レネ・ウォルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レネ・ウォルフ
獲得メダル
Olympic flag.svg
2004 アテネ チームスプリント
2004 アテネ スプリント
Arc en ciel.png
2005 ロサンゼルス スプリント
2003 シュトゥットガルト チームスプリント
2005 ロサンゼルス チームスプリント
2003 シュトゥットガルト スプリント
2002 コペンハーゲン ケイリン
ジュニア世界自転車選手権
1996 スプリント
1995 スプリント

レネ・ウォルフ(René Wolff。1978年4月4日- )はドイツエアフルト出身の元自転車競技トラックレース)選手。ドイツ語に即せばレネ・ヴォルフとなる。

経歴[編集]

イエンス・フィードラーの後継短距離選手として国際大会で大活躍。2004年アテネオリンピックではこの大会を最後に事実上引退することが決まっていたフィードラー、ステファン・ニムケとともにチームスプリントの第2走として、決勝で日本長塚智広伏見俊昭井上昌己)と接戦を演じながらも勝ち、優勝に貢献。この他、世界自転車選手権のスプリントでも2005年に優勝を果たしている他、右記に示す通り、ジュニア時代から国際大会の舞台において華々しい活躍を続けてきた。

しかし2006年の世界選手権・スプリント200mフライングタイムトライアル予選において、参加選手中最下位という信じられない成績に終わり、その後国際大会の舞台から姿を消すことになった。

2007年5月、ウォルフは現役引退を表明。指導法等を巡ってコーチと対立し、将来の展望が見えなくなったからだという。

国際競輪にも参加実績があり、通算で30戦7勝という成績を収めている。

外部リンク[編集]