日本軽金属サッカー部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本軽金属サッカー部(にっぽんけいきんぞくサッカーぶ)は、静岡県清水市(現:静岡市清水区)を本拠地に活動していた日本軽金属サッカー部。

概要[編集]

第2次世界大戦後の1948年に日本軽金属のサッカー同好会として創立された。1952年に日本代表松永信夫らが加わり本格的な強化が始まる。1954年の国民体育大会で4位、翌1955年に3位入賞を果たし、全日本実業団サッカー選手権大会では1964年まで続いた同大会に毎回出場し1953年に3位入賞を果たしている。

1966年に始まった東海社会人リーグに初年度から参加。1970年代初頭までに優勝2回(1968年、1969年)、準優勝3回(1966年、1970年、1971年)と好成績を残し、1972年に日本サッカーリーグが2部制になった際に昇格を果たした。昇格初年度は6位に入ったものの、翌1973年に会社の業績不振により廃部が決定した。

同年には「羽衣クラブ」としてJSLに残留したが、最下位となり、入替戦でも住友金属工業蹴球団(現:鹿島アントラーズ)に敗れ、東海社会人リーグへ降格した。

その後は、1974年に東海社会人リーグで準優勝を最後に完全に休部した。残った選手達は「日軽クラブ」を結成して清水市のリーグや静岡県リーグに参加をした。

ちなみに日軽化工清水工場サッカー部というクラブも存在し、桑原勝義(元本田技研監督)が所属していた。

主なタイトル[編集]

  • 東海社会人リーグ
    • 優勝: 2回(1968年、1969年)
    • 準優勝: 4回(1965年、1970年、1971年、1974年)
    • 3位: 1回(1967年)

成績[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失
1966 東海 2位 12 7 6 0 1 29 3 +26
1967 3位 9 7 4 1 2 17 9 +8
1968 優勝 12 7 6 0 1 21 6 +15
1969 優勝 14 7 7 0 0 42 2 +40
1970 2位 20 14 9 2 3 45 17 +28
1971 2位 20 14 8 4 2 33 17 +16
1972 JSL2部 6位 16 18 7 2 9 31 33 -2
1973 10位 9 18 3 3 12 25 48 -23
1974 東海 2位 18 13 7 4 2 33 15 +18

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

  • 松永信夫

参考文献[編集]

  • 『静岡サッカー70年の歩み』静岡県サッカー協会、1990年