ステラタウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステラタウン
stellar town
店舗概要
所在地 331-0812
埼玉県さいたま市北区宮原町1-854-1
北緯35度55分59.2秒 東経139度37分22.8秒 / 北緯35.933111度 東経139.623000度 / 35.933111; 139.623000座標: 北緯35度55分59.2秒 東経139度37分22.8秒 / 北緯35.933111度 東経139.623000度 / 35.933111; 139.623000
開業日 2004年平成16年)4月28日[1][2]
施設所有者 スバル興産株式会社
富士重工業グループ)[5]
施設管理者 三井不動産商業マネジメント[5]
三井不動産[1]
敷地面積 50,003.91[5]
商業施設面積 53,700[5]
延床面積 141,621.01[5]
中核店舗 イトーヨーカドー大宮宮原店[2]
店舗数 108店[1]
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 2,338台[5]
前身 大宮競馬場[3]

中島飛行機大宮製作所[3]

富士産業大宮工場[4]

大宮工業[4]

大宮富士産業[4]

富士重工業大宮製作所[1][2]
商圏人口 半径20km圏、3,000,000
最寄駅 土呂駅[5]
加茂宮駅[5]
最寄IC 新都心西出入口
外部リンク 公式サイト
LaLaport

ステラタウン(stellar town)は、埼玉県さいたま市北区宮原町に所在する三井不動産商業マネジメント三井不動産が管理運営している大型ショッピングセンターである。

施設[編集]

富士重工業大宮製作所跡地に三井不動産グループが開設した屋内通路に面して店舗が並ぶエンクローズドモールと野外通路に面して店舗が並ぶオープンモールの両方がある複合型のショッピングセンターである[1]

開業時点では核店舗のイトーヨーカドー大宮宮原店[2]の他に、準核店舗としてザ・ダイソーマックスイエローハットルームズ大正堂などを配した多核型のリージョナルショッピングセンターになっていた[1]

専門店街のステラモールは三層で総延長は約200mとなっており、開業時点では専門店は物販91店舗に飲食店17店舗の合計108店舗で売場面積は約20,000m²という構成になっていた[1]

オープンモールの野外通路も屋内と同様に三層となっており、「ステラ通り」と名付けられている[1]

施設のシンボルとして、イーストゲートには建設前からあったメタセコイヤの大木を残し、ウエストゲートには時計台を兼ねた星型のオブジェ「メローぺの塔」を設置してあり、当施設の外観を特徴付けるものとなっている[1]

また、アット・イーズやオフノオン、リヴァンスといったインテリア雑貨店や、東洋雑貨のカラコ、沖縄雑貨の沖縄良品ショップなど雑貨関連で特色あるテナントを多めに出店させたことも当施設の特徴の一つとなっている[1]

なお、イトーヨーカドー大宮宮原店は、開業時点では店舗面積約18,100m²のうち直営は約13,500m²となっており、同店内にも約4,600m²の専門店が導入されている[2]

出店テナントの一覧・詳細は「イトーヨーカドー 専門店のご案内」および、ステラモール公式サイト「ショップ・フロアガイド」を参照。

当地の歴史[編集]

当地には1930年(昭和5年)に地方競馬規則を根拠として大宮競馬場が開設されたが、1939年(昭和14年)に公布された軍馬資源保護法に基いて閉鎖され、約10年でその歴史に終止符を打つことになった[3]

競馬場跡地には1943年(昭和18年)3月に中島飛行機(現:富士重工業)大宮製作所が新設された[3]

この中島飛行機大宮製作所は航空機エンジンを製造していたが[6]。、

第2次世界大戦後の1945年(昭和20年)8月には中島飛行機が平和産業=民需中心の製造業へ転身に伴って富士産業大宮工場として民生用のエンジンや軽車両の製造に転じた[4]

しかし、富士産業は企業再建整備法による分割に伴い、1950年(昭和25年)8月7日に大宮工業となった後に大宮富士産業として事業を継続した[4]

大宮富士工業は富士工業や富士自動車工業、宇都宮車輛、東京富士産業の4社と合併して1955年(昭和30年)4月に富士重工業に統合されたことに伴い[7]、富士重工業大宮製作所ととしてエンジン類や軽三輪車の生産拠点となった[8]

1995年(平成7年)10月に富士重工業大宮製作所は移転して跡地は大宮事業所に名称変更された[7]

1996年(平成8年)2月には富士重工業大宮製作所跡地の一部を大宮市土地開発公社と住宅都市整備公団へ売却し、1999年(平成11年)3月から中島飛行機大宮製作所時代からの大煙突の撤去を始めた[7]

ステラと富士重工業[編集]

富士重工業大宮製作所跡地に開設された[1][2]ことにちなみ、スバル)から転じて「ステラ」の名称がつけられている[5]

ちなみに2006年(平成18年)6月に発売された自動車スバル・ステラの綴りは「Stella」である[7]

2010年には、さいたま市と富士重工業の主催で電気自動車プラグイン ステラの展示および試乗会が行われた。

周辺の再開発[編集]

ステラタウンなどがある富士重工業大宮製作所跡地は約32haにも及び[5]、さいたま市では、市における副都心と位置づけ「北部拠点宮原地区」[5](ノーザンハートきたまち)と称した区画整理事業を行っている。

ステラタウンの西隣では、文化・芸術活動などの拠点ともなっている公共施設「プラザノース」が2008年(平成20年)5月1日に開館しており[9]、さいたま市北区役所やさいたま市立北図書館などが入居している[10]なお、北区役所の旧庁舎は、さいたま市の政令指定都市移行に合わせて急造したプレハブ建築であった[要出典]

アクセス[編集]

無料シャトルバス(東武バスウエスト時代)


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 六車秀之 『事例研究から見る商業とエンターテインメントシリーズ 第13回“ハイブリッドモールがエンターテインメントの”「ステラタウン」』 月刊レジャー産業資料 2004年9月号 (綜合ユニコム)
  2. ^ a b c d e f “イトーヨーカ堂、自社最大級の「イトーヨーカドー大宮宮原店」オープン”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2004年5月19日)
  3. ^ a b c d 大宮市史編さん委員会編 『大宮市史 第4巻 近代編』 大宮市、1982年。
  4. ^ a b c d e 『富士重工業 三十年史』 富士重工業、1984年。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m “埼玉県内最大級のショッピングセンター 4月下旬グランドオープン 施設名称を『ステラタウン』に決定”. 富士重工業三井不動産. (2004年2月20日)
  6. ^ 高橋泰隆 『中島飛行機の研究』 日本経済評論社、 1988年5月。ISBN 978-4818802339
  7. ^ a b c d 『富士重工業 会社概況 2013』 富士重工業、2013年。
  8. ^ 富士重工業編集委員会 『富士重工業技術人間史 スバルを生んだ技術者たち』 三樹書房、2005年10月。ISBN 978-4-89522-463-5
  9. ^ “文化・芸術に親しめる プラザノース 5月1日で5周年”. 東京新聞ショッパー (中日新聞社). (2013年5月16日)
  10. ^ 実績紹介 プラザノース”. 日本設計. 2014年8月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]