1992年のJFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1992年のJFLでは、1992年に行われた第1回ジャパンフットボールリーグ(JFL)について解説する。初年度の参加クラブはJリーグに参加しなかった日本サッカーリーグ(JSL)1部・2部合計28チームの内の18クラブに全国地域リーグ決勝大会を勝ち抜いた大阪ガスと西濃運輸を合わせた20クラブが参加して行われた。

またJSL2部の読売ジュニオールは同1部の読売サッカークラブ(現東京ヴェルディ)に吸収されサテライトチームと位置付けられたため、また全国地域リーグ決勝大会2位の体大蹴鞠団(大阪体育大学の同好会。後の佐川急便大阪SC)は経済的な理由により参加を辞退した。

20クラブを2つのカテゴリに分類した10クラブずつの2部制で実施され、優勝は1部がヤマハ発動機サッカー部、2部が中央防犯サッカー部であった。

1部[編集]

JFL1部はJ1と呼ばれる。

大会概要[編集]

  • 10チームで2回戦のリーグ戦で行われた。

参加クラブ[編集]

年間順位[編集]

順位 クラブ 勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差
1位 ヤマハ 44 13 5 0 37 6 +31
2位 日立 40 12 4 2 37 19 +18
3位 フジタ 31 9 4 5 37 22 +15
4位 ヤンマー 24 7 3 8 23 19 +4
5位 東芝 23 6 5 7 30 29 +1
6位 富士通 20 5 5 8 19 27 -8
7位 東京ガス 20 5 5 8 22 34 -12
8位 大塚製薬 18 4 6 8 17 29 -12
9位 本田技研 16 4 4 10 19 36 -17
10位 NKK 11 2 5 11 12 32 -20
優勝
自動降格

得点ランキング[編集]

順位 選手名 クラブ 得点数
1 中山雅史 ヤマハ 13
ロペス 日立
3 野口幸司 フジタ 11
ビジャール 東芝
5 アンドレ ヤマハ 8
ワグネル フジタ
楊朝輝 富士通
カルバリオ 東京ガス

アシストランキング[編集]

順位 選手名 クラブ アシスト数
1 アンドレ ヤマハ 8
名良橋晃 フジタ
3 大熊裕司 日立 7
ピッタ フジタ
ビジャール 東芝

2部[編集]

JFL2部はJ2と呼ばれる。

大会概要[編集]

  • 10チームで2回戦のリーグ戦で行われた。

参加クラブ[編集]

年間順位[編集]

順位 クラブ 勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差
1位 中央防犯 38 12 2 4 46 21 +25
2位 京都紫光 37 11 4 3 39 17 +22
3位 川崎製鉄 35 11 2 5 32 17 +15
4位 コスモ石油 30 9 3 6 26 21 +5
5位 甲府クラブ 28 9 1 8 26 29 -3
6位 NTT関東 22 5 7 6 24 20 +4
7位 西濃運輸 19 4 7 7 20 29 -9
8位 東邦チタニウム 14 2 8 8 9 19 -10
9位 田辺製薬 14 3 5 10 17 32 -15
10位 大阪ガス 12 3 3 12 14 48 -34
1部昇格
自動降格

得点ランキング[編集]

順位 選手名 クラブ 得点数
1 ピッコリ 中央防犯 18
2 遠藤孝弘 中央防犯 16
3 ジバ 京都紫光 14

アシストランキング[編集]

順位 選手名 クラブ アシスト数
1 ホルヘ 中央防犯 13
ロペス 京都紫光
3 ジャイール正岡 京都紫光 7

関連項目[編集]