マキシミリアン・レヴィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マキシミリアン・レヴィ
Maximilian Levy
Cycling (road) pictogram.svg
Max Levy.jpg
個人情報
本名 Maximilian Levy
マキシミリアン・レヴィ
生年月日 1987年6月26日(27歳)
国籍 ドイツの旗 ドイツ
チーム情報
分野 トラックレース
役割 選手
特徴 短距離
主要レース勝利

Jersey rainbow.svg 世界選手権

ケイリン 2009
チームスプリント 2010-2011、2013
 
獲得メダル
ドイツの旗 ドイツ
トラックレース
夏季オリンピック
2012 ロンドン ケイリン
2008 北京 TSP
2012 ロンドン TSP
世界選手権自転車競技大会
2009 プルシュクヴ ケイリン
2010 コペンハーゲン TSP
2011 アペルドールン TSP
2013 ミンスク TSP
2012 メルボルン ケイリン
2013 ミンスク ケイリン
2007 パルマ・デ・マリョルカ TSP
2010 コペンハーゲン ケイリン
最終更新日
2013年3月4日

マキシミリアン・レヴィ(Maximilian Levy、1987年6月26日 - )ドイツベルリン出身の自転車競技トラックレース)選手。マキシミリアン・レフィという表記もよく見られる。

経歴[編集]

2004年

2005年

  • ジュニア世界選手権自転車競技大会で、1kmタイムトライアル、チームスプリント、スプリントの三冠を達成した。

2007年

2008年

2009年

2010年

  • 世界選手権
    • Arc en ciel.png フェルステマン、ニムケとともに挑んだチームスプリントにおいて、決勝で対戦したフランスの5連覇を阻止する優勝に貢献。
    • ケイリンでは3位だった。

2011年

  • 世界選手権
    • Arc en ciel.png チームスプリントでは、シュテファン・ニムケ、レネ・エンダースとともに出場し、当初は2位だったが、フランス自転車競技連盟(FFC)が2011年11月8日、グレゴリー・ボジェに対し、18ヶ月間の期間中、2回、競技外ドーピングを行わなかったとして2012年1月6日、2010年12月23日〜2011年12月22日まで1年間の出場停止処分とする内示を提示していたが、これを受け国際自転車競技連合(UCI)は、2011年トラックレース世界選手権におけるスプリント及びチームスプリント、さらに同年のフランス選手権のスプリントにおける優勝記録を抹消することを公表した[1]ため、繰り上がって優勝となった。
  • UCIトラックワールドカップ2011-2012
    • アスタナ - チームスプリント 優勝
    • カリ - チームスプリント & ケイリン 優勝

2012年

2013年

2014年

脚注[編集]

  1. ^ Baugé and France lose World track titles - cyclingnews.com 1月6日付記事(英語)

外部リンク[編集]