ミカエル・ヒュープナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
Arc en ciel.png
1986 コロラドスプリングス アマ・スプリント
1990 前橋 プロ・スプリント
1990 前橋 プロ・ケイリン
1991 シュトゥットガルト プロ・ケイリン
1992 バレンシア プロ・ケイリン
1992 バレンシア プロ・スプリント
1989 リヨン アマ・スプリント
1993 ハマール スプリント
1994 シチリア島 ケイリン
1995 ボコタ ケイリン
1987 ウイーン アマ・スプリント
1994 シチリア島 スプリント

ミカエル・ヒュープナー(Michael Hübner。1959年4月8日- )は旧東ドイツカール=マルクス=シュタット(現 ケムニッツ)生まれの元自転車競技トラックレース)選手。

1986年世界自転車選手権、アマチュア・スプリントにおいて同胞のルッツ・ヘスリッヒを破って優勝。一時ヘスリッヒのライバルと目されたことがあったが、若手の台頭が著しくなったこともあって、1989年を最後に東ドイツのナショナルメンバーから外されてしまった。

しかし、まだまだ現役で十分頑張れると考えていたヒュープナーは翌1990年にプロに転向。そして前橋で行われたこの年の世界自転車選手権において、プロ・スプリントでは予選から他を圧倒する強さを見せて優勝。その後行われたプロ・ケイリンではまず予選で中野浩一を撃破。決勝ではステファン・ペイト(オーストラリア)の1着失格があったとはいえここでも優勝し二冠を達成した。

その後はプロ・ケイリンで3連覇を達成。またスプリント・ケイリンの二冠達成を二度果たすなど、プロ入りしてからの活躍ぶりは目覚しいものがあった。

特に上半身をフルに使ったパワフルな走法は短距離種目に革命をもたらしたといってもよく、一時、ヒュープナーを模倣したような走り方をした短距離選手が多く現れ、またそうした選手たちが世界選手権やオリンピックで活躍するケースが見られた頃もあった。そして、こうした走り方に対応できなくなった日本の競輪選手たちは90年代に入って急速に世界選手権において成績が振るわなくなっていった。

国際競輪にも参加したことがあり、通算で37戦13勝。優勝3回の成績を残している。

外部リンク[編集]