吉幾三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
吉幾三
基本情報
出生名 鎌田善人
別名 山岡英二
出生 1952年11月11日(61歳)
出身地 日本の旗 日本青森県北津軽郡金木町(現・五所川原市
血液型 B型
ジャンル 演歌
ヒップホップ
職業 演歌歌手
作詞家
作曲家
ラッパー
活動期間 1973年 -
レーベル 徳間ジャパン
事務所 吉プロモーション
公式サイト 吉幾三オフィシャルサイト

吉 幾三(よし いくぞう、1952年11月11日 - )は歌手作詞家作曲家ラッパー俳優タレントである。青森県北津軽郡金木町(現・五所川原市)出身。青森県在住。本名は鎌田 善人(かまた よしひと)。血液型はB型。

略歴[編集]

父は民謡歌手の鎌田稲一。9人兄弟の末っ子で、身長178cm、体重70kg。靴サイズ25.5cm。既婚。子供3人。次女は女優の寿三美(ことぶき みみ)。

1952年昭和27年)11月11日に青森県で生まれる。

1973年昭和48年)3月1日ヤンマーディーゼルコマーシャルソング「恋人は君ひとり」を発売し、歌手デビュー。当時は山岡 英二という芸名を名乗り、アイドル歌手として売り出したが成功しなかった。

1977年昭和52年)11月25日吉 幾三と改名[1]し、覆面歌手[2]としてフォークソング路線に移った。自作の再デビュー曲「俺はぜったい!プレスリー」がヒットし、これが機となって映画化される。

その後は低迷期を経て、コミックソング演歌へと楽曲の方向性を移行した。1984年昭和59年)3月25日千昌夫へ提供した「津軽平野」が発売。同年11月25日には千のプロデュースで発売された「俺ら東京さ行ぐだ」が大ヒット。1986年昭和61年)2月25日、自ら作詞作曲した「雪國」が初のオリコン1位を獲得。以後、発表楽曲をコミックソング歌手から本格的な演歌歌手へ路線変更し、現在に至っている。

演歌系では数少ないシンガーソングライターであり、大半を自ら作詞・作曲しており、特に青森県津軽地方出身のため「津軽」を題材とした曲が多い。一方、1970年代からの付き人飯塚まもるの影響もあって、1960年代ないし1970年代フォークソングはギター片手に自然体で歌えると語る通り、自らの音楽のルーツの一つとして日本のフォークソングを位置づけており、2012年にフォークのカバーアルバムの企画が持ち込まれるとすぐに快諾したという[3][4]

ハワイ州ホノルル市にある大型高級ホテルシェラトン・ワイキキ」内の日本料理レストラン「吉屋」のプロデュースを行っているほか、かつて郷里の金木町タレントショップいくぞうハウス[5]を経営していたこともある。

人物[編集]

  • 酒豪であり、フジテレビ志村けんのバカ殿様』出演時にはアルコール度数が高い酒を持参して志村と共に飲むのが恒例であったと言われている。他方、1992年には札幌テレビ日高晤郎のスーパーサンデー』に泥酔状態で出演、生放送中にカメラの前で露出した陰部が放送されるなど、酒絡みのトラブルも起こしている。
  • 相当な下ネタ好きであり、自作曲「と・も・子…」で「とも子のはいてたパンティ、いっつもほおずりしてるの。たまにかぶって歩いたりしてるの」と語ったり、関西テレビたけしのここだけの話』では「今日は(山口)美江さんに逢えると思って、昨日からオナニーしまくりました」などと発言しているほか、『志村けんのバカ殿様』では怪しい祈祷師役で放送禁止用語を連発したり、志村扮するバカ殿の依頼で即興で猥歌を披露したこともあった。また、東京12チャンネル独占!おとなの時間』で、当時話題となっていたノーパン喫茶を紹介するコーナーのレポーターとして出演したこともある。
  • 暴力による教育を肯定していて、自分の子供だけでなく近所の子供もよく殴っていた[6]
  • 恩人で盟友と言える千昌夫に影響されバブル経済期に莫大な投資を行い、「バブル崩壊で大損害を被った…」と自虐ネタ[7]を披露することも多い。
  • 2007年10月19日、自身が総監督を務める社会人硬式野球チーム「吉球団『ブルーズヨシフォレスト』」の設立を青森市内で発表した。[8]
  • 2007年11月26日に開催されたデビュー35周年記念パーティーの席上、その3年前からC型肝炎を患っていたが、既に完治したことを公にしている。
  • 2008年、「俺ら東京さ行ぐだ」などの楽曲が動画投稿サイトで様々な曲とミックスされたものが投稿され、これらがきっかけで、ニコニコ動画などではIKZOブームが巻き起こった[9]。本人はこのブームを好意的に受け止めており、これらの制作者と吉幾三本人の協力でレコーディングされた完全新曲を収録したマキシシングルが発売されるまでに至った(詳細は「俺ら東京さ行ぐだ#IKZOブーム」を参照)。
  • 2011年5月、神戸市内で開かれた食事会に指定暴力団山口組の関係者が吉と同席していたことが報道されている[10]
  • 2013年2月、不整脈の手術のため入院。手術は無事成功し、3月3日に復帰[11]

作品[編集]

シングル[編集]

  1. 恋人は君ひとり c/w 愛の航跡 (1973年3月1日、クラウンレコード CW-1311) 山岡英二名義
  2. 君は無敵の三冠王 c/w 人生ホームラン (1974年1月、同 CW-1385)
  3. 俺はぜったい!プレスリー[12] c/w 青春荘 (1977年11月25日、同 CW-1705) 吉幾三に改名
  4. 俺はぜったいスーパー・スター c/w 坂道は長く (1978年6月、ビクター音楽産業 SV-6430)
  5. と・も・子 c/w もうだめね二人 (1978年10月、同 SV-6476)
  6. あそばれた男 c/w ナチュラルに (1979年4月、同 SV-6564)
  7. 縁し唄 c/w 酒の宿 (1980年2月、同 SV-6680)
  8. ママ c/w 三十才 (1981年11月、キングレコード K07S-230)
  9. ふるさとワルツ c/w 酒・夜・時々・・・雨 (1982年8月、同 K07S-312)
  10. 俺ら東京さ行ぐだ c/w 故郷 (1984年11月25日、徳間ジャパン CTS-2003)
  11. 羅臼(ラウス) c/w 津軽平野 (1985年7月7日、同 CTS-2005)
  12. ゲゲゲの鬼太郎 c/w おばけがイクゾ~ (1985年10月25日、同 7-JAS-47[13]
  13. おじさんサンバ c/w お父さんのタンゴ (1985年11月25日、同 7CTS-4002)
  14. 雪國 c/w 薄化粧 (1986年2月25日、同 7CTS-4003)
  15. ふるさとワルツ c/w ママ (1987年3月21日、キングレコード K07S-10169)
  16. 海峡 c/w 東日流 (1987年5月5日、徳間ジャパン 7CTS-4005)
  17. 民謡はふるさと c/w みちのくブルース (1987年6月25日、同 7CTS-4006)
  18. 酒よ c/w 帰郷 (1988年9月1日、同 7CTS-4007)
  19. c/w 津軽恋唄 (1989年6月25日、同 7CTS-4008)
  20. 酔歌 c/w 津軽路 (1990年6月25日、同 TKDL-30086)
  21. 女のかぞえ唄 c/w ふるさとはこの町 (1991年9月25日、同 TKDL-30393)
  22. 夜更けのメロディー c/w  (1992年6月1日、同 TKDL-30641)
  23. 酔待酒 c/w じょんがら恋唄 (1993年1月25日、同 TKDA-30759)
  24. ドダバ富士[14] (1993年8月8日、同 TKDA-70148)
  25. 門出[15] c/w むすめ巡礼 (1993年9月25日、同 TKDA-70151)
  26. 男の船唄 c/w どんなに遠くても (1994年4月5日、同 TKDA-70345)
  27. 娘に… c/w 縁し唄 (1994年10月5日、同 TKDA-70499)
  28. 情炎 c/w 小泊港 (1995年8月25日、同 TKDA-70716)
  29. 津軽平野 c/w あんた (1996年3月16日、同 TKDA-70851)
  30. エレジー~哀酒歌~ c/w 信州・白樺・木曽峠 (1996年5月22日、同 TKDA-70889)
  31. 岩木川 c/w 前略ふるさと様 (1997年3月1日、同 TKDA-71103)
  32. 哀のブルース c/w OKINAWA~いつまでもこのままで (1997年9月3日、同 TKDA-71224)
  33. 旅の途中で… c/w HEY HEY HEY (1998年5月27日、同 TKDA-71392)
  34. 冬鴎 c/w 奄美で待って… (1998年9月2日、同 TKDA-71444)
  35. 冬の酒 c/w 通天閣 (1999年5月26日、同 TKDA-71607)
  36. さくら咲く頃に c/w 北海 (2000年1月26日、同 TKDA-71875)
  37. 漢(ハンガン)江 c/w かあさんへ (2000年6月21日、同 TKDA-71973)
  38. 出張物語[16] c/w サマザマね…ネ (2000年9月1日、同 TKDA-71972)
  39. 立佞武多 c/w 民謡はふるさと (2001年4月25日、同 TKDA-72112)
  40. 夢で抱かれて c/w 晩秋 (2001年4月25日、同 TKDA-72111)
  41. 出逢いの唄 c/w 門出 (2001年8月22日、同 TKDA-72192)
  42. 約束~君に逢いたくて c/w 花かんざし (2002年5月22日、同 TKDA-72374)
  43. 北限海峡 c/w 望郷 (2002年5月22日、同 TKDA-72373)
  44. 風の子守唄 c/w いつかまた逢えるから… (2002年5月22日、同 TKDA-72352)
  45. Dream[17] c/w 旅先から… (2002年8月7日、同 TKCA-72435)
  46. 男ってやつは… c/w 風に吹かれて…[18] (2004年1月21日、同 TKDA-72542)
  47. TOFU<豆腐>[19] c/w 母の高山子守唄 (2004年4月21日、同 TKCA-90024)
  48. 運河 c/w 君の残したもの (2004年5月26日、同 TKCA-90026)
  49. 酒場のしんちゃん c/w 坂道 (2004年5月26日、同 TKCA-90027)
  50. 父子じゃないか c/w 旅人たち ~シルクロード編~ (2005年12月21日、同 TKCA-90083)
  51. ありがとうを言いたくて c/w 覚えているかい (2007年3月1日、同 TKCA-90190)
  52. かあさんへ c/w と・も・子… (2007年9月5日、同 TKCA-90224)
  53. やがて世界が歌いだす c/w 羽根を下さい (2007年11月7日、同 TKCA-90233)
  54. NDA![んだ!] c/w 尽くさんかい (2008年10月1日、同 TKCA-73354)
  55. 吉幾三/IKZO/IKZO CHANNEL 441.93 (2008年11月19日、同 TKCA-73386) 
  56. 敬愛~夕陽の向こうに~ c/w NEBUTA of JAPAN (2009年2月25日、同 TKCA-90317)
  57. 秋風 c/w 白神が故郷 (2010年5月12日、同 TKCA-90379)
  58. 男酔い c/w 上海恋夜曲 (2011年5月25日、同 TKCA-90440)
  59. その昔 c/w 忘れない… (2012年5月23日、同 TKCA-90486)

オリジナルアルバム[編集]

  1. 帰ろうか…/吉幾三 (1978年、ビクター音楽産業 SJX-20103)
  2. 吉幾三/俺らの唄を聴け (1985年3月25日、徳間ジャパン 28CTL-3001,32CAT-5)
  3. 吉幾三/元気かい… (1986年5月25日、同 28CTL-3013,32CAT-104)
  4. 前略ふるさと様/吉幾三III (1987年7月25日、同 28CTL-3025,32CAT-115)
  5. 吉幾三/男ごころの流行歌 (1989年7月25日、同 32KCD-166)
  6. (再)吉幾三/俺らの唄を聴け (2000年4月26日、同 TKCA-71913)
  7. 吉幾三/いろはにほへどはやりうた(一)男ごころにおんな唄 (2004年2月25日、同 TKCA-72652)
  8. 吉幾三のおもちゃ箱~TVアニメ・CM&コミック集~ (2004年6月23日、同 TKCA-72694)
  9. 吉幾三/津軽海道 (2005年4月1日、同 TKCA-72847)
  10. 吉幾三専科 (2006年6月7日、同 TKCA-73032)
  11. 吉幾三/恋歌 (2006年12月20日、同 TKCA-73149)
  12. 吉幾三/魂~出逢いの中で~ (2008年11月5日、同 TKCA-73376)
  13. 吉幾三/幾三スタジオ (2011年9月7日、同 TKCA-73680)
  14. 吉幾三/芸能生活40周年記念アルバム1「なァ酒よ、ふるさとよ」 (2012年3月7日、同 TKCA-73742)
  15. 吉幾三/芸能生活40周年記念アルバム2「母へ、家族へ」 (2012年3月7日、同 TKCA-73743)
  16. 吉幾三/芸能生活40周年記念アルバム3「人生(たび)の続き」 (2012年3月7日、同 TKCA-73744)
  17. 吉幾三/あの頃の青春を詩う (2012年5月23日、同 TKCA-73770)

ライブアルバム[編集]

  1. 吉幾三LIVE'85どおだまいったかあ (1985年9月25日、徳間ジャパン 17CTL-3006/7,32CAT-102)
  2. 吉幾三/爆笑!世界初のスナックおしのびライヴ (1988年7月25日、同 32CAT-129)
  3. 吉幾三/今夜も行くぞ!~20周年記念スーパー・ライヴ (1992年4月25日、同 TKCL-30575)
  4. (再)吉幾三ライブ'85~どおだまいったかあ (2000年4月26日、同 TKCA-71914)
  5. 吉幾三/40周年突入記念ライブ“平成おしのびライブ” (2012年9月5日、同 TKCA-73814)

ベストアルバム[編集]

  • ビクターエンタテインメント発売分
  1. 決定版 吉幾三作品集 (1989年11月21日、VDRY-25003)
  2. (再)BEST ONE 吉幾三作品集 (1990年11月25日、VICL-5020)
  3. (再)決定版 吉幾三作品集 (1991年11月25日、VICL-8039)
  4. (再)吉幾三作品集 決定版 (1993年10月27日、VICL-8078)
  5. (再)吉幾三作品集 (1995年10月25日、VICL-5295)
  • 徳間ジャパン発売分
  1. 吉幾三/魅力のすべて (1986年9月25日、27CAT-109/10)
  2. 吉幾三全曲集 (1986年10月25日、32CAT-114)
  3. 吉幾三全曲集 (1987年10月25日、32CAT-116)
  4. 吉幾三全曲集~酒よ (1988年10月25日、32CAT-132)
  5. 吉幾三全曲集~港 (1989年11月25日、35CAT-134)
  6. 吉幾三全曲集~酔歌 (1990年8月25日、TKCL-30129)
  7. 吉幾三全曲集 (1991年11月25日、TKCL-30450)
  8. 吉幾三全曲集~夜更けのメロディー (1992年8月25日、TKCL-30668)
  9. 吉幾三ベスト・アルバム (1992年11月25日、TKCL-30711)
  10. 吉幾三ベストコレクション~海猫 (1993年5月25日、TKCA-70062)
  11. 吉幾三大全集 (1993年8月25日、TKCA-70142/3)
  12. 吉幾三全曲集~どんなに遠くても (1993年10月25日、TKCA-70167)
  13. 吉幾三/ザ・コレクション~男の船唄 (1994年7月25日、TKCA-70445)
  14. 吉幾三全曲集~娘に… (1994年11月25日、TKCA-70529)
  15. 吉幾三/リクエスト193 (1995年4月25日、TKCA-70616)
  16. 吉幾三/オリジナル撰集 (1995年8月25日、TKCA-70717)
  17. 吉幾三特撰集~最新オリジナルヒットアルバム (1995年10月25日、TKCA-70746)
  18. 吉幾三ベスト エレジー~哀愁歌 (1996年7月8日、TKCA-70973)
  19. 吉幾三全曲集 (1996年11月21日、TKCA-71036)
  20. 吉幾三全曲集~岩木川 (1997年6月4日、TKCA-71165)
  21. 吉幾三全曲集 (1997年10月22日、TKCA-71248)
  22. 吉幾三全曲集 (1998年1月21日、TKCA-71310/1)
  23. 吉幾三/旅の途中で…〈ベストコレクション〉 (1998年7月23日、TKCA-71415)
  24. 吉幾三全曲集~冬鴎 (1998年10月21日、TKCA-71473)
  25. 吉幾三ベストコレクション'99 (1999年6月23日、TKCA-71624)
  26. 吉幾三全曲集 (1999年10月20日、TKCA-71714/5)
  27. 吉幾三ベスト~さくら咲く頃に (2000年4月5日、TKCA-71898)
  28. 吉幾三大全集 (2000年6月21日、TKCA-71953/8)
  29. 吉幾三全曲集 (2000年10月25日、TKCA-72020)
  30. 吉幾三コレクション (2001年6月27日、TKCA-72144)
  31. 吉幾三/2001全曲集~夢で抱かれて~ (2001年9月27日、TKCA-72210)
  32. 吉幾三/30周年記念特別企画~酒よ…我が人生 (2002年6月26日、TKCA-72363/5)
  33. 吉幾三全曲集 2002~2003 (2002年9月26日、TKCA-72424)
  34. 吉幾三ベスト・コレクション'03~男ってやつは…~ (2003年5月21日、TKCA-72549)
  35. 吉幾三全曲集~男ってやつは… (2003年10月22日、TKCA-72595)
  36. 吉幾三全曲集 (2004年10月27日、TKCA-72767)
  37. 吉幾三全曲集 (2005年11月2日、TKCA-72913)
  38. 吉幾三/聴きたい!歌いたい!ベスト8&8 (2005年12月22日、TKCA-8)
  39. 吉幾三全曲集~父子じゃないか…~ (2006年11月8日、TKCA-73125)
  40. 吉幾三/35周年記念 すべての人にありがとうを~詩の旅へ (2007年6月20日、TKCA-73191/2)
  41. 吉幾三全曲集~ありがとうを言いたくて~ (2007年12月5日、TKCA-73282)
  42. 吉幾三全曲集~NDA!(んだ!)~ (2008年12月3日、TKCA-73368)
  43. 吉幾三全曲集~敬愛~ (2009年12月2日、TKCA-73477)
  44. 吉幾三全曲集~秋風~ (2010年11月3日、TKCA-73592)
  45. 吉幾三/ゴールデン☆ベスト (2011年5月11日、TKCA-73659)
  46. 吉幾三全曲集~男酔い~ (2011年10月26日、TKCA-73687)
  47. 吉幾三全曲集~その昔~  (2012年9月26日、TKCA-73809)
  48. 芸能生活40周年企画 吉幾三 シングルパーフェクトコレクション (2013年3月6日、TKCA-73877/80)

その他の楽曲[編集]

楽曲提供作品[編集]

出演[編集]

NHK紅白歌合戦[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1986年(昭和61年)/第37回 雪國 04/20 斉藤由貴
1987年(昭和62年)/第38回 2 海峡 07/20 松原のぶえ
1988年(昭和63年)/第39回 3 酒よ 09/21 和田アキ子
1989年(平成元年)/第40回 4 24/27 八代亜紀
1990年(平成 2年)/第41回 5 酔歌 21/29 川中美幸
1991年(平成 3年)/第42回 6 女のかぞえ唄 08/28 大月みやこ
1992年(平成 4年)/第43回 7 雪國(2回目) 17/28 伍代夏子
1993年(平成 5年)/第44回 8 酒よ(2回目) 16/26 大月みやこ(2)
1994年(平成 6年)/第45回 9 娘に… 12/25 大月みやこ(3)
1995年(平成 7年)/第46回 10 情炎 14/25 大月みやこ(4)
1996年(平成 8年)/第47回 11 エレジー〜哀酒歌〜 06/25 中村美律子
1997年(平成 9年)/第48回 12 津軽平野 19/25 藤あや子
1998年(平成10年)/第49回 13 冬鷗 08/25 香西かおり
1999年(平成11年)/第50回 14 冬の酒 05/27 原田悠里
2000年(平成12年)/第51回 15 津軽平野(2回目) 13/28 坂本冬美
2001年(平成13年)/第52回 16 出逢いの唄 10/27 モーニング娘。

テレビドラマ[編集]

その他テレビ番組[編集]

  • あなたのサタデー (青森放送) - 青森県ローカル。交通安全キャンペーンで自作のテーマ曲をバックにレギュラー出演。
  • 北スペシャルNHK札幌放送局) - 「いくぞ〜!北の出会い旅」に出演。
  • Generation H(NHK札幌放送局) - 「セッションやろうぜ!」に出演。

映画[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 改名自体が話題となり、『クイズダービー』の三択問題にもなった。
  2. ^ 大人の歌ネット:インタビュー「吉 幾三」 - 歌ネット、2012年6月1日放送のぴったんこカンカンより
  3. ^ サンデー毎日 2012年7月1日号 p.119
  4. ^ 【吉幾三】貧しさから抜け出すため東京へ!胸に染み入る民謡
  5. ^ 2008年5月31日で閉店
  6. ^ 森谷威夫のお世話になります!!」(KBS京都、2014年1月14日放送分の本人の発言)
  7. ^ バブル期、青森県に吉が建て、命名した自宅「白亜の豪邸(別名:ホワイトハウス)」を、生活苦を理由に売りに出したという話など。
  8. ^ 活動2年目の2009年には全日本クラブ野球選手権大会にも出場したが、2011年は東日本大震災の影響で活動休止となり、そのまま廃部。
  9. ^ 「うたの旅人――元祖ラップ若者が支持」『朝日新聞』2008年11月29日付 Be on Sunday Entertainment、e1-e2面
  10. ^ 吉幾三さん、山口組幹部と食事会「覚えてない」 読売新聞 2011年12月10日
  11. ^ 吉幾三、不整脈の疑いで手術…30分で無事終了 3・3仕事復帰 スポーツニッポン 2013年2月25日
  12. ^ デモテープ作成のつもりで録音したテイクがOKとなりレコード化されたと言われている。本曲にインスパイアされる形で映画「俺は田舎のプレスリー」(1978年、松竹)が製作され、吉本人も主人公の友人役で出演している。
  13. ^ アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第3シリーズ主題歌エンディングテーマ。本作のみ、千昌夫が立ち上げた「キャッツタウン」レーベルではなく、当時ポップス部門的な「ジャパンレコーズ」レーベルからの発売。
  14. ^ 「幾三ちゃんとHITOMIちゃん」名義、CX系ミュージック・キャンペーン・ソング。
  15. ^ 森若里子とのデュエット。星野哲郎作詞生活40年記念曲。
  16. ^ 川中美幸とのデュエット。
  17. ^ 新日本ハウスCM曲。
  18. ^ ワークマンCM曲。
  19. ^ NHK#: みんなのうたより。
  20. ^ 1997年発売のシングル盤B面収録曲「OKINAWA~いつまでもこのままで」は別題だが同一曲である。

外部リンク[編集]