松戸競輪場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松戸競輪場
HI360001.jpg
基本情報
所在地 千葉県松戸市上本郷594
座標 北緯35度48分13.01秒 東経139度54分43.83秒 / 北緯35.8036139度 東経139.9121750度 / 35.8036139; 139.9121750座標: 北緯35度48分13.01秒 東経139度54分43.83秒 / 北緯35.8036139度 東経139.9121750度 / 35.8036139; 139.9121750
電話投票 31#
開設 1950年(昭和25年)4月19日
所有者 松戸公産株式会社
民間委託 松戸公産株式会社
施行者 松戸市
走路 333m
重勝式投票 チャリロト
公式サイト 松戸競輪
配信サイト Ustream松戸競輪MBスタジオ風 LIVE中継
実況
担当 藤崎俊明[1]
相良徹
鈴木丈之
所属 東京電設工業
ナイター競走
愛称 ファンタジーナイトレース
開催期間 4月-11月
記念競輪
名称 燦燦ダイヤモンドカップ争奪戦
開催月 8月(2014年は12月)
テンプレートを表示

松戸競輪場(まつどけいりんじょう)は、千葉県松戸市にある競輪場。主催は松戸市。競技実施はJKA競輪競技実施事業本部南関東地区本部。施設所有および業務包括委託は松戸公産株式会社。実況は東京電設工業で担当は藤崎俊明相良徹および鈴木丈之

概要[編集]

松戸競輪場は1950年に開設された。記念競輪 (GIII) は毎年8月中旬に『燦燦ダイヤモンドカップ争奪戦』の名称で開催されるのが通例となっている。なお2010年度は時期移動で2011年1月、2011年度は7月に開催され、2014年は12月に開催される。また現役時代は日本選手権競輪完全優勝をはじめフラワーラインの一角であった吉井秀仁を称え『吉井秀仁杯フラワーラインカップ』が開催されている。

特別競輪は直近の2010年を含めて過去4回日本選手権競輪を開催しており、2007年にはサマーナイトフェスティバル が開催され、2011年に最後のSSシリーズ風光るが開催された。今後は2014年8月8日・9日にサマーナイトフェスティバルが開催される予定。また2015年9月19日から23日までオールスター競輪が初めて開催されることが決まった。

2002年7月30日からはナイター競走『ファンタジーナイトレース』を実施している。なお、2004年7月からA級ツイントーナメントで前半は「マーサステージ」、後半は「タミンゴステージ」(ナイター競走時には前半が「トワイライトステージ」後半が「イブニングステージ」)の名称で行われていたが、2005年6月10日を持って終了した。

地理的に東京都心から約30分程度に位置し、乗換無しでアクセス出来る利便性の良さや、施設およびバンク等の設備は数ある競輪場の中でもトップクラスと評価が高い事から、川崎競輪場に次ぐ程の集客能力を誇る。

1980年から1989年まで、エホバの証人の地域大会(ただし1981年は、所沢市西武園競輪場)が開催された。2010年にはゆめ半島千葉国体の会場として使用されている。マスコットキャラクターは七福神弁財天をモチーフとした『マッピー』。

2009年4月13日の開催からは重勝式投票「チャリロト」の発売を行っており、2011年12月からは現地での会員登録により現金扱いが行なえるようになる。なお東日本大震災で被災した取手競輪場の開催分を、2011年8月と9月に当場で代替開催し、9月には記念競輪が開催されたが、この代替開催の重勝式は取手のKドリームスとしての扱いとなった。

バンク特徴[編集]

一周333mで、通称「サンサンバンク」という小振りなバンク。全国の中でも直線が有数の短さで、カントが333mで最も浅いこともあり、逃げ有利なレースになりやすい。捲りを決めるならば残り一周から駆け出し、2コーナーからバックまでに前団を飲み込むとすんなり決まる。1着の決まり手は逃げ及び捲りで60%、2着はマークで50%に達し、ラインが上位独占する事が多い。この為、筋違いは好配当が期待出来る。後手を踏むと最後、本命を背負った選手が何も出来ずに着外に沈む事もある。

競りはルール上からも、カントの浅さからもインが有利。激しい競りが繰り広げられ、落車や失格も他の競輪場に比べれば多い。

バンク上の選手に対する風の影響は、バンク全体が観客スタンドに囲まれてはいるものの、屋外の333mバンクで唯一全周外側がポリカーボネート(透明板)と建物で塞がれており、走路に入り込んだ風の逃げ道がないため、風向きによってはバンク内で風が渦巻くことがあり「常に向かい風が吹いている」と語る選手は多い。よって選手にとってスピードの出しにくい「重いバンク」と言え、風よけになる先頭誘導員などの役割は非常に大きい。

スタンド[編集]

ファンタジーナイトレース(第3回サマーナイトフェスティバルにて)

松戸競輪場にはメイン(第一)、第三、バック、第六の各スタンドがある。欠番の第二スタンドは現在のメインスタンド建設に伴い撤去され、メインに統合された。ゴール前にメインスタンドがあり、数字順に反時計回り=選手の走行方向にバンクを囲むようにスタンドがある。なお場内は一周できるが、360度全方向からのレース観戦は有料スタンドからでしか行えない位置もある。

なお、文章中の値段には入場料100円を含んでいる。

メインスタンド[編集]

4コーナー - ゴール - 1コーナーに設置。観客席だけでなく審判席や実況席も設けられている。

  • 1F,2F 一般席
  • 3F 特別観覧席756席、一席1000円(全席にモニター付き、無料のドリンクサービスあり)
  • 4F ロイヤルルーム60席、その内44席はすわって投票シート、一席3000円(予想紙一紙サービス、無料ドリンクサービスあり)

第三スタンド[編集]

1センターに設置。全席有料席で場外発売時でも利用出来る。但し、後述のサービスは提供されない。

  • 2F 特別観覧席400席、一席1000円(場外発売時500円)(全席モニター付き、無料ドリンクサービスあり)
  • 4F ロイヤルルーム40席、一席2000円(場外発売時1500円)(予想紙一紙サービス、無料ドリンクサービスあり)

バックスタンド[編集]

バックストレッチに設置、全席一般席。3Fは第三スタンドの特別観覧席が設置されるまで特別観覧席とされた(当時600円)。その名残として直接3Fへ繋がるエスカレーターが現存していたが、近年の入場者減少をうけて3Fそのものを閉鎖しエスカレーターは運休した(ただし2010年3月日本選手権競輪開催期間中は臨時に開放された)。

第六スタンド[編集]

2センターに設置、全席一般席。スタンド内上部に順位・払戻表示板および大型映像機(共に当場のトータリゼータシステムを担当する富士通フロンテック製)がある。当地開催の「第54回日本選手権競輪」より、場外発売への対応から設置された(平成13年2月15日稼働)。画面サイズは463インチ[2]

この他、メインスタンド裏には発払い自動券売機が設置された冷暖房完備の休憩所や、元競輪選手の山口国男のガイダンスコーナーも設けられている。

アクセス[編集]

CMソング[編集]

「走れ! 自転車」/子門真人

  • レコード化はされなかったが、曲が完成した当時、関係者向けに宣伝用ソノシートが配布された。
  • フジテレビ系「オレたちひょうきん族」の「ひょうきんベストテン」にリクエストを呼びかけたところ、1983年7月9日放送分で4位にランクインし“今週のスポットライト”として紹介。松戸競輪場で中野浩一わらべ(に扮した伊丹幸雄のぞみ役、渡辺めぐみかなえ役、太平シローたまえ役)と自転車競走をし、その間に同曲が競輪場関係者らによって歌われた(子門は出演していない)。
  • ラジオCMはニッポン放送文化放送TBSラジオでも流れており、bayfmではPOWER BAY MORNING内、毎週火・木曜日のbayfm AIR LINE UPDATESのスポンサーであり、午前8時14分頃(生放送のため数分の前後あり)にCMが流れる。提供読みのコピーは「燃える銀輪 松戸競輪」。CMでは終わりに「ま~つ~ど~けぃ~りぃ~ん」と子門の台詞が挿入されている。90年代の半ば、同じ歌で女性ヴォーカル(歌手名不明)によるCMに変更されたが、ファンからの要望もあって再び子門の歌が使われるようになった。

TVCM[編集]

関東地方の競輪場には珍しい独自のCMがあり、同市に住む斉藤洋介が出演した。

撮影場所はJR松戸駅西口のアーケード。自転車に乗り出前中のそば屋の主人に扮した斉藤が前をダラダラと自転車を漕ぐ若者に対し「道を空けなさい」と注意するシーンで、打鐘全力走行の選手の映像に変わり涙ぐむ斉藤がアップで映り「これが自転車だ!」と台詞を言う(その時画面には「松戸競輪明日から開催」等と字幕スーパーとアナウンスが流れる)。現在はあまり放送されていないが、チバテレビテレビ東京日本テレビで流れていた。

その他建物が大きく清潔であることから競輪のCMの撮影にも良く利用されており、入り口の壁にその撮影風景の写真が掲出されている。

他場との関係[編集]

同じ千葉県にある千葉競輪場と近隣の取手競輪場との間では入場者の奪い合いにならない様に開催日を調整しており、台風等で開催が順延する以外は松戸競輪場と2場が一緒に本場開催される事は無い(因に千葉と取手の開催が重なる事は多い)。

これを利用して従業員の共有を行っており、松戸競輪場に勤めると自動的に取手、千葉のどちらかでも働く事ができ、ビッグレース開催時には千葉競輪場から応援を呼べる為、開催側従業員側双方にメリットがある。

場外車券売場[編集]

歴代記念競輪優勝者[編集]

優勝者 登録地
2002年 東出剛 千葉
2003年 鈴木誠 千葉
2005年 武田豊樹 茨城
2006年 加倉正義 福岡
2007年 山田裕仁 岐阜
2008年 中村浩士 千葉
2011年1月 海老根恵太 千葉
2011年7月 鈴木裕 千葉
2012年 武田豊樹 茨城
2013年 浅井康太 三重
2014年
※1節4日間制開催となった、2002年4月以降の歴代記念競輪優勝者を列記。

松戸事件[編集]

1959年6月23日、第5レースの着順判定を巡って「八百長騒動」が発生したことにより、施設破壊などの事態を招いたばかりか、主催者側が騒いだ一部の客に対し、「車代」と称して1人あたり1000円を渡していたことが発覚した騒擾(暴動)事件である、『松戸事件』が発生した[3]

この事件後、下記の通り影響が出た。

  • 千葉県は三ヶ月業務停止
  • 千葉県自転車振興会は三ヶ月間松戸競輪での業務停止
  • 1960年(昭和35年)に競輪の自粛開催を通告
    • 一日の開催は午後のみ4時間
    • 土日祭日開催とし平日開催の縮減
    • 過度の観客誘致として宣伝マッチの廃止

脚注[編集]

  1. ^ 松戸競輪実況日記
  2. ^ NEWS - 松戸競輪場 旧サイト 20050323
  3. ^ 松戸行脚 松戸競輪(メッセンジャーと松戸競輪) - 2010年10月15日閲覧

外部リンク[編集]