DA.YO.NE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DA.YO.NE
EAST END×YURIシングル
収録アルバム denim-ed soul
B面 素直に
素直に (version for boys)
リリース 1994年8月21日
規格 8cmシングル
ジャンル ヒップホップ
レーベル Epic/Sony Records
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間7位(オリコン
  • 1995年度年間33位(オリコン)
  • 22位(CDTV
EAST END×YURI シングル 年表
DA.YO.NE
1994年
MAICCA〜まいっか
1995年
テンプレートを表示

DA.YO.NE」(ダ・ヨ・ネ)は、EAST END×YURIの1枚目のシングル。1994年8月21日発売。

概要[編集]

デビューアルバム『denim-ed soul』からのシングルカット。アルバムはインディーズ・レーベルからのリリースであるため、本作がメジャーデビュー作である。表題曲「DA.YO.NE」は、ジョージ・ベンソンの「Turn Your Love Around」を無断でサンプリングしたものだったが、当時来日していた作曲者のビル・チャンプリンが偶然これを耳にしてレコード会社に異議を申し立て、後日、使用料の支払いをチャンプリンにすることで和解が成立した。

発売当初はさほど注目されなかったが、北海道ではFM NORTH WAVEが「DA.YO.NE」をヘヴィー・ローテーションの対象としたことで早くから話題になり[1]、当時『ベストテンほっかいどう』(HBCラジオ)などの北海道のローカルチャート番組ではMEN'S 5の「"ヘーコキ"ましたね」と激しいトップ争いを演じた。

この動きが後に他の地方へも波及したことから、翌1995年に入ると全国的にCDの売り上げが急上昇し、最終的にはオリコンの週間チャートで最高7位にまで上昇。日本のヒップホップCDで初となるミリオンセラーを記録したほか、EAST END×YURI自身もこの曲で同年の『第46回NHK紅白歌合戦』への出場を果たした。ちなみに、紅白バージョンは2番の歌詞が原曲とは全く異なり、最後はYURIGAKUに「受信料払ったほうがいいよ」と語る内容になっている。

収録曲[編集]

  1. DA.YO.NE (4:39)
    (作詞:GAKUMummy-D 作曲:YOGGY
  2. 素直に (5:57)
    (作詞:GAKU 作曲:ROCK-Tee
  3. 素直に (version for boys) (5:57)
    (作詞:GAKU 作曲:ROCK-Tee)

参加アーティスト[編集]

DA.YO.NE
素直に

「DA.YO.NE」のローカル版[編集]

「DA.YO.NE」のヒットを受け、日本国内主要都市の方言バージョンがオリジナルの発売翌年の1995年に多数リリースされた。このうち、大阪弁バージョンのみが1995年2月22日に発売され、それ以外の5バージョンは約2か月遅れの同年4月21日に同時発売された。この企画の参加メンバーは、基本的にその地方の方言のネイティブスピーカーが採用されていた。また、各地方の主要都市にはソニー・ミュージックエンタテインメントの営業所があり、その営業所の社員などがコーラスに参加していた。 以下、レコード番号順に記載する。

SO.YA.NA[編集]

SO.YA.NA
WEST END×YUKI (from O.P.D) の シングル
収録アルバム SO.YA.NA グレーテストヒッツ
SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE
リリース 1995年2月22日
規格 8cmシングル
ジャンル ヒップホップ
レーベル Cha-DANCE/
Epic/Sony Records
チャート最高順位
  • 6位(オリコン)
  • 11位(CDTV)
  • 1995年度年間59位(オリコン)
WEST END×YUKI (from O.P.D) シングル 年表
SO.YA.NA
(1995年)
フォークがSO.YA.NA
(1995年)
テンプレートを表示
ジャケット全体のデザインやレイアウトは「DA.YO.NE」のものと同じで、写真もオリジナルのジャケット写真のGAKU、YURIたちの顔部分に今田、東野、武内の顔写真を貼り付けただけのものである。
この曲はオリコン年間シングルチャート59位と「DA.YO.NE」に次ぐ売り上げを記録し、オリコンウィークリーチャートにおいては最高位で6位と「DA.YO.NE」の7位を上回った。それを受けてかは不明であるが、「DA.YO.NE」のローカル版の中で唯一PVが作られている。また、アルバム『SO.YA.NA グレーテストヒッツ』もリリースされている(曲目はすべて「SO.YA.NA」のバージョン違い)。同年11月22日にはアルバムからのリカットシングル「フォークがSO.YA.NA」もリリースされた。


DA.BE.SA[編集]

DA.BE.SA
NORTH END×AYUMI (from SAPPORO) の シングル
収録アルバム SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE
リリース 1995年4月21日
規格 8cmシングル
ジャンル ヒップホップ
レーベル Epic/Sony Records
チャート最高順位
  • 43位(オリコン)
  • 41位(CDTV)
テンプレートを表示


DA.CHA.NE[編集]

DA.CHA.NE
NORTH EAST×MAI (from SENDAI) の シングル
収録アルバム SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE
リリース 1995年4月21日
規格 8cmシングル
ジャンル ヒップホップ
レーベル Epic/Sony Records
チャート最高順位
  • 46位(オリコン)
  • 46位(CDTV)
テンプレートを表示
岩手県で企画されたものであるが、2人とも宮城県出身であることから仙台弁が採用されている。また、ほかに青森県出身の男性が参加していたことから津軽弁も織り込まれている。作詞は青森朝日放送のアナウンサー・対馬孝之ほかが担当。


DA.GA.NE[編集]

DA.GA.NE
CHUBU END×SATOMI (from NAGOYA) の シングル
収録アルバム SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE
リリース 1995年4月21日
規格 8cmシングル
ジャンル ヒップホップ
レーベル Epic/Sony Records
チャート最高順位
  • 38位(オリコン)
  • 38位(CDTV)
テンプレートを表示
この3人は、当時東海3県で人気を誇っていたローカルテレビ番組『ミックスパイください』の出演者同士という間柄である。


HO.JA.NE[編集]

HO.JA.NE
OYSTER END×YŪKA (from HIROSHIMA) の シングル
収録アルバム SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE
リリース 1995年4月21日
規格 8cmシングル
ジャンル ヒップホップ
レーベル Epic/Sony Records
チャート最高順位
  • 47位(オリコン)
  • 49位(CDTV)
テンプレートを表示
作詞は『びしびしばしばしらんらんラジオ』パーソナリティの一文字弥太郎が担当。


SO.TA.I[編集]

SO.TA.I
SOUTH END×YUKA (from FUKUOKA) の シングル
収録アルバム SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE
リリース 1995年4月21日
規格 8cmシングル
ジャンル ヒップホップ
レーベル Epic/Sony Records
チャート最高順位
  • 41位(オリコン)
  • 45位(CDTV)
テンプレートを表示


その他[編集]

上記の6作品のほかに、アルバム『SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE』収録曲として中国語北京官話)バージョンとインドネシア語バージョンも作られている。

  • NA.HAO.BA (Mandarin version) - FAX
  • IYA-YEAH (Indonesian version) - SUZY x THE IND' BOYS

また、その他の日本国内の方言バージョンも番組企画などを通じて作られた。これらは『SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE』には収録されていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ EAST END STORY(インターネット・アーカイブ保存データ)
  2. ^ ブログ情報 - 中村道生(中村本人のブログのプロフィールページ)