の名称で開催された。

スケジュール[編集]

1992年までのJSLが秋春制だったこと、ならびに1994 FIFAワールドカップ・アジア予選のスケジュールとの兼ね合い[注 2]から、開幕戦は5月15日・16日に行われサントリーシリーズは7月14日に最終節、NICOSシリーズは7月24日に開幕し、第9節と第10節の間に2ヶ月の中断期間が設けられ、最終節は12月15日、さらにチャンピオンシップは天皇杯後の翌年1月に行われた。5月開幕、チャンピオンシップが翌年に行われたのはいずれもこの年のみである。

上記の理由から非常にタイトなスケジュールをこなすこととなり、7月下旬から9月の中断期間までの間を除き、ほぼ毎週2試合(水曜・土曜)のペースで試合が行われた。

リーグ概要[編集]

5月15日国立霞ヶ丘陸上競技場で行われたV川崎-横浜Mの試合が行われ、翌日には残り4試合が行われてJリーグが開幕した。

サントリーシリーズは、参加クラブの中で唯一JSL2部からの参入で下馬評の決して高くなかった鹿島アントラーズが、ジーコアルシンドのブラジル人FWを擁して開幕戦を圧勝して勢いに乗り、第12節でヴェルディ川崎を下すと完全に独走状態に入る。第16節(7月7日)の浦和レッズ戦に2-0と勝利して、2節を残してステージ優勝を飾った[2]

一方、NICOSシリーズはサントリーシリーズでは2位に甘んじたものの、当時日本代表を多数そろえ、10チームの中で唯一クラブの歴史を背景にした「高いプロ意識」をベースに戦ったヴェルディ川崎が一試合平均で得点2.39点・失点0.56点という驚異的な数値で圧倒、シリーズを制した[3]

なお、年間勝利数では、サントリーシリーズ4位・NICOSシリーズ2位の清水エスパルスがV川崎に次ぐ2番目だったが、上述のレギュレーションの関係で年間順位は3位となった。

順位表[編集]

サントリーシリーズ[編集]

開催期間:5月15日 - 7月14日


クラブ名
1 鹿島アントラーズ 13 5 41 18 +23
2 ヴェルディ川崎 12 6 29 21 +8
3 横浜マリノス 11 7 29 24 +5
4 清水エスパルス 10 8 28 25 +3
5 ジェフユナイテッド市原 9 9 26 23 +3
6 サンフレッチェ広島 9 9 23 24 -1
7 横浜フリューゲルス 8 10 24 21 +3
8 ガンバ大阪 8 10 27 31 -4
9 名古屋グランパスエイト 7 11 21 38 -17
10 浦和レッドダイヤモンズ 3 15 11 34 -23
 

NICOSシリーズ[編集]

開催期間:7月24日 - 12月15日


クラブ名
1 ヴェルディ川崎 16 2 43 10 +33
2 清水エスパルス 14 4 26 9 +17
3 横浜マリノス 10 8 31 24 +7
4 鹿島アントラーズ 10 8 31 25 +6
5 サンフレッチェ広島 9 9 31 25 +6
6 ガンバ大阪 8 10 24 34 -10
7 横浜フリューゲルス 8 10 20 30 -10
8 名古屋グランパスエイト 5 13 27 28 -1
9 ジェフユナイテッド市原 5 13 25 44 -19
10 浦和レッドダイヤモンズ 5 13 15 44 -29

年間総合順位[編集]

上位2チームの順位はJリーグチャンピオンシップの結果により確定する。

順位 クラブ名 得点 失点 備考
ヴェルディ川崎 28 8 72 31 +41 NICOSシリーズ優勝
鹿島アントラーズ 23 13 72 43 +29 サントリーシリーズ優勝
3 清水エスパルス 24 12 54 34 +20 ※年間勝利数2位
4 横浜マリノス 21 15 60 48 +12
5 サンフレッチェ広島 18 18 54 49 +5
6 横浜フリューゲルス 16 20 44 51 -7
7 ガンバ大阪 16 20 51 65 -14
8 ジェフユナイテッド市原 14 22 51 67 -16
9 名古屋グランパスエイト 12 24 48 66 -18
10 浦和レッドダイヤモンズ 8 28 26 78 -52

サントリーチャンピオンシップ[編集]

Jリーグチャンピオンシップについてはサントリーが冠スポンサーとなり、サントリー・チャンピオンシップの名称で開催された。

合計スコアが3-1となり、ヴェルディ川崎が年間王者に決定。

※この年のレギュレーションは各試合は「90分で同点ならVゴールの延長戦を行い、それでも同点なら引き分け」とし、「2試合の合計スコアが多いほうが勝利」となっていた。しかし第1戦で2点差がついたため第2戦は延長戦を行わず、90分終了時点で引き分けとなった。

表彰[編集]

受賞者
最優秀選手賞 日本の旗 三浦知良ヴェルディ川崎
得点王 アルゼンチンの旗 ラモン・ディアス横浜マリノス
新人王 日本の旗 澤登正朗清水エスパルス
優秀監督賞 日本の旗 松木安太郎(ヴェルディ川崎)
最優秀審判員賞 日本の旗 高田静夫
フェアプレー特別賞 サンフレッチェ広島

ベストイレブン[編集]

ポジション 選手名 所属クラブ
GK 日本の旗 松永成立 横浜マリノス
DF 日本の旗 大野俊三 鹿島アントラーズ
DF 日本の旗 柱谷哲二 ヴェルディ川崎
DF ブラジルの旗 ペレイラ ヴェルディ川崎
DF 日本の旗 井原正巳 横浜マリノス
DF 日本の旗 堀池巧 清水エスパルス
MF ブラジルの旗 サントス 鹿島アントラーズ
MF 日本の旗 本田泰人 鹿島アントラーズ
MF 日本の旗 ラモス瑠偉 ヴェルディ川崎
FW 日本の旗 三浦知良 ヴェルディ川崎
FW アルゼンチンの旗 ラモン・ディアス 横浜マリノス

得点ランキング[編集]

順位 選手 得点
1 アルゼンチンの旗 ラモン・ディアス(横浜M) 28
2 ブラジルの旗 アルシンド(鹿島) 22
3 日本の旗 三浦知良(V川崎) 20
4 日本の旗 武田修宏(V川崎) 17
5 チェコの旗 パベル・ジェハーク(市原) 16

記録[編集]

  • Jリーグ初ゴール
ヘニー・マイヤー(ヴェルディ川崎 1993年5月15日 - サントリーシリーズ第1節 vs横浜マリノス国立霞ヶ丘陸上競技場
ジーコ(鹿島アントラーズ 1993年5月16日 - サントリーシリーズ第1節 vs名古屋グランパスエイト茨城県立カシマサッカースタジアム
井原正巳(横浜マリノス 1993年5月29日 - サントリーシリーズ第5節 vsジェフユナイテッド市原三ツ沢公園球技場
パベル・ジェハーク(ジェフユナイテッド市原 1993年5月29日 - サントリーシリーズ第5節 vs横浜マリノス・三ツ沢公園球技場)

Jリーグ準会員[編集]

いずれも1992年秋季に準会員承認
このうち、第2回ジャパンフットボールリーグの成績により、1位の湘南(のちにベルマーレ平塚)と2位の磐田がJリーグ入会を認められた。

応援光景[編集]

  • この頃の試合の応援では、「チアホーン」と呼ばれる応援用の笛がよくスタジアムで鳴らされた。これは応援するチームがチャンスの場面を迎えた時に鳴らす長笛でスタジアム周辺でよく売られていたが、スタジアム近隣住民からの苦情、主審の笛が聞こえない等の理由で生産・販売中止、使用自体も規制されるという事態に至った。

関連項目[編集]

脚注[編集]

注記[編集]

  1. ^ J2は1年1シーズン制。1999年は10チームの4回総当り(全36節)、2010年は19チーム2回総当り(全38節だが、奇数チームであるため各節1チームずつ休みがある)。
  2. ^ 1次予選はダブルセントラル方式で1993年4月8日-18日と4月28日-5月7日に、最終予選がセントラル方式で10月15日-28日に行われた

出典[編集]

  1. ^ a b 日本プロサッカーリーグ 『J.LEAGUE YEARBOOK 2014』、2014年2月28日、685頁。
  2. ^ 今日は何の日・J元年、鹿島アントラーズが初代ステージ覇者に!”. Sportiva. 集英社 (2013年7月7日). 2015年1月2日閲覧。
  3. ^ 湯浅健二. “歴代チャンピオン分析”. 湯浅健二の「J」データ分析. 2015年1月2日閲覧。