アペルドールン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アペルドールン
Gemeente Apeldoorn
HetLoo3.JPG
ヘット・ロー宮殿
VlagApeldoorn.png Wapenapeldoorn.JPG
基礎自治体旗 基礎自治体章
位置
の位置図
座標 : 北緯52度12分57秒 東経5度57分50秒 / 北緯52.215824度 東経5.963768度 / 52.215824; 5.963768
行政
オランダの旗 オランダ
 (Provincie) ヘルダーラント州の旗 ヘルダーラント州
 基礎自治体 アペルドールン
地理
面積  
  基礎自治体域 341.13km2
    陸上   339.92km2
    水面   1.21km2
人口
人口 (2008年現在)
  基礎自治体域 155,205人
    人口密度   457人/km2
その他
等時帯 CETUTC+1
夏時間 CESTUTC+2
公式ウェブサイト : http://www.apeldoorn.nl/

アペルドールン (オランダ語:Apeldoorn アポドォン)は、オランダヘルダーラント州にある基礎自治体ヘメーンテ)。16世紀より製紙産業が盛んで、オランダ王室の基となったオラニエ=ナッサウ家の夏の離宮であるヘット・ロー宮殿があることでも有名である。

歴史[編集]

現存する歴史資料でこの街の名が始めて登場するのは792年のことで、当時はAppoldroという名前の町であった。アメルスフォールトデーフェンターを結ぶ道と、アーネムズヴォレを結ぶ道が交差するところに出来た集落が基だといわれている。1740年に作られた地図ではAppeldoornとも表記されていた。16世紀に製紙産業がこの地に立地して以降、町は徐々に発展していった。

後のオランダ王室の基となったオラニエ=ナッサウ家が300年間に渡って夏の離宮として利用したヘット・ロー宮殿の建設がこの町の近郊で始まったのが1684年のことである。当時はヘルダーラントの公爵の狩猟小屋として建設が始まったが、後にオランダ総督ウィレム3世(後のイングランド王ウィリアム3世)の所有となった。1868年にはアイセル川を分流する形のアペルドールン運河が開通した。

19世紀および第二次世界大戦後に都市開発が行われるまではそれほど大きな街では無かったが、現在ではオランダ東部で多くの就労人口を擁する代表的な街となっている。

地区[編集]

アペルドールン基礎自治体には次の地区がある

観光[編集]

交通[編集]

道路

高速道路A1,A50が自治体を通過している。

鉄道

オランダ鉄道 アペルドールン駅からの主な列車は、ユトレヒト経由ロッテルダム中央駅行きインターシティが1時間に1本、アムステルダム中央駅行きインターシティが1時間に1本、アムステルダム南駅経由スキポール駅行きが1時間に1本運行されている。また国際列車として、ベルリンなどドイツ方面へのインターシティが1日に7本運行されている。なお、アムステルダム中央駅までの所要時間は、1時間5分である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯52度12分57秒 東経5度57分50秒 / 北緯52.215824度 東経5.963768度 / 52.215824; 5.963768