テオ・ボス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テオ・ボス
Theo Bos
Cycling (road) pictogram.svg
Theo Bos
個人情報
本名 テオ・ボス
Theo Bos
愛称 テオ様
生年月日 1983年8月22日(30歳)
国籍 オランダの旗 オランダ
身長 190cm
体重 85kg
チーム情報
所属 ベルキン・プロサイクリング・チーム
分野 ロードレース&トラックレース
役割 選手
特徴 スプリンター
プロ所属チーム
2009
2010
2011-2012
2013-
ラボバンク・コンチネンタル
サーヴェロ・テストチーム
ラボバンク
ベルキン・プロサイクリング・チーム
主要レース勝利
Jersey rainbow.svg世界選手権・スプリント 2004・2006-2007
Jersey rainbow.svg世界選手権・ケイリン 2006
Jersey rainbow.svg世界選手権・1kmタイムトライアル 2005
 
獲得メダル
オリンピック
2004 アテネ スプリント
Arc en ciel.png
2004 メルボルン スプリント
2005 ロサンゼルス 1Kmタイムトライアル
2006 ボルドー スプリント
2006 ボルドー ケイリン
2007 パルマ・デ・マリョルカ スプリント
2007 パルマ・デ・マリョルカ ケイリン
2004 メルボルン 1Kmタイムトライアル
2008 マンチェスター チームスプリント
2011 アペルドールン マディソン
最終更新日
2011年4月7日

テオ・ボスTheo Bos1983年8月22日 - )は、オランダヘルダーラント州・ヒルデン出身の自転車競技ロードレース)選手である。

戦績[編集]

2004年まで[編集]

2001年

2004年

2005年[編集]

当初ボスは、この種目とスプリント、そして、チームスプリントの3種目において、2008年に開催される北京オリンピックでの金メダルを目標にするはずであった。しかしその後、オリンピックの自転車競技種目として、北京オリンピックからBMXを新たに追加する代わりに、1Kmタイムトライアルを除外することが国際オリンピック委員会総会で決まったことから、北京オリンピックを目指すためには1Kmタイムトライアルではなく、ケイリンに切り替える必要性に迫られた(ちなみにこの決定を聞いたボスは、「正気の沙汰か!」と激怒したという)。

2006年[編集]

  • ボルドーで開催されたトラックレース世界選手権
    • ケイリン決勝において、残りあと2周の時点でスパートをかけるや、他選手が全くついていけず、何とゴール手前10メートル付近において両手を広げて勝利のポーズを見せるという圧勝ぶり。
    • 2年ぶりに参加した同大会のスプリントでも、200Mフライングタイムトライアルはもちろんトップタイムであったばかりか、本選においても他選手に一度として先取されることがないという完璧な成績で優勝。同大会がプロ・アマオープンとなってから、史上4人目となるスプリント・ケイリン両種目制覇を成し遂げた。

また、同年12月に行われた、ワールドカップ第2戦のモスクワ大会において、200Mフライングタイムトライアルの世界記録更新に挑戦。従来記録はカート・ハーネットカナダ)が記録した9.865秒であったが、ボスはスプリント予選ではこの記録を更新できなかったことから、主催者に改めて世界記録更新のために挑戦させてほしいと懇願。すると、9.772秒をマーク。11年ぶりに同種目の世界記録が更新された。

2006年度のオランダ スポーツマンオブザイヤーも受賞。

2007年[編集]

ワールドカップ第4戦のスプリントで落車したことが影響し、本調子を欠いたまま世界選手権へと出場することになった。

2008年[編集]

  • 3月にマンチェスターで行われた世界自転車選手権で異変が。
    • チームスプリントでこそ銅メダルを獲得したものの、3連覇がかかった個人スプリントでは、準々決勝でクリス・ホイに2、3本目を取られて逆転負け。ケイリンでは予選4着、敗者復活2着に終わって準決勝進出すら逃してしまった。

その悪い流れが北京オリンピックにも影響を及ぼした。

同年11月、2009年シーズンは、ラボバンク・コンチネンタルチームに在籍することが発表された[1]。これにより、事実上、ロードレースへ転向することになった。

2009年[編集]

ツアー・オブ・ターキーにおける、ゴール直前における妨害行為のため、8月中旬から約1ヶ月間、国際自転車競技連合(UCI)から出場停止の処分を受ける。

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

国際競輪[編集]

日本の競輪において、外国人自転車競技選手を招致し実施される国際競輪には積極的に参加していた。

戦数 勝利 優勝回数 特記事項
03 16 3 0 19歳で初参加。
05 14 9 2
06 12 7 1
07 16 10 4 ワールドグランプリ優勝
通算成績 58 29 7

テオ様[編集]

ハリウッドスター顔負けのルックスも手伝い、韓流スターにあやかり、当時[いつ?]テレビ東京系で放送されていた「ミラクルC」に出演した際、テオ様というニックネームを授かる。ひいてはそこから「『競輪選手』にテオ様という、格好良くて滅茶苦茶強い選手がいる」という話が広まり、女性週刊誌にまで登場したこともあり、日本でも大変ファンが多い選手として有名である。

また自国のオランダ国内でも大人気で、過去にアムステルダムロッテルダム6日間レースに出場した際、観客から最も声援と喝采を浴びていたのはメインのペアレースに出場する選手たちではなく、「ゲスト参加」に過ぎないボスだった。

注記[編集]

  1. ^ http://www.wielerupdate.nl/nieuws/2008/11/24/theo-bos-volgend-jaar-bij-rabobank-continental_9496/

外部リンク[編集]

先代:
ユーリ・ファンヘルダー
オランダ スポーツマンオブザイヤー受賞者
2006年
次代:
スベン・クラマー